配色:                          文字サイズ: 

【成田国際空港】 2018年10月 空港運用状況

2018年10月 空港運用状況

……………………………………………………………………………………………

航空機発着回数をはじめ、以下の項目について10月として過去最高となりました。
= 国際線外国人旅客数が2013年2月から69ヶ月連続で前年同月超え =

【航空機発着回数】
?航空機発着回数
国際線、国内線ともに好調だったことにより、前年同月比3%増の21,996回と、10月として過去最高となりました。
?国際線発着回数
旅客便において、アジア線や台湾線、韓国線で増便等があり好調(10月として過去最高(15,166回:前年同月比4%増))だったことにより、前年同月比4%増の17,476回と、10月として過去最高となりました。
?国内線発着回数
旅客便において、一部路線で減便があったものの、バニラエアの石垣線(7月1日)やジェットスター・ジャパンの長崎線(9月6日)の新規就航等により、前年同月比0.4%増の4,520回と、昨年12月以来の前年同月超えを記録し、10月として過去最高となりました。

【航空旅客数】
?航空旅客数
国際線外国人旅客数が好調だったことに加え、国内線旅客数も前年を上回る旅客数を記録したことにより、前年同月比5%増の3,605,392人と、10月として過去最高となりました。
?国際線旅客数
外国人旅客数が好調(10月として過去最高(1,498,080人:前年同月比8%増))だったことにより、前年同月比6%増の2,986,978人と、10月として過去最高となりました。
?国内線旅客数
石垣線や長崎線の新規就航に加え、札幌(新千歳)線が好調だったことにより、前年同月比1%増の618,414人と、昨年12月以来の前年同月超えを記録し、10月として過去最高となりました。

温泉旅行特集 びゅう