配色:                          文字サイズ: 

トラベルポート、「2018年旅行におけるデジタル活用実態調査」結果発表

トラベルポート、「2018年旅行におけるデジタル活用実態調査」結果発表

日本やアジア、欧米豪諸国の旅行者の電子決済や生体認証等最新技術への意識は?

……………………………………………………………………………………………

2018年11月29日、英国ラングレー:
世界の旅行業界の皆様に先進のトラベルコマースプラットフォームを提供するトラベルポート(本社:英国ラングレー、NYSE:TVPT)は、昨年に続き世界16,000人の旅行者を対象とし旅行の計画や予約、旅行中のデジタル活用に関する実態調査を行いました。今年は昨年の19ヶ国に加え、アジアやアフリカなど6ヶ国を加えた25ヶ国で調査を実施しました。

旅行経験の単純化や質の向上のため、音声検索・電子決済など新技術への要望が高まっており、中国をはじめとしたアジア各国やその他の地区と日本人旅行者のデジタル活用の様相が大きく異なることが分かりました。来年のラグビーワールドカップや2020年東京オリンピック・パラリンピックも見据え、各国の旅行におけるデジタル活用を知る上で非常に興味深い結果となりました。調査結果の主なハイライトは以下の通りです。

■ 1. Siriやアレクサなど音声検索による旅行検索

日本人回答者の33%がボイスサーチによる旅行検索の経験ありだが、25ヶ国の中で最低の国の1つ
一方で「中国」と「トルコ」は72%と高い割合で2倍以上の差

■ 2. スマートフォンでの旅行予約と決済

日本人回答者の38%はスマートフォンでの旅行予約と決済を一度もおこなったことがないと回答、アジア・オセアニア諸国の中では最も低い
一方、世界を牽引しているのは「中国」、一度もおこなったことがないのはレジャー・ビジネス渡航平均で僅か3%

■ 3. レジャー旅行におけるデジタル利用に対する意識

最も多くの日本人回答者が“非常に当てはまる”または“当てはまる”と回答したのは「機器の故障やバッテリー不足が心配である」で49%。なお、日本以外の国で同項目の割合が最も高かった国は一つもなかった
5ヶ国平均で最も多くの回答者が多かった項目は「電子搭乗券やeチケットが旅行をより簡単にする」で68%、ただし25ヶ国の中では日本が最も低く47%であった。

■ 4. 税関・入国審査における待ち時間短縮のための生体認証提供可否

空港の税関や入国審査で待ち時間を短縮、もしくはスキップできるのならば生体認証情報を提供しても良い、と答えた日本人回答者は77%

トラベルポートジャパン株式会社代表取締役社長、東海林治(とうかいりん・おさむ)は本調査の結果について次のようにコメントしています。
「この調査を通じて見ることができる日本人の旅行におけるデジタル活用の習慣は興味深いです。 日本人回答者の多くはモバイルプラットフォームを使用しており、生体認証や決済アプリなどの新しい技術ツールを使用することにオープンであることが分かります。
世界のトレンドを見ても、そのようなツールに対する需要と欲求は増大し続けるものと認識しています。 我々はデジタルを活用する旅行者が、デジタル技術がもたらす利点や利益を体験すればするほど、より快適になることを期待しています。」

「国別旅行者デジタル活用度ランキング」について
このランキングは、旅行経験を高める技術を使用する主な指標の組み合わせに基づいています。インドは、デジタル的に高度な旅行者が最も多い国として昨年に続き首位となりました。

トラベルポート社長兼CEOであるゴードン・ウィルソンは、次のようにコメントしています。
「テクノロジーが我々の生活をあらゆる側面から変化させていることには誰もが気づいていることでしょう。旅行業界は常に新しい経験を積み重ね、新しいテクノロジーをいち早く採用してきました。これは、私が30年程前に旅行業界に飛び込んだ時と変わっておらず、高い需要のある音声検索や生体認証の採用など今日も旅行業界では様々なテクノロジーを取り入れています。

トラベルポートは常にお客様に最適な選択肢をご提供し、パフォーマンスを向上させ、そのプラットフォーム上から得られる情報をもとにお客様に最適な旅行体験をお届けしております。一方で、旅行商品の購入や管理を継続的に改善していくための新しいテクノロジーを使用する方法の刷新や促進、実験にも積極的に取り組んでいます。我々が今まさに作っているような未来のテクノロジーに現代の旅行者が既に心躍らせているのを確認できることは素晴らしいことです。」

レポート本体は、http://www.travelport.com/gdtrよりダウンロードいただけます。
(レポートダウンロードページは英語ですが、CountryからJapanを選んでいただけますと、日本語のレポートをダウンロードいただけます。)

2018年「旅行におけるデジタル活用実態調査」について
トラベルポートが実施した「旅行におけるデジタル活用実態調査」は、2018年8月にトルーナリサーチ社が所有するサンプルを対象にオンラインで実施した調査です。昨年、少なくとも1回は往復のフライトを利用した旅行者を対象とし、25カ国から16,000人を超える回答を得ました。

トラベルポートについて (www.travelport.com)
トラベルポート(NYSE:TVPT)は、旅行の販売、購入、旅行体験の向上を常に追求するテクノロジー企業です。世界の旅行・観光業界に向けて流通、技術、決済などのソリューションを提供するトラベルコマースプラットフォームを有しています。B2B(企業間取引)旅行市場において、世界の主要な旅行プロバイダーとオンラインおよびオフラインの旅行業者を結びつけ、旅行業取引を促進します。
トラベルポートは航空会社マーチャンダイジング、ホテルのコンテンツとレートディストリビューション、レンタカー事業、モバイルコマース、B2B決済ソリューションのリーダー的地位を確立しています。また、ショッピング、発券、出発管理その他のソリューションを含む重要なITサービスを航空各社に提供しています。2017年の純収入が24億ドルを超えるトラベルポートは、英国ラングレーに本社を構え、約4,000名の従業員を擁し、世界180ヵ所の国と地域で運営しています。