配色:                          文字サイズ: 

【麗澤大学】 ネイティブ教員が顧問を務める「英語劇グループ」〜80年以上の歴史と伝統を誇る〜 シェイクスピアの『リア王』を上演

麗澤大学

ネイティブ教員が顧問を務める「英語劇グループ」〜80年以上の歴史と伝統を誇る〜 シェイクスピアの『リア王』を上演

平成30年11月3日(土)・10(土)キャンパス内小劇場にて

……………………………………………………………………………………………

麗澤大学(千葉県柏市/学長:中山理) の英語劇グループは、11月3日(土)・10日(土)にシェイクスピアの『リア王』を上演します。同グループは、1935年の開学以来の伝統を持ち、俳優・田中邦衛氏をはじめ、各界で活躍する人材を数多く輩出してきました。本学の「英語劇グループ」の特長は、英語のネイティブスピーカー教員が顧問を務めていることで、練習から指導まで、すべてが英語で行なわれていることです。全国にも様々な大学が英語劇の団体をもっていますが、その中でも珍しい存在です。年4回行われる上演の際には、毎回開場前から公演を待ちわびる人々の大行列ができます。
今回上演する『リア王』は、英語劇グループのメンバー23名で上演します。本作品は、1人の老いた王とその3人の娘の関係を描いた、シェイクスピアの作品の中でも特に有名な悲劇作品です。本作品の魅力が観客の皆様により深く伝わるよう、日本語による解説も含めて上演します。
概要は以下の通りです。

【公演概要】
公演タイトル: 『King Lear(リア王)』
日時: 平成30年11月3日(土)・10日(土)17:00開演 (16:30開場)
場所: 麗澤大学 キャンパス内 小劇場
https://www.reitaku-u.ac.jp/about/access.html

【担当教員について】
TORIKIAN, Merwyn (トリキアン、マーウィン)
麗澤大学 外国語学部 准教授
イギリスのブリストル大学教育学研究科修了(教育学修士)。研究テーマは外国語としての英語教育とコンピュータを使った言語教育。先任者から引き継ぎ、1992年より英語劇グループの顧問兼演出家を務める。

【麗澤大学について】
麗澤大学は昭和10年、創立者の廣池千九郎(法学博士)が「道徳科学専攻塾」を現在のキャンパス(千葉県柏市光ヶ丘)に開塾したことから始まります。心豊かな人間性を養い、国際社会に貢献できる人材の育成をめざし、今では大学・高校・中学・幼稚園を開設しています。また留学生の受け入れも積極的に行っており、キャンパスには世界約30の国・地域から多数の留学生が集まり、さまざまな言語が飛び交っています。