配色:                          文字サイズ: 

【大東建託株式会社】 企業CM「家族はつながる。つながってゆく。」シリーズ第2話『引越』篇を11月1日より放送開始

大東建託株式会社

企業CM「家族はつながる。つながってゆく。」シリーズ第2話『引越』篇を11月1日より放送開始

……………………………………………………………………………………………

大東建託株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:熊切直美)は、11月1日(木)より、「生きることは、託すこと。」をブランドメッセージとする企業CMのシリーズ第2話『引越』篇の放送を開始します。

■家族の何気ない日常を丁寧に切り取ったショートムービー
本シリーズは、ある家族の日常をショートムービー形式で表現した3部作。父親役の松重豊さんと息子役の池松壮亮さんが実家の縁側で語り合う「縁側篇」から始まりました。結婚を決意したことを父親に照れながら報告する息子と、うれしい気持ちを心に秘めながら、ちょっとぎこちなく応じる父親を、お互いの心の機微を感じながら表現したプロローグ。今回始まる第2話は、時の経過とともに、結婚した息子がその妻(妻役は佐久間由衣さん)と新しい住まいに移り住む『引越篇』です。「引越」の中の何気ないやり取りに、これから始まる新しい生活への期待と喜びを2人が演じます。

■若い夫婦の姿を通じ、家族の繋がりを描きます
妻役の佐久間さんは、「(家族の一員になる)仲良くなりたいって気持ちがすごい強い役だと思ったので、積極的にっていうのは思いました。」と演技に対するイメージを語っています。その思いの通り、引越作業中に漫画を読んでしまう夫をたしなめたり、作業をする夫を優しく見守るしぐさが印象的。新しく家族の一員となるという思いで存在感のある妻役を演じています。
CMでは、家族が助け合い生きていく、その絆やつながりの尊さを「引越」というシーンを通じて描いています。
当社は、人々の暮らしにそっと寄り添う会社でありたいという当社の思いを『生きることは、託すこと。』のブランドメッセージに込めて伝えていきます。


タグ:
キーワード: