配色:                          文字サイズ: 

【株式会社フーディソン】 フーディソン×御前崎市×旬八青果店「御前崎フェア」第3弾!この期間でしか味わえない御前崎の豊かな特産品をお楽しみください。

フーディソン

フーディソン×御前崎市×旬八青果店「御前崎フェア」第3弾!この期間でしか味わえない御前崎の豊かな特産品をお楽しみください。

11月1日(木)より都内3店舗の飲食店にて期間限定オリジナルメニュー提供

……………………………………………………………………………………………

水産物の卸・小売を手がけるベンチャー企業の株式会社フーディソン(東京都中央区 代表:山本徹、以下フーディソン)はこの度、かねてから取り組んでいる産地応援プロジェクトの一環として、「静岡県御前崎市(以下御前崎市)」との取り組み「御前崎フェア」の第3弾を2018年11月1日(木)よりスタートします。
ECサイト「魚ポチ(http://uopochi.net)」上での御前崎市の水産品フェア、「魚ポチ」を利用している飲食店合計3店舗にて各飲食店のシェフが開発した御前崎の特産品を使用したオリジナルのメニューの提供、そして都内に16店舗を展開する「旬八青果店(http://shunpachi.jp/)&旬八キッチンにて御前崎市の農産品や特産品を使用した弁当の販売を行います。
フェア終盤には、各飲食店シェフと御前崎市の産地飲食店や生産者で交流会が催され、開発レシピのレクチャーや試食、懇親会も予定しています。

今回の取り組みは、御前崎市の豊かな特産品の都内での認知拡大と流通販路の開拓並びに消費拡大、また産地飲食店や生産者に対する特産品の新たな魅力や活用法を提供することを目的とし、実際に飲食店での消費者ヒアリング調査や交流会を実施することで、消費者のニーズや商品の流通等における課題についても把握します。

「御前崎市」は、カツオやサワラ、金目鯛など新鮮な水産物に加え、高品質な国産黒毛和牛である「遠州夢咲牛」や「遠州黒豚」、米、トマトやイチゴ、お茶などの農産物も豊富で、海や山の豊かな幸に恵まれており、今回はこれらの特産物を使用したオリジナルメニューとなります。

◆◆◆ 御前崎フェア概要◆◆◆
【実施飲食店・メニュー】
《 はすむかい 》港区赤坂3-12-1 フローレンス赤坂2階

いちじくと遠州黒豚の肉巻き串 (480円)
船上活〆サワラの粕漬け炭火焼き(850円)
熟成金目鯛の炙り刺し(980円)
つゆひかりハイ(450円)

《 三茶まれ 》世田谷区太子堂4-23-11 GEMS三軒茶屋 8F

御前崎前菜五種盛り(980円)
金目鯛若狭焼き 三種の貝とつゆひかりのナージュ(1000円)
三茶和風ミニパフェ(550円)
日本酒 臥龍梅(グラス550円・一合1000円)

《 別邸KOKORI 》千代田区神田駿河台3-2-6 A・Plaza御茶の水ビル2F

御前崎産 カツオの塩たたき-なぶら塩ポンズ添え-(890円)
一黒軍鶏といちじくの天麩羅(980円)
一黒軍鶏の大手羽大根(840円)

水揚げ状況や天候によりメニューが提供できない場合、フェア内容が変更になる場合がございます。また、実施店舗が変更になる場合もあります。価格は全て税別となります。

■ 魚ポチについて ■

関東圏の10,000店舗以上の飲食店が登録するフーディソン運営の鮮魚専門仕入れサイトです。2014年5月よりスタートし、鮮魚のECサイトというITを活用したサービスでありながら、経験豊かな信頼できるプロのバイヤーがひとつひとつ厳選する「目利き」を介し豊洲や産地から仕入れた鮮魚をスマホ・パソコンから簡単に1尾から発注できます。常時1,800種類以上の商品を掲載し午前3時まで発注が可能です。登録料は無料。
2016年3月、ミライITアワード2016 食部門に選出されました。

・魚ポチサイトURL: http://uopochi.net
・フーディソンURL : http://foodison.jp

■ 旬八青果店について ■
「新鮮・おいしい・適正価格」旬にこだわる八百屋です。
八百屋は以前、街のコミュニケーションの場でもありました。そんな野菜や果物を専門で売る八百屋は、年々少なくなっています。一方、モノがあふれるこの時代だからこそ「旬の食材はなんなのか」「どんな人がどんな想いで作っているのか」「おすすめの食べ方はなんなのか」そんな会話が私たちの食をもっと豊かにしてくれる。 旬八青果店は、そんな想いから生まれた八百屋です。
旬八青果店では、新鮮でおいしいお値打ち価格の青果を目利きし、販売しています。農家の方々が一生懸命育てたおいしい青果を、おいしい状態で都市の食卓にお届けしたい。地方と都市をつなぐ八百屋として、東京都内に16店舗展開しています。
http://shunpachi.jp


タグ:
キーワード: