配色:                          文字サイズ: 

Nintendo Switch ZRボタン修理

数日前、Nintendo Switchの右Joy‑con スティックの調子が悪く、
分解した際に、誤ってZRボタンのフレックスケーブルを切断してしまいました。
流石にこれは半田付けでは直せなません。

こんな時は、そうAmazonです。
ばっちりありました。

早速ポッチって、気長に待つこと2週間、無事に届きました。

さっそく付け替え作業開始です。

    

分解も3回目 手慣れたものです。

ここが、折れてしまったフレックスケーブルの接続部です。
ピンセットで丁寧に繋げれば良かったのですが、指で差し込んだのが間違いでした。
皆さん ピンセットを使いましょう。(というか、分解は止めましょう。)

ZRボタンを外すと、フレックスケーブル部が見えてきます。

そう、ここで気が付きます。

これって向きが反対じゃ。リスクを承知で買っているので、
これくらいではへこたれません。

これを何とか付けていきます。

ネジと固定用の穴の位置が違い、そのままつけると浮いてしまいます。

なので、削って取っちゃいます。

ピッタリ入りました。
ねじ穴の位置が合わないので、は両面テープでくっつけてます。

スイッチの位置も問題ありません。
上から押しこむようになるので、ずれる心配はなさそうです。

次はケーブルを基盤に差し込みます。

ここでまた問題が。

えーい、エポキシで固めちゃえ。

30分後、、、
綺麗に固まり、固定完了です。

ここで、閉じる前に動作チェックです。
HOMEメニューの「設定」→「コントローラーとセンサー」→「入力デバイスの動作チェック」→ [ボタンの動作チェック]を選択

ZRボタンを押してみます。問題なく認識できているようです。

フレックスケーブルは、正規のものより長さがあるため、反対側から回しました。

ケースを閉じて完了です。

最後に、右Joy‑con のボタンチェックです。

全ボタン問題なく認識されました。

久しぶりに、ゼルダで弓打ってみようかな。

以上