配色:                          文字サイズ: 

【凸版印刷株式会社】 国文学研究資料館と凸版印刷、日本文化の多様性や魅力をデジタルコンテンツで再創造し発信する共創プロジェクトを開始

凸版印刷株式会社

国文学研究資料館と凸版印刷、日本文化の多様性や魅力をデジタルコンテンツで再創造し発信する共創プロジェクトを開始

国文学研究資料館が所蔵する資料を高精度デジタル撮影によりアーカイブ化、VRやARなどデジタルコンテンツを用いて広く情報発信するプロジェクトの推進に合意

……………………………………………………………………………………………

 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国文学研究資料館(所在地:東京都立川市、館長:ロバート キャンベル、以下 国文学研究資料館)と凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、国文学研究資料館が所蔵する日本文化に関する幅広い分野の資料をデジタル化し、そのデジタルデータを活用して日本文化の多様性と魅力を広く一般に発信するプロジェクトの推進に合意。2018年10月15日より本格的に活動を開始し、本プロジェクトの第一弾として、同日から国文学研究資料館にて開催中の特別展示「祈りと救いの中世」にて、共同開発したデジタルコンテンツを展示するほか、同コンテンツは2018年11月3日(土・祝)に国文学研究資料館が主催する「平成30年度『古典の日』講演会」でも活用します。