配色:                          文字サイズ: 

「DataMesh」がMicrosoft Tech Summit 2018にブース出展いたします

DataMesh株式会社

「DataMesh」がMicrosoft Tech Summit 2018にブース出展いたします

MR(複合現実)技術を活用した自動車の製造工程や第三者視点可視化ソリューションを展示

……………………………………………………………………………………………

DataMesh株式会社(本社:東京都中央区、代表:王 暁麒、URL: http://www.datamesh.co.jp )は、2018年11月5日〜11月7日にかけて開催されるMicrosoft Tech Summit 2018にてブース出展を行います。

■ 概要
DataMesh株式会社は2018年11月5日〜11月7日にかけて開催される日本マイクロソフト株式会社の主要イベント『Microsoft Tech Summit 2018』にてMRに関するブース出展をいたします。

■ DataMesh株式会社について
DataMesh株式会社は2017年9月に設立された企業で、MR(複合現実)を使ったコンテンツ支援およびMRのリアルタイムキャプチャによる第三者視点可視化ソリューションを提供しています。MRとはMixed Realityの略で現実空間とバーチャル空間を融合させて3Dの立体映像を映し出す技術です。

■ DataMeshグループについて
DataMesh株式会社は中国北京に本社があるDataMesh Technology(以下、DataMeshグループ)の子会社(日本法人)で、DataMeshグループはシアトル・東京・ロンドン・上海・広州に拠点を持っています。大手自動車メーカーなど世界中に顧客がおり、製造業やエンタメ(テレビ局・番組制作会社)のお客様を中心にソリューションを提供しています。

■ Microsoft Tech Summit 2018について
『Microsoft Tech Summit』は日本マイクロソフト株式会社が主催するインフラエンジニア、アーキテクト、IT担当者向けの技術カンファレンスで、同社の主要イベントの一つとなっています。

今年はマイクロソフト本社CEOのサティア・ナデラ氏が来日し、講演を行うことでも注目を集めています。

Microsoft Tech Summitの概要は以下をご参照ください。
https://www.microsoft.com/ja-jp/events/techsummit/2018/

■ ブースでの展示内容について
ここからはブースの展示内容についてご紹介します。

ブースでは主に『MRで再現をした自動車の製造工程』『DataMesh Live!による第三者視点可視化ソリューション』の二つを展示いたします。

まず、『MRで再現をした自動車の製造工程』についてご紹介します。こちらはホンダ中国様向けに作成したもので、現在は「工場見学」「カーディーラーでの販売促進」「新人研修」などでご活用いただいています。特に工場見学では従来、安全面の理由から動画で工場の各工程を紹介していたのがMR技術によって360°立体で様々な角度から3Dで精巧に再現されたバーチャルの製造工程を見ることができるようになったので非常に好評でした。

こちらは将来的にIoTセンサー/AI分析などと連携しデジタルツイン工場を実現する予定です。

次に『DataMesh Live!による第三者視点可視化ソリューション』についてご紹介します。DataMesh Live!はリアルタイムで第三者の視点から現実空間とバーチャルのオブジェクトを融合した複合現実空間を撮影することが可能で、4K画質かつマルチカメラによる複数角度からの同時撮影やジブアーム・スライダーによるスムーズな移動撮影も可能なため、MRによる演出・展示を行いたいテレビ局や展示会などで活用されています。

DataMesh Live!のもう一つの特徴としては、非常に容易な設定が挙げられ、従来であれば1日〜数日かかる作業が30分程度に短縮可能となります。

当社ブースでは上記二つのデモをご体験いただけますので、ご興味のある方はぜひブースへお越しください。

■ 本件に関するお問い合わせ
DataMesh株式会社
〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町3-3-5天翔日本橋人形町ビル404
URL: http://www.datamesh.co.jp
担当: 安井
E-MAIL: service@datamesh.co.jp


タグ:
キーワード: