配色:                          文字サイズ: 

メトロエンジン株式会社、マンスリーマンション管理ツール「マンスリーエンジン」の11月の新機能・アップデート情報をリリース

メトロエンジン株式会社、マンスリーマンション管理ツール「マンスリーエンジン」の11月の新機能・アップデート情報をリリース

契約の更新、支払いなど新しい機能が追加されました。

……………………………………………………………………………………………

メトロエンジン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:田中良介、以下:メトロエンジンhttps://info.metroengines.jp/)は、マンスリーマンション管理ツール「マンスリーエンジン」の新機能・アップデート情報をお知らせします。

2018年11月に提供開始されたマンスリーエンジンのおもな新機能・アップデート情報は以下のとおりです。

■わかりづらい箇所で説明が表示されるようになりました
 「i」アイコンへポインタを合わせると、項目についての説明が表示されるようになりました。

■日本語表記・英語表記を並行して登録できるようになりました
 物件情報や顧客情報を登録する際、日本語表記と英語表記で並行して登録できるようになりました。登録された両言語表記は、契約書や予約WEBページへも反映されます。

■契約の更新ができるようになりました
 契約期間を延長する「再契約」ができるようになりました。料金プランも延長するか、新しい料金プランにするかの選択も可能です。

■初回の支払い期日を指定できるようになりました

■人数超過の際の追加料金が設定できるようになりました
 基本料金で入居できる人数以上で入居する際の追加料金を設定できるようになりました。

■30日未満の契約の場合の、消費税の扱いを設定できるようになりました

■予約WEBページの中段へ、自由に文字情報を入力できるようになりました
 自社物件のアピールポイントや契約の流れなど、自由にお使いいただけます。任意の画像の登録も可能です。

※予約WEBページの予約機能およびユーザーマイページは、2018年内のリリース予定で開発を進めております。

■インポートされた予約情報をカレンダーで表示できるようになりました

「マンスリーエンジン」の詳細・新規登録はコチラ
https://monthlyengine.co

メトロエンジン株式会社について
メトロエンジン株式会社は、民泊事業者向けに民泊やマンスリーなど物件の短期貸し出しに対応したクラウド管理ツール「民泊ダッシュボード」「マンスリーエンジン」を提供。ホテル・旅館向けには、リアルタイムのビックデータから人工知能・機械学習を活用し客室単価の設定を行うレベニューマネジメントツール「メトロエンジン」の提供を行うなど宿泊事業者向けのサービスを提供しています。

「民泊ダッシュボード」
民泊など物件の短期貸し出しに対応したクラウド管理ツール
https://minpaku-dashboard.jp

「マンスリーエンジン」
短期賃貸物件のWEB掲載から契約まで一元管理できるクラウドツール
https://monthlyengine.co

「メトロエンジン」
リアルタイムのビックデータから人工知能・機械学習を活用し客室単価を導くレベニューマネジメントツール
https://metroengines.jp