配色:                          文字サイズ: 

【株式会社オーパス】インテリIKを12/1(土)開催のCEDEC+2018に出展

【株式会社オーパス】インテリIKを12/1(土)開催のCEDEC+2018に出展

インテリIK -VRのヘッドセットや手の位置から、キャラクターの豊かな動きを生成する技術-

……………………………………………………………………………………………

株式会社オーパスは、12/1(土)CEDEC+KYUSHU 2018にてインテリIKの出展・講演を行います。

 

仮想アバターの動きをより現実的にあるいは豊かに表現することは、仮想世界の没入体験において昨今ますます重要なファクターとなっています。
株式会社エクシヴィと株式会社オーパスは、AI 機械学習によるモーションコントロール技術、インテリIKを開発しています。
このインテリIKによって、VRのヘッドセットと左手、右手の僅か3点の位置センサーから、全身にモーションキャプチャを貼り巡らせたように自然で豊かなキャラクターの動きを生成し、没入感を大きく向上させることに成功しました。

株式会社オーパスは、12/1(土)開催のCEDEC+KYUSHU 2018にて上記インテリIKの出展および講演を行います。

【日時】
2018年12月1日(土)
10:00〜18:30(8:30より受付開始)

【場所】
九州産業大学 1号館(福岡市)

【講演】
開始時刻:13:30
開催場所:N201
登壇者名:林 哲緯、鈴木 隆志

講演内容:バーチャルYouTuberの動きをよりよくする、AI機械学習を利用した 「インテリIK」システム

【展示】

Oculus Rift と Oculus Touch を使った Live デモを行います。
簡単にキャラクターの腕の動きを確認できるデモを用意しました。
従来のIKと併せて表示・比較できます。

【CEDEC+九州2018 実行委員会】
株式会社レベルファイブ

株式会社サイバーコネクトツー

株式会社ガンバリオン

九州産業大学 芸術学部

CESA CEDEC運営実行委員会

【会社案内】
株式会社オーパス

1990年創業。長年培ってきたノウハウを基盤に、コンシューマゲーム、アーケードゲームからPCオンラインゲーム、スマートフォンアプリゲーム、STEAMなど様々なプラットフォームに向けたゲーム開発の受託事業、研究開発などを展開しています。また、受託開発の中で技術とスキルを身に付けてきた優秀な開発スタッフの人材派遣事業も展開。
二つの事業体制を促進し、ゲームメーカーや各種クライアント企業からのご要望にお応えしております。

http://www.opus.co.jp/

くらしを、より快適に。DIYが快適になる道具や工具をご紹介します。

富士通 WEB MART 大学生向けノートパソコン

東芝ダイレクト