配色:                          文字サイズ: 

株式会社オー・エル・エム・ベンチャーズ 出資約束金額約14億円でOLM1号ファンドの組成完了のお知らせ

IMAGICA GROUP

株式会社オー・エル・エム・ベンチャーズ 出資約束金額約14億円でOLM1号ファンドの組成完了のお知らせ

……………………………………………………………………………………………

当社の連結子会社で、ベンチャーキャピタル事業を展開する株式会社オー・エル・エム・ベンチャーズ(本社:東京都世田谷区、代表取締役:横田秀和)は、2018年3月に組成した「OLM1号投資事業有限責任組合」(以下「OLM1号ファンド」)につきまして、出資約束金額約14億円で組成を完了したことをお知らせ致します。

1.OLM1号ファンド組成の背景と目的
 OLM1号ファンドは、コンテンツ業界を取り巻く環境が大きく変化する中で、メディア/コンテンツ領域でVR、AR、MRや、新たな動画関連ビジネスを手掛けるベンチャー企業との出資連携を目的に、2018年3月に設立致しました。今回新たに株式会社ジェイアール東日本企画、株式会社電通、株式会社バンダイナムコホールディングスが出資者となりました。
 当社グループは、映像市場の構造的変化、映像メディア・コンテンツの技術革新の中で、グループが変革し更なる成長を一体となって目指していくとともに、新しいビジネスの育成、研究開発の強化、また協業による既存事業とのシナジーを可能にしていきたいと考えております。
 OLM1号ファンドでは、従来に無い映像表現や視聴体験を可能とするAR、VR、MR分野を含む映像制作技術やサービス、視聴スタイルの変化に伴う新たなメディアや配信技術、スマートトイ分野等への投資を通じて、同事業分野のベンチャー企業の育成支援を行って参ります。

2.OLM1号ファンドの概要
名称   :OLM1号投資事業有限責任組合
運用期間 :10年(但し、最大2年まで延長可)
出資金総額:約14億円
投資対象 :ITを用いたメディア/コンテンツ領域での関連事業を行うベンチャー企業
主な出資者:(以下順不同)
     ・株式会社IMAGICA GROUP
     ・株式会社オー・エル・エム(本社:東京都世田谷区、代表取締役:奥野 敏聡)
     ・株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 岡村 陽久)
     ・株式会社ジェイアール東日本企画(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 原口 宰)
     ・株式会社小学館(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 相賀 昌宏)
     ・株式会社タカラトミー(本社:東京都葛飾区、代表取締役社長兼COO 小島 一洋)
     ・株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員 山本 敏博)
     ・株式会社バンダイナムコホールディングス(本社:東京都港区、代表取締役社長 田口 三昭)
     ・株式会社ミクシィ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長執行役員 木村 弘毅)
     ・SMBCベンチャーキャピタル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 石橋 達史)
      その他国内大手事業会社

3.ファンドの投資事例のご紹介
 OLM1号ファンドは、バーチャルYouTuber向け配信サービス「ホロライブ」を運営するカバー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:谷郷元昭、http://cover-corp.com/)(以下、カバー社と言います)が本年実施した第三者割当増資を引き受けました。
 カバー社は、専属バーチャルYouTuberマネージメント体制を強化し、またバーチャルYouTuber向け配信サービス「ホロライブ」の開発を強化いたします。
 同社は、「ホロライブ」を使って活動する専属バーチャルYouTuberの展開を本格的に開始しています。

キャラクターに会えるライブ配信サービス「ホロライブ」  https://www.hololive.tv/


タグ:
キーワード: