配色:                          文字サイズ: 

【公益財団法人日本ユニセフ協会】 メキシコ・米国境:移民の子ども1,000人、危ぶまれる安全と健康【プレスリリース】

メキシコ・米国境:移民の子ども1,000人、危ぶまれる安全と健康【プレスリリース】

ユニセフ、迅速な子どもの難民申請手続き求める

……………………………………………………………………………………………

栄養、教育、保健ケアなど、必要なサービスを受けられない子どもたち。(C) UNICEF_Mexico
【2018年11月28日 ニューヨーク 発】

メキシコと米国の国境における移民の子どもの状況が悪化する中、ユニセフ(国連児童基金)は下記のとおり声明を発表しました。

* * *

ユニセフは、メキシコを移動中の、あるいは米国の移民当局に難民申請をするためにティファナの米国境沿いで待っている移民の子ども1,000人以上の安全と健康に深く苦慮しています。

これらの子どもたちは、栄養、教育、心理社会ケアや保健ケアなど、彼らの健康を保つ上で必要なサービスの多くを受けられないでいます。また、彼らはまた、移動中、または密集した仮設キャンプや国境付近の一時滞在施設において、搾取、虐待や人身売買のリスクにも晒されています。

彼らは、中米北部地域の母国での暴力、恐喝、深刻な貧困、そして機会の欠如から逃れてきた果てに、このような困難に直面しています。

子どもはどのような法的身分であっても、何よりもまず子どもなのです。ユニセフは、すべての政府に対して、国際法を尊重し、どのように入国したかに関わらず、ふるさとを追われた子どもたちへの迅速な難民申請手続きを保証することを求めます。

ユニセフは地域の政府に対して、家族を引き離すことなく、家族のためのコミュニティを基盤とした管理など移民の収容に代わる実証された方法を用いることを求めます。施設収容や家族の引き離しは、子どもたちに深いトラウマをもたらし、搾取や虐待に晒されやすくなり、長期的に深刻な影響を及ぼす有害なストレスを招きかねません。

最後に、私たちは各国政府に対して、こうした異例の移民問題を引き起こしている貧困、暴力、教育や経済の機会の不足といった根本要因に取り組む努力を新たにするよう強く求めます。このような根本原因に長期的に意味のある方法で取り組まない限り、家族や子どもたちは安全とより希望の持てる将来を求めて、ふるさとを後にし、非公式な方移民経路を取らざるを得なくなるのです。

ユニセフは、ふるさとを追われた子どもたちに対して、必要な支援やサービスが確実に提供され、彼らの権利が守られるように、地域のすべての政府と協力していく用意があります。

* * *

■ユニセフについて
ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)は、すべての子どもの権利と健やかな成長を促進するために活動する国連機関です。現在190の国と地域※で、多くのパートナーと協力し、その理念を様々な形で具体的な行動に移しています。特に、最も困難な立場にある子どもたちへの支援に重点を置きながら、世界中のあらゆる場所で、すべての子どもたちのために活動しています。( www.unicef.org )
※ユニセフ国内委員会(ユニセフ協会)が活動する34の国と地域を含みます
※ユニセフの活動資金は、すべて個人や企業・団体からの募金や各国政府からの任意拠出金で支えられています

■日本ユニセフ協会について公益財団法人 日本ユニセフ協会は、先進工業国34の国と地域にあるユニセフ国内委員会のひとつで、日本国内において民間として唯一ユニセフを代表する組織として、ユニセフ活動の広報、募金活動、政策提言(アドボカシー)を担っています。( www.unicef.or.jp )