配色:                          文字サイズ: 

11/12(月)〜22日(木)限定!ルクセンブルク政府公認Luxembourg Cafe (ルクセンブルク・カフェ)が日本橋Hama House (ハマハウス)に帰ってくる!リターンズ開催決定。

ルクセンブルク貿易投資事務所

11/12(月)〜22日(木)限定!ルクセンブルク政府公認Luxembourg Cafe (ルクセンブルク・カフェ)が日本橋Hama House (ハマハウス)に帰ってくる!リターンズ開催決定。

〜日本で唯一!ルクセンブルクを体感する特別な場〜

……………………………………………………………………………………………

ルクセンブルク政府公認のポップアップ・カフェが帰ってきます。舞台は昨年と同じ、日本橋浜町の書店兼カフェやクリエーターのオフィスなどの複合施設Hama House(ハマハウス)です。2018年11月12日(月)から11月22日(木)まで、ヨーロッパの小国ルクセンブルク大公国をグルメや観光情報を中心にご紹介します。

ルクセンブルク貿易投資事務所は、good mornings (グッドモーニングス)株式会社とのコラボレーションにより、日本で唯一ルクセンブルクを多角的に体験いただける期間限定のLuxembourg Cafe (ルクセンブルク・カフェ)を以下のとおりオープンします。

期間: 2018年11月12日(月)〜11月22日(木)
場所: Hama House (ハマハウス)   東京都中央区日本橋浜町3-10-6
Website: hamacho.jp/hamahouse/luxembourg/

このプロジェクトは、昨年11月のルクセンブルク大公同妃両殿下の国賓訪問関連事業の一環として昨年初めて実現しました。昨年好評を博したため、リターンズとして復活します。カフェの外装やコーヒーカップなどにルクセンブルクの国旗カラーのロゴをあしらい、観光資料の配布も行います。

昨年に引き続き、期間中、カフェのメニューには美食の国ルクセンブルクを味わっていただける、特別メニューをご提供いたします。ルクセンブルクの郷土料理をヒントにした料理やルクセンブルク産のワイン、ホットチョコレートなどの定番メニューに加え、本年はなんとミシュランシェフ、レナート・ファバロ氏監修、子牛と鶏とキノコのパシュテイト(クリームパイ包み)やクリーミーバニラ パンナコッタもメニューに加わりました。


カフェ外観


ルクセンブルクメニュー


レナート・ファバロシェフ
会期中には2つのイベントが開催されます。

今年は昨年大好評だったワイン講座がパワーアップ。国立ブドウ・ワイン機構の格付け責任者と、日本未輸入のルクセンブルクワイン大手生産者2社の来日ゲストによるメイカーズディナーを11月15日に開催します。米ワイン雑誌「WINE ENTHUSIAST」でも「今注目のワインシティ6選(Six Wine Cities on the Rise)」の一つに挙げられたルクセンブルクの白ワイン、日本未入荷の様々な白ワインとルクセンブルクメニューとのマリアージュを是非お楽しみください。また11月21日には、「ガイドブックには掲載されていないこだわりルクセンブルクの旅」をテーマにしたトーク&ネットワーキングイベントも開催します。ルクセンブルクへの旅行をご計画の方には役立つ情報が盛り沢山です。

神奈川県ほどの大きさに、世界遺産や古城、ブドウ畑、現代美術館など見どころが満載のルクセンブルク。世界有数のグルメ国でもあります。他にも、「国民一人当たりGDP世界一」、「EU」、「ツールドフランス」、「金融」、「宇宙ビジネス」、「IT」などのキーワードが並ぶこの国の多様な魅力を是非体感してください。舞台となるHama Houseのコンセプトは「人々が集い交流する場を提供する」というもの。ここからルクセンブルクと日本の交流が発展することを願いオープンします。

