配色:                          文字サイズ: 

【厚生労働省】 モデル・女優の武田玲奈が厚生労働省のWEB CMに出演! 華麗なジャンプで“一歩”踏み出す勇気を表現

厚生労働省

モデル・女優の武田玲奈が厚生労働省のWEB CMに出演! 華麗なジャンプで“一歩”踏み出す勇気を表現

若者就労支援の「サポステ」新CM「一歩」篇 2018年10月30日(火)公開

……………………………………………………………………………………………

厚生労働省では若年無業者等の支援を行っている地域若者サポートステーション(通称:「サポステ」)の広報活動の一環として、武田玲奈さんが出演するWEB CM「一歩」篇を、2018年10月30日(火)より、厚生労働省公式YouTubeチャンネルにて公開いたします。
「サポステ」新WEB CM「一歩」篇:https://youtu.be/c0ao8CF-4tE

◆WEB CM概要

地域若者サポートステーション(通称:サポステ)は、働くことに対して不安や悩みを抱える若者たちにじっくりと向き合い、「職場定着するまで」を全面的にバックアップする、厚生労働省委託の支援機関です。本人にとって何が一番の解決策になるのかをさまざまな専門スタッフが検討し、コミュニケーション講座や就労体験などの経験を通じて、ご家族の方々だけでは解決が難しい「働きだす力」「働く力」を引き出すサポートをしています。
2018年10月30日(火)より公開する「サポステ」の新WEB CM「一歩」篇は、「現状を誰かに打ち明ける=“相談”なんてできない」という気持ちを持った若者に向けたメッセージムービーです。主演には、現在モデルや女優として幅広く活躍し、10〜20代の若者から大きな支持を集めている武田玲奈さんを起用。誰かに相談するための「一歩」を踏み出してもらうきっかけを作りたいと考え、今回のWEB CMを制作しました。動画では、未来に向けて一歩踏み出す勇気の大切さを描いています。

◆WEB CMのみどころ

今回のWEB CMでは、働くことへの悩みや不安を誰かに相談するための「一歩」を、武田さんが片足を大きく前に出した「ジャンプ」で表現。未来に向けて大きく踏み出すことの大切さを視覚的に表しました。美しい姿勢で前に踏み出す、武田さんの華麗なジャンプ姿にぜひご注目ください。
また、動画の中では、武田さんが大きなジャンプで「一歩」を踏み出した瞬間に、「モノクロ」だった世界が「カラー」の空間にパッと変わっていく演出も。不安や悩みで周りが暗く見えていても、思い切って一歩を踏み出すことにより、世界が色づき新しい景色を見ることができるというメッセージを表現しました。さらに「相談するか、しないか。それを相談しませんか?」という武田さんのセリフにも、もっと気軽に「一歩」を踏み出すための相談をしてほしいという「サポステ」の想いを込めています。

◆ストーリーボード

モノクロの世界で、物憂げな表情の武田さん。
自信のない言葉を呟きます。

「自分に自信がない」「自分になんか出来ない」

「最初の一歩はとにかく重い」「わかってるつもり」

しかし、何かを決意したような表情で大きく一歩を踏み出します。
スローモーションでジャンプをする武田さんの下には、一本の青い線が。

「相談するか、しないか」「それを決めるのも大変だ」

「でも」「それでも」

空中で青い線を越えると、そこはモノクロではなくカラーの世界。
空間がパッと明るくなるとともに、武田さんもイキイキとした表情に。

「君の働くきっかけになりたい」「君が変われるキッカケになりたい」

「相談するか、しないか」

華麗なジャンプから着地。
「一歩」を踏み出したことでモノクロの世界から抜け出した武田さんは、語りかけるように最後のセリフを言います。

「それを相談しませんか?」

「まずは一歩」

◆撮影エピソード

今回の動画の肝であるジャンプシーンは、誰かに相談するための“一歩”を表現するために、何度も撮影を繰り返しました。「綺麗な姿勢を保ちつつ、高いところからジャンプする」という難易度の高い撮影でしたが、武田さんの頑張りのおかげで、華麗なジャンプを収めることに成功。カメラが回っていない間も懸命に練習をしていた武田さんの努力が形になったことで、完成度の高い動画ができあがりました。

