配色:                          文字サイズ: 

【ナーブ】 不動産流通業界初※! 「VR内見TM」のナーブが新たなVRシステムを開発 

ナーブ

不動産流通業界初※! 「VR内見TM」のナーブが新たなVRシステムを開発 

室内の移動はもとより、「歩く」「立つ」「座る」を実現

……………………………………………………………………………………………

11月下旬、野村不動産アーバンネットの一部店舗で試験的にサービスを開始予定

ビジネスVR最大手のナーブ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:多田英起)は、「歩く」「立つ」「座る」といった動作を、あたかも物件内の空間に身を置いているかのような感覚で体験できる新しいVRシステムを開発、【VR内見プレミアムα版】として11月下旬を目途に、野村不動産アーバンネット株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:前田研一)の一部店舗で試験的にサービスの提供を開始する予定です。なお、同システムは、不動産流通業界において初の試みとなります。
野村不動産アーバンネットは、ICT(Information and Communication Technology)を活用したお客様向けサービスを積極的に提供しており、VR動画についても他社に先んじた導入実績があります。今回、両社の協業により、最新のVR技術を用いたお客様向けの新サービスを展開することで、不動産流通業界におけるICT活用の可能性をさらに広げ、新たな顧客サービスの提供を目指してまいります。
従来、VRによる内見システムは、定点視聴もしくはVR動画を活用し擬似的に歩行を再現するものでしたが、本機能の導入により対象物件の実写画像を介して、リビングからキッチンへの動線や距離を確認したり、しゃがんでキッチンカウンターの高さを確認したりできるなど、一つの視点ではなく様々な目線(高さ)からのVR内見を実現しました。

※ナーブ(株)開発の「VR内見プレミアムα版」を中古物件の実写画像に活用したVRソリューションは、不動産流通業界では初めての取り組みとなります。