配色:                          文字サイズ: 

メディアサイト『働き方改革ラボ』にて、『月刊総務』編集長・豊田健一氏の連載コンテンツをスタート! 中小企業の働き方改革について、総務のプロが語ります。

働き方改革ラボ

メディアサイト『働き方改革ラボ』にて、『月刊総務』編集長・豊田健一氏の連載コンテンツをスタート! 中小企業の働き方改革について、総務のプロが語ります。

総務のプロが語る中小企業の働き方改革

……………………………………………………………………………………………

働き方改革をテーマにしたメディアサイト『 働き方改革ラボ https://workstyle.ricoh.co.jp/ 』は、2018年10月30日より、『月刊総務』編集長・豊田健一氏のコラム「総務のプロが語る中小企業の働き方改革」を連載開始いたしました。

■働き方改革ラボとは

メディアサイト『働き方改革ラボ』は、2017年11月のオープン以来、「働き方に『!』を」をメディアコンセプトに、テレワークや会議改善などの働き方改革に関連したテーマを広く扱っております。

▽ 働き方改革ラボ
https://workstyle.ricoh.co.jp/

■『月刊総務』編集長・豊田健一氏によるコラムが連載開始

『月刊総務』編集長・豊田健一氏による特別コラムシリーズ「総務のプロが語る中小企業の働き方改革」を、全3回にわたり連載いたします。

本コラムでは、中小企業における働き方改革の実施、主にテレワーク導入や長時間労働対策といった内容について総務のプロの目線で解説していきます。
その第1弾「働き方改革は第二章。生産性向上の考え方」を、2018年10月30日(火)に公開いたしました。なお、今後配信を予定している内容は以下の通りです。※配信内容は予告なく変更する場合がございます。

働き方改革は第二章。生産性向上の考え方
テレワーク。そもそもの意味合いと、導入のポイント
長時間労働対策。法令解説と具体的な取り組み

▽ 第1弾「働き方改革は第二章。生産性向上の考え方」を公開!
https://workstyle.ricoh.co.jp/archive/somu-trends/01.html

——————————-
コラム著者プロフィール
——————————-

豊田健一(とよだ けんいち)

現職
株式会社月刊総務 取締役
『月刊総務』 編集長

経歴
早稲田大学政治経済学部卒業。株式会社リクルート、株式会社魚力で総務課長などを経験後、ウィズワークス株式会社入社。現在、日本で唯一の管理部門向け専門誌『月刊総務』の取締役、事業部長兼編集長。一般社団法人ファシリティ・オフィスサービス・コンソーシアムの理事や、総務育成大学校の主席講師、All Aboutの「総務人事、社内コミュニケーション・ガイド」も務める。

▽『月刊総務』 編集長Twitter
https://twitter.com/soumu_toyoda

▽月刊総務オンライン
https://www.g-soumu.com/

——————————-
本リリースに関するお問い合わせ
——————————-

働き方改革ラボのお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

▽ お問い合わせはこちらより
https://workstyle.ricoh.co.jp/