配色:                          文字サイズ: 

業界初!橋梁や高速道路の砂目地を抑制! 「3M(TM) コンクリート型枠ジョイント止水テープ 2237CR」を発売

スリーエム ジャパン株式会社

業界初!橋梁や高速道路の砂目地を抑制! 「3M(TM) コンクリート型枠ジョイント止水テープ 2237CR」を発売

〜コンクリートの品質を向上し、人件費も削減〜

……………………………………………………………………………………………

 スリーエム ジャパン株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:スティーブン・ヴァンダー・ロウ)は11月1日、「3M(TM) コンクリート型枠ジョイント止水テープ 2237CR」を発売します。コンクリートの養生前に型枠の接続部に貼るだけで、砂目地の発生を抑え、除去作業が不要になります。業界で初めて3ミリ以上の隙間に対応し、大きな隙間ができやすい橋梁や高速道路などのコンクリート打設へも用途を拡大しました。


高分子吸収体が水分を吸収し 約400倍に膨張
 コンクリート打設時には、複数の型枠をつなげて生コンクリートを充填します。この際、型枠の接続部から生コンクリートが漏れた状態で固まり、砂目地が生じることがあり、除去するための補修作業が現場の負担になっていました。
「3M(TM) コンクリート型枠ジョイント止水テープ」の基材には、おむつなどに使われる「高分子吸収体」を使用しています。生コンクリートの充填前に型枠の接続部分に貼るだけで、高分子吸収体が水分を吸収して約400倍に膨らみます。これが型枠間の隙間を埋めることでコンクリートの漏れを防ぐことができます。
 2014年から販売している従来品は、易施工性と美観向上の効果の高さから、施工者から高く評価される一方、3ミリ以下の隙間にしか使用できませんでした。
 新発売する「3M(TM) コンクリート型枠ジョイント止水テープ 2237CR」は業界で初めて、3ミリ~5ミリの隙間にも対応する厚手タイプです。3ミリ以上の隙間が発生しやすい、橋梁や高速道路などの現場でも「砂目地」の発生を抑制できます。

 工事の規模にもよりますが、工期が5日の場合、砂目地の除去作業には約1日が必要になり、人手不足が深刻な建設現場では大きな負担となっています。「3M(TM) コンクリート型枠ジョイント止水テープ 2237CR」を使用することで、砂目地の除去作業が不要になるため、工期が短縮されて人件費を削減できます。
本製品はNETISにも登録されています。(NETIS 登録番号TH-140011-VE)


高速道路のカーブ部で生じやすい3ミリ以上の隙間にも対応


橋脚などでコンクリートの打ち継ぎ時に生じる、コンクリートと型枠間の大きな隙間にも対応

■製品仕様 「3M(TM) コンクリート型枠ジョイント止水テープ」

■担当者の声

テープ・接着剤製品事業部 マーケティング部の杉岡崇規は以下のように述べています。
「従来品は、貼るだけで砂目地を抑止できるという施工の手軽さから、お客様から高評価を頂いております。しかし、橋梁や高速道路などの施工では、どうしても3ミリ以上の隙間ができてしまうことから、お客様から強い要望を受けて開発したのが本製品です。建設業界では、劣化インフラの改修需要の増加などにより、人手不足が深刻化しており、工期短縮が重要課題となっています。東京オリンピックに向けて、建設業での人手不足がさらに深刻化することが予想される中、本製品が少しでも工期短縮と品質向上に寄与できると嬉しいです」

<本製品に関するお問い合わせ先>
カスタマーコールセンター TEL: 0570-011-511

3Mは3M社の商標です

【3Mについて】
3M(本社:米国ミネソタ州)は、Science(サイエンス)を活かし毎日の暮らしをより豊かにすることを目指しています。売上高は300億ドルで、9万人の社員が世界中のお客様の課題解決にむけて、創造的なソリューションを提供しています。3Mに関する詳しい情報は、www.3M.com/ @3M/ @3MNewsroom (Twitter)をご覧ください。また、3Mジャパングループについてはwww.mmm.co.jpをご覧ください。


タグ:
キーワード: