配色:                          文字サイズ: 

建築ソーシャルメディア「BAUES」、サービスリリース開始3ヶ月で累計PICK数が5万件を突破!デザイン・技術・プロジェクト・イベント等建築の最新情報が集まり、瞬時に拡散

建築ソーシャルメディア「BAUES」、サービスリリース開始3ヶ月で累計PICK数が5万件を突破!デザイン・技術・プロジェクト・イベント等建築の最新情報が集まり、瞬時に拡散

〜設計・施工・不動産・ICT、様々な分野のユーザーが気になる記事をPICK〜

……………………………………………………………………………………………

2018年11月30日、建築ソーシャルメディア「BAUES (バウエス)」(代表:掛本啓太)の累計ピック数が5万件を突破しました。

▼建築ソーシャルメディア「BAUES(バウエス)| 建築をしる、とどける 」
https://www.baues.io

「BAUES」は、WEB、SNS、動画等、ネット上にある、あらゆる建築情報を自動で収集・整理するとともに、ユーザーが気になる記事をPICKして、多くの人に届けることができるプラットフォームです。9月のサービスリリース開始から、3ヶ月の期間、日々PICK数は増え続け、5万件の大台を突破しました。

「BAUES」の使命は、既存のメディアではできなかった建築情報の民主化です。建築に関わる情報を、誰もが自由に手に入れることができ、そして、自分の考えを広く、多くの人に届けることができるサービスを目指しています。

ICT・AI技術の導入や働き方改革が遅れていると言われている建築業界。そこで、「BAUES」は、設計・施工・不動産等の仕事・研究に従事する方のみならず、様々な分野・業種の方の視点・価値観を平等・公平に伝え、建築の未来を考え、変革の種につなげていきます。

なお、新たな情報カテゴリー「都市・まち」の設置や、その日の人気記事のメール配信サービス等も開始しました。今後も、より多くのユーザーに指示されるよう、リクエストを取り入れ、サービスを進化させていきます。
今後の「BAUES」にご注目ください。

【BAUESについて】
「建築」を切り口に幅広い情報を自動的に収集・整理し、だれでも無料で情報発信できるサービスです。また、自分で興味のある記事をピックしたり、コメントしたりできます。

▼建築ソーシャルメディア「BAUES(バウエス)| 建築をしる、とどける 」
https://www.baues.io

【関連情報】
・建築2.0時代のソーシャルメディア「BAUES(バウエス)」をローンチ!みんなの声で建築業界の体質を変えていく(2018年10月3日、ニュースリリース)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000037970.html