配色:                          文字サイズ: 

「無敵超人ザンボット3 Blu-ray BOX」いよいよ12月4日発売!古川登志夫さんより発売記念コメント到着!封入特典ブックレット掲載のインタビューも発売に先駆けて一部公開!

「無敵超人ザンボット3 Blu-ray BOX」いよいよ12月4日発売!古川登志夫さんより発売記念コメント到着!封入特典ブックレット掲載のインタビューも発売に先駆けて一部公開!

……………………………………………………………………………………………

いよいよ12月4日に発売する「無敵超人ザンボット3 Blu-ray BOX」。
その発売を記念して、出演者の古川登志夫さんよりコメントが届きました。

民間人が、しかもファミリーで戦闘に巻き込まれていくという衝撃的で斬新なシチュエーション。
放送時から40年の時を経た今もなお、カラオケ等でその主題歌がよく歌われている【無敵超人ザンボット3】。
巨大ロボットアニメ華やかなりし頃の名作がBlu-ray BOX として蘇ることを待ち望んでおられたファンの方も多いことと思います。
個人的にも、アニメ声優として本格的に走り始めた若き頃の思い出深い作品であり、至上の喜びです。
―香月真吾 役:古川登志夫

また、200ページをこえる封入特典ブックレットに掲載されているメインスタッフへのインタビューを発売に先駆けて一部公開!

…映像作品を作るとき一般的に言えるコツがあるということです。つまり「異種格闘技」にしなければならない。違う質のものを一緒にすることで、劇が発生するものになる。
異種格闘技をきちんとやることで、人間爆弾の発想も自然に出てきます。そんなことをしたら、物語の整合性をとれないのでは?
そういうことなら、家族論というリアリズムがあるから、…(省略)人間爆弾で死んでしまう話で泣けるというわけです…
―【証言1】富野由悠季◎総監督 より

…当時のロボットアニメは主人公たちの家族なんてほとんど触れられないのが当たり前だったのに、爺さん婆さんから両親、兄弟、親戚まで出て来る。
だから色々描けて楽しかったけど、とにかくキャラクターが多いと思いましたね(笑)…
―【証言2】安彦良和◎キャラクター・デザイン より

…「四方に広がるようなシルエット」という部分は意識していましたね。
半年くらいで変形合体のギミックを作り上げたんですが、山浦さんがある日突然「頭に三日月を付けよう」と言い出した時は、すごく象徴的だなと思いましたよ。
「ベタで塗りつぶしてもわかる特徴」というのはこういう事だなと…
―【証言3】藤原良二◎メカニカル・デザイン より

…まずは私たちでメインの商品となる主役ロボット玩具のための機構の考案とデザイン作業をすることが『ザンボット3』の企画の始まりでした。
機構に関しては、玩具のプレイバリューを考え、変形や合体などの仕組みの決定から始めました…
―【証言4】飯塚正夫◎企画・設定 より

インタビュー記事全文や企画書、シリーズ構成・設定書、長編映画構成台本など未公開の貴重な資料集は、
12月4日(火)に発売される「無敵超人ザンボット3 Blu-ray BOX」のブックレットで是非お楽しみください。

————————————————————

「無敵超人ザンボット3 Blu-ray BOX」

◆発売日
2018年12月4日(火)

◆品番/JAN
BIXA-9015/4907953211612

◆価格
30,000円(税抜)

◆特典
【仕様】
・安彦良和による新規描き下ろし三方背アートBOX
・ピクチャーレーベル

【封入特典】ブックレット(204P)
・企画書、シリーズ構成・設定書、長編映画構成台本など未公開の貴重な資料集
・富野由悠季氏・安彦良和氏・藤原良二氏・飯塚正夫氏 新規インタビュー

【映像特典】
・ノンテロップOP/ED
・放送開始告知
・クローバー「ザンボット3 コンビネーションプログラム」CM集 ※1

【静止画特典】
・第1話絵コンテ(DISC1収録)
・台本(全23話分)・・・放送当時の台本、全23話を収録。
任意のページから本編の該当シーンを再生できる台本チャプター機能付 ※2

※1 映像内、見づらい箇所がございます。
※2 一部、読みづらい箇所、本編と構成が変わっている箇所等ございます。
※商品の仕様及び特典は変更になる場合がございます。

◆発売・販売元
株式会社ハピネット

◆早期購入特典
キャラクターデザイン:安彦良和氏複製サイン入りB2サイズ布ポスター(三方背アートBOXイラスト使用)

————————————————————

<作品情報>
【STORY】
異星文明ガイゾックが地球侵略を開始した。かつてガイゾックに滅ぼされたビアル星の末裔である神ファミリーの少年神勝平は 、従兄弟の神江宇宙太、神北恵子とともに合体ロボット・ザンボット3に乗り込みガイゾックの戦闘ロボットを迎え撃つ。

【CAST】
神 勝平:大山 のぶ代
神江 宇宙太:森 功至、古川 登志夫(第10〜14話)
神北 恵子:松尾 佳子
神北 兵左ェ門:永井 一郎
神 源五郎:岡部 政明
神 一太郎:野島 昭生
神 花江:川島 千代子
神 梅江:武知 杜代子
神江 大太:滝 雅也
神江 すみ江:加川 三起
神江 和行:川島 千代子
神北 久作:島田 彰
神北 由美子:浦山 紀子
神北 公子:加川 三起
キラーザ・ブッチャー:島田 彰

【STAFF】
企画:日本サンライズ(現:サンライズ)
原作:鈴木 良武、富野 喜幸(現:富野 由悠季)
総監督:富野 喜幸(現:富野 由悠季)
音楽:渡辺 岳夫、松山 祐士(※祐は示へんに右)
キャラクター・デザイン:安彦 良和
メカニカル・デザイン:平山 良二(現:藤原良二)
デザイン協力:スタジオぬえ
美術:中村 光毅(第1〜6話)、メカマン(第7〜23話)
音響監督:松浦 典良
プロデューサー:栃平 吉和(日本サンライズ 現:サンライズ
)、大熊 伸行(創通エージェンシー 現:創通)
制作:名古屋テレビ、創通エージェンシー(現:創通)、日本
サンライズ(現:サンライズ)
※当時の名称で表記しています。

(C)創通・サンライズ