主なイベント
Luxembourg Cafe (ルクセンブルク・カフェ) では多角的にルクセンブルクを楽しんでいただけるイベントを開催します。

■知られざる銘醸ワインを楽しむ_ルクセンブルクワイン・メイカーズディナー

開催期間: 11月15日(木)19:00〜21:00
ゲスト:アンドレ・メーレン(ルクセンブルク国立ブドウ・ワイン機構(IVV)AOP格付責任者/ジョシ―・グローデン (ドメーヌ・ヴァンモーゼル プレジデント)/アルノー・バウアー (カーヴ・ガレス 醸造責任者)
料金:7,000円(税込)(ビュッフェディナー・計6種類のワイン試飲付)
定員:限定20名様
国境を流れるモーゼル川沿いでは古くからぶどうの栽培が盛んで、質の高いクレマン(スパークリングワイン)と白ワインの産地であることをご存知ですか?ルクセンブルグワインは国内および周辺地域でほぼ消費されてしまうことから、自国外ではほとんど流通していない希少なワインです。そのルクセンブルクから、国立ブドウ・ワイン機構の格付け責任者と、日本未輸入の大手生産者2社が来日。ルクセンブルクワインの個性や味わいについて、それぞれ情熱を持った生産者から直接説明を聞くことが出来る大変貴重な機会です。

■ルクセンブルク情報交流フォーラム企画・旅のトークイベント
 「ブラ・ルクセンブルク」-僕のとっておきのアドレス

日時:11月21日(水) 19:00 〜21:00
ゲスト:中丸 直哉 (ルクセンブルク旅のコンシェルジュ)
料金:3,240円(税込)(ビュッフェディナー・ワンドリンク付)
定員:限定30名様
ルクセンブルク好きによる、ルクセンブルクにまつわる様々なトピックをお伝えしているルクセンブルク情報交流フォーラム(Luxembourg Information Exchange Forum:LIEF)、通称「リーフ」は、「観光」や「食」の情報の宝庫です。その「リーフ」の中でも、「観光」や「食」をテーマに投稿するルクセンブルク旅のコンシェルジュ・中丸直哉さんをゲストに迎え、ルクセンブルクのまだまだ知られざる魅力、こだわりのとっておきのアドレスを「ブラ・ルクセンブルク」と銘打って余すところなくご紹介いただきます。

Hama House (ハマハウス):

「Hama House」は、good mornings 株式会社が 2017年9月9日(土)に日本橋浜町に「街のリビング」をコンセプトにしてオープンした複合ビル。1Fは解放感溢れる書店兼カフェ、2Fはオープンキッチン&ダイニングとgood mornings本社オフィス、3Fは個性的クリエイターが集うスモールオフィス、そして屋上は会議も可能なルーフテラス。様々な人が集う「街のリビング」がコンセプト。多岐にわたるイベント等を展開している。
http://hamacho.jp//hamahouse/

ルクセンブルク基本情報:

世界で唯一の大公国「ルクセンブルク」はベルギー、ドイツ、フランスに囲まれた小国です。面積は神奈川県ほど、人口は約59万人です。国民一人当たりのGDPが世界一位の豊かな国として知られています。金融やICTなどの基幹産業に加え、最近では宇宙やバイオなどの分野でも発展を遂げています。また、首都ルクセンブルク市の古い町並みと要塞群はユネスコ世界遺産に登録されており、岩山の上にそびえる中世の町と要塞を谷越しに望む眺めは息をのむ美しさです。また、美食の都として知られるルクセンブルクは、国民一人当たりのミシュラン星の数世界一を誇ります。ヨーロッパの中でも特に治安のよい国だと言われています。
http://www.visitluxembourg.jpn.com/jp

good mornings(グッドモーニングス)株式会社とは:

本社所在地: 東京都中央区日本橋浜町3-10-6
代表者: 代表取締役 水代優
全国で街おこしや拠点づくり、デザインにこだわったリアルな場のプロデュースや、国内外を繋ぐWEB等様々なプラットフォームの創出等を中心として活動している。
http://goodmornings.co.jp

ルクセンブルク貿易投資事務所とは:

ルクセンブルク貿易投資事務所(LTIO)は、ルクセンブルク経済省のグローバルネットワークです。在京ルクセンブルク大使館内にある東京オフィスでは日本とルクセンブルクのビジネス交流に必要な様々なサービスをご提供し支援を行っています。また、観光を含む幅広い情報提供も行います。
https://www.investinluxembourg.jp


タグ:
キーワード: