配色:                          文字サイズ: 

【株式会社東急文化村】 その影響力、絶大!「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ――線の魔術」

その影響力、絶大!「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ――線の魔術」

2019年夏、Bunkamuraザ・ミュージアムにて開催決定!2019年7月13日(土)〜9月29日(日)

……………………………………………………………………………………………

2019年はミュシャの没後80年となる節目の年。作品を通じて、時代を超えて愛される画家の秘密を紐解く、これまでにない画期的なミュシャ展です。

 この度、2019年7月13日(土)から9月29日(日)Bunkamuraザ・ミュージアム(東京・渋谷)にて、『みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ―― 線の魔術』を開催します。アール・ヌーヴォーを代表する芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。彼が紡ぎだした、線の魔術とも言える華やかなポスターは、今もなお世界中の人たちを魅了し続けています。
 本展は、ミュシャが手掛けたポスターなどの代表作はもとより、彼の作品に強い影響を受けた明治期の文芸誌の挿絵、 1960年代を中心にアメリカ西海岸やロンドンで一大ムーブメントを巻き起こしたグラフィック・アート作品、そして、日本のマンガ家やアーティストの作品など250点以上で構成されます。

■今回のミュシャ展、ここがみどころ!
繊細で華やかなポスター作品群に加えて、初来日となるカリカチュア(風刺画)を含む、ミュシャ初期の貴重なイラストや、彼自身の収集品を展示。ジャポニスムが彼に与えた影響などを考察し、充実のラインナップでミュシャの世界をお届けします。
また、ミュシャの影響は音楽シーンにまで及びます。1960〜70年代のレコードジャケット群を含むグラフィック・アートも必見です。
さらに、ミュシャ作品とならび「目玉」となるのが、その影響を受けた日本の文芸誌やマンガ、イラストの数々。天野喜孝をはじめとする、日本を代表するグラフィック・アーティストやマンガ家の作品を数多く展示します(※一部複製を含む)。

【みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ―― 線の魔術 概要】

会場:Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷・東急本店横)
〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1
会期:2019年7月13日(土)〜9月29日(日)
入館料:一般1,600円(1,400円)大学・高校生1,000円(800円)/中・小学生700円(500円)( )内は前売券および20名以上の団体料金
休館日:未定
主催:Bunkamura、ミュシャ財団、日本テレビ放送網、BS日テレ、読売新聞社
協賛:光村印刷
企画協力:NTVヨーロッパ
お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

★展覧会公式HPティザーサイト公開中 www.ntv.co.jp/mucha2019/
★展覧会公式HPオープン: 2019年2月8日(金)予定