配色:                          文字サイズ: 

【タグピク株式会社】 タグピク社、代表取締役の安岡あゆみがDIGIDAY Hot Topic JAPAN 2018にスピーカーとして登壇。

タグピク社、代表取締役の安岡あゆみがDIGIDAY Hot Topic JAPAN 2018にスピーカーとして登壇。

〜“インフルエンサーの未来を共に創る”タグピクのHUB化構想について語る〜

……………………………………………………………………………………………

日本及び東南アジア圏に、約4,500名を超える国内最大規模のインフルエンサー(※1)・ネットワークを束ねるInstagram(※2)マーケティング専業会社のタグピク株式会社(本社:東京都 渋谷区 以下「タグピク社」)の代表取締役の安岡あゆみが2018年12月10日開催予定である「DIGIDAY HOT TOPIC JAPAN 2018 / インフルエンサーマーケティング」にスピーカーとして登壇することをご報告致します。

タグピク社について

タグピク社は、Instagram専業としては日本初となるインフルエンサー・マーケティングの会社として、日本、台湾、韓国、タイ、香港、中国など国内外のインフルエンサーをネットワーク化しております。

キャスティング事業やSNSブランディング・コンサルティング事業やブランド動画配信事業などを通して、インフルエンサーの“好き”を常に支え、誰よりも考える、インフルエンサーにもっとも近いインフルエンサー・マーケティング領域のプロフェッショナル集団として、SNS領域におけるブランディング支援の経験と実績を有しております。

DIGIDAY HOT TOPIC 2018の登壇について

デジタル時代においてのマーケティングとメディアの可能性を探求するアメリカデジタルマーケティング戦略情報サイトの「DIGIDAY[日本版]が、2018年12月10日、東京国際フォーラムにて1dayイベント「HOT TOPIC JAPAN 2018」を開催します。今年のテーマは「インフルエンサーマーケティング」です。

2018年9月、Instagram国内アクティブユーザー数(MAU)が2,900万人を突破し、約1年で900万増え、Facebookの国内アクティブユーザー数を上回りました。Instagramの成長と共にインフルエンサーの影響力もより広まり、彼らは広告業界においても欠かせない存在になりました。

マーケターがイメージしている以上に、Instagram PR案件における「ブランド」と「インフルエンサー」との“熱量”や“感覚値”の差は大きいです。今回のイベントにて自らがインフルエンサー兼経営者であるタグピク代表取締役の安岡あゆみが、電通でSNSユーザー行動分析の専門家である吉田健太郎氏を交えて、「インフルエンサーのリアル」「面(メディア)から人(インフルエンサー)軸へのシフト」「インフルエンサーのベーシックインカム作り」などの各テーマについて、語る予定です。

【登壇者について】

安岡あゆみ
タグピク株式会社
ファウンダー/代表取締役

2010年広告代理店に入社。約3年間、同社のブランド事業部が運営するアパレルブランドの立ち上げからプレスとして携わる。2013年11月より一年間、個人のコンサルタントとして企業のPR・コンサルティング、読者モデルやインフルエンサーのキャスティングを行う。2015年9月、タグピク株式会社を創業。代表取締役に就任。会社経営と並行して、12歳から25歳までファッション誌の読者モデルとして活動し、インスタグラムに関しては、現在20,400人ユーザーを保有。

吉田 健太郎
株式会社電通
ビジネス・デベロップメント&アクティベーション局 産業4部 部長
プランニング・ディレクター 情報通信業界コンサルタント

1997年、立教大学理学部数学科卒業。1997年、NTT移動通信網(現NTTドコモ)入社。非音声通信の普及を目的としたアプリケーション及び商品開発後、モバイルビジネスコンサルティングに従事。2009年に株式会社電通に中途入社。携帯電話業界の動向を探る独自調査を定期的に実施し、業界並びに生活者インサイト開発業務に従事。クライアントのコミュニケーションプランニング、マーケティング戦略策定をはじめ、デジタル新ビジネスの開発、ビジネスモデル開発、コンサルティング業務、戦略アドバイザー業務等に携わる。2009年入社以来携わっている電通モバイルプロジェクトに加え、2014年1月より電通スマプラ(スマートフォン課金インサイト×プランニング)のリーダーも兼務。2018年9月よりIoTNEWSへも参画。著書に「スマホマーケティング」(日本経済新聞出版社)がある。

イベントの詳細はこちらをご確認ください。
https://digiday.infobahn.co.jp/event_themes/hot-topic-japan-20181210/

インフルエンサー福利厚生プログラム「HUB」について

2018年4月、タグピクがネットワークしているインフルエンサーへの福利厚生の提供を開始致しました。“個”のエンパワーメントを企業が後押しする新しい福利厚生プログラム「HUB(ハブ)」は、AIキャスティングのタグピク社が独自査定する個々のインフルエンス力のレベルに応じ、「衣・食・住」のあらゆるシーンで必要な商品・サービスを無料で(または安価で)受けることができます。

プログラムに参加するインフルエンサーは、旅行中の移動手段から、旅先での飲食、インスタグラム撮影用の一眼レフまで、ライススタイルのあらゆる消費活動から解放されます。

【主なラインナップ(一例)】
・食支援:アイスクリーム
・ファッション支援:ブランド品買取
・ライフスタイル支援:スタジオ写真撮影
・採用支援:インフルエンサー向け特別枠採用の実施、インフルエンサーのインターン・アルバイトを優先支援

※1 Instagram上でアカウントのフォロワー数が女性は5,000フォロワー以上、男性は3,000フォロワー以上のインスタグラマー
※2 Instagramは米国およびその他の国におけるInstagram,LLCの商標です。
※3「総フォロワー数」は、インフルエンサー間でフォロワーの重なりを含む単純合算したのべ人数を記載。

【タグピク株式会社 会社概要】
会社名 :タグピク株式会社(Tagpic Inc.)
所在地 :東京都渋谷区恵比寿西1-30-10 代官山イルテンポ
設立日 :2015 年9月1日
代表者 :代表取締役 安岡 あゆみ
経営陣 :安岡 あゆみ、泉 健太、小川 博之、今村 玄紀、服部 貴志、広野 清志、(顧問)武永 修一
グループ :AOI TYO Holdings株式会社(東証一部:3975)の関連会社
株主   :経営陣、(株)AOI Pro.、ニッセイ・キャピタル6号投資事業有限責任組合、(株)メタップス、(株)DK Gate、漆原 茂ほか個人投資家数名
業務内容:Instagram、YouTube、Twitterなどのインフルエンサー・キャスティング、Instagramに関するブランディング・コンサルティング、ブランディング動画配信ネットワーク「PICFEE」の運用・販売、IGTV、YouTuberなどのタレント・プロダクション
URL :http://tagpic.jp

《お問い合わせ》  instapr@tagpic.jp (窓口担当:清水)

以上