◆WEB CM情報

名称:「一歩」篇
公開日:2018年10月30日(火)
映像尺:30秒
URL:https://youtu.be/c0ao8CF-4tE

◆「地域若者サポートステーション」について

地域若者サポートステーション(通称:「サポステ」)は、働くことに悩みを抱えている15歳〜39歳までの若者に対し、キャリアコンサルタントなどによる専門的な相談、コミュニケーション訓練などによるステップアップ、協力企業への就労体験などにより、就労に向けた支援を行っている施設です。サポステは、厚生労働省が委託した若者支援の実績やノウハウがあるNPO法人、一般社団法人などが実施しており、全国に175箇所(平成30年度)設置されています。

<支援内容例>
・「コミュニケーション講座」…専門スタッフと共に、自分を見つめ直し、アピールポイントである「自分の強み」を発見します。会話に対する苦手意識も克服します。
・「ジョブトレ(就業体験)」…スタッフと相談をしながら、あなたの希望や状況に合わせていろいろな仕事を体験することができます。
・「ビジネスマナー講座」…身だしなみやお辞儀の仕方、言葉遣い、電話応対など社会人としての基礎的なマナーを学びます。
・「就活セミナー(面接・履歴書指導等)」…求人の見方や履歴書の書き方、面接の受け答えの指導など、一人では不安な就職活動をきめ細かく支えます。
・「集中訓練プログラム」…合宿形式を含む生活面等のサポートと職場実習、資格取得支援等を実施し、自信の回復、就職に必要な基礎能力の獲得を目指します。
・「パソコン講座」…「Word」「Excel」など、働くうえで必要となる基礎的なパソコンスキルを学びます。
・「WORK FIT」…株式会社リクルートの協力を得て実施している就労支援プログラムです。自分の可能性の発見から求人への応募、面接まで一貫して支援しています。
・「アウトリーチ支援」…高校等の中退者の希望に応じた、高校や自宅等へ訪問するアウトリーチ型の相談等のきめ細かい支援を実施しています。

<特設サイト「玲奈のはじめる相談室」公開中!>

現在サポステでは、武田玲奈さんが登場する特設サイト「玲奈のはじめる相談室」を公開中。今回のWEB CMはもちろん、サポステが実施している具体的な就労支援の内容や、武田玲奈さんからの特別応援メッセージがご覧いただけます。
特設サイト「玲奈のはじめる相談室」URL:http://saposute-net.mhlw.go.jp/yell/

◆武田玲奈 プロフィール

生年月日:1997年7月27日       
血液型:B型
趣味:アニメ・映画鑑賞            
特技:ルービックキューブ
出身地:福島県

〜History〜
2013年12月 【Ameba Candy Collection 第2のくみっきー!発掘オーディション】グランプリを獲得!Popteenレギュラーモデルとして芸能活動をスタートする。
2014年 第96回全国高等学校野球選手権福島大会のKFB高校野球ガールに選ばれる。
2015年3月 映画「暗殺教室」で女優デビューを果たす。また、「週刊ヤングジャンプ」13号で史上最大級の逸材として、初登場にして初表紙に異例の抜擢。
2016年 集英社「non-no」専属モデル
2018年放送 ドラマ「人狼ゲーム ロストエデン」、「マジで航海してます。〜Second Season〜」主演。2018年10月18日(木)から放送がスタートするドラマ「プリティが多すぎる(日本テレビ)」中川心寧役として出演や、2019年1月18日(金)からスタートするドラマ「トクサツガガガ(NHK)」レギュラーキャストとしての出演が控えている。