配色:                          文字サイズ: 

【FOXネットワークス】 2019年、ナショジオは“スターストラック 夜空の向こうへ”と題した宇宙特集を展開!その第一弾、ロン・ハワード製作総指揮『マーズ 火星移住計画2』が2月5日(火)より日本初放送!

2019年、ナショジオは“スターストラック 夜空の向こうへ”と題した宇宙特集を展開!その第一弾、ロン・ハワード製作総指揮『マーズ 火星移住計画2』が2月5日(火)より日本初放送!

……………………………………………………………………………………………

ドキュメンタリー専門チャンネル、ナショナル ジオグラフィック(運営:FOXネットワークス株式会社、本社:東京都品川区、代表取締役:西川高幹、以下ナショジオ)は、“スターストラック 夜空の向こうへ”と題した宇宙特集を2019年2月より展開いたします。2019年7月、アポロ計画で人類が初めて月面に降り立ってから50年を迎えます。“スターストラック 夜空の向こうへ”は、この記念すべき年に、視聴者のみなさまにもっと宇宙に親しんでいただきたいとの想いを込めて企画した特集で、宇宙への興味を掻き立てる番組を数多く放送します。その幕開けとなるのが、人類の火星移住をテーマにしたドキュメンタリードラマ『マーズ 火星移住計画2』です。

 『マーズ 火星移住計画2』は、アカデミー賞受賞監督ロン・ハワードが製作総指揮を務めるドキュメンタリードラマの最新シーズンです。シーズン1では2033年の近未来を舞台に、人類が初めて火星へ降り立ち、困難を乗り越えて定住を始めるまでの様子が描かれました。シーズン2では、科学者を中心とする初期クルーが定住を始めてから約10年後の火星に、民間企業のクルーが合流する場面からストーリーが始まります。研究のため火星の環境保全と慎重な行動を求める初期クルーに対し、民間企業のクルーが営利目的の強引な資源開発を進めたことで両者の間に対立が発生。異なる目的を持つ相手と共存する難しさが、火星という特殊な環境の中で浮き彫りになります。ドラマの展開に合わせて挿入されるドキュメンタリーでは、各分野の専門家が宇宙開発や火星移住への課題を語り、また、ドラマ内で描かれる人々の対立や火星開発の問題点を、現代の地球の環境問題と
対比しながら解説します。本作の制作にあたっては、多数の専門家による協力の下、舞台設定、美術、脚本、演技指導など細部にわたるまでリアリティを追及し、ドキュメンタリー専門チャンネルであるナショジオならではのクオリティが実現しました。また、『マーズ 火星移住計画2』の第1話を、2月5日(火)午後5時までの期間限定で番組公式ページ(https://natgeotv.jp/tv/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/2573)にてご覧いただけます。この機会にぜひご覧ください。

 これからもナショジオはあらゆる領域の“未知”へ挑み、宇宙、自然、動物、科学、そして時事など、幅広いジャンルのドキュメンタリー番組をお届けいたします。

<特集概要>
“スターストラック 夜空の向こうへ”
2019年7月、アポロ計画で人類が初めて月面に降り立ってから50年を迎えます。ナショジオではこの記念すべき年に、“スターストラック 夜空の向こうへ”と題した宇宙特集を展開。これから夏に向けて『マーズ 火星移住計画』など宇宙への興味を掻き立てる番組を毎週火曜午後10時に続々放送します。2019年、ナショジオは夜空の向こうに広がる無限の宇宙に迫ります。

<放送スケジュール>
『マーズ 火星移住計画2』 (全6話)
ナショナル ジオグラフィックにて放送
2019年2月5日(火)スタート 毎週火曜午後10時

■番組公式ページ : https://natgeotv.jp/tv/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/2573
※番組公式ページ内で、2/5(火)午後5時まで、第1話を無料でご覧いただけます。