配色:                          文字サイズ: 

「テレビ番組・映像制作に係る地雷を踏まない権利処理 」と題して、Field-R法律事務所 福地 研志 弁護士によるセミナーを2019年 2月27日(水) SSKセミナールームにて開催!!

「テレビ番組・映像制作に係る地雷を踏まない権利処理 」と題して、Field-R法律事務所 福地 研志 弁護士によるセミナーを2019年 2月27日(水) SSKセミナールームにて開催!!

新社会システム総合研究所(東京都港区 代表取締役 小田中久敏 以下SSK)は、2019年 2月27日(水)にSSKセミナールーム(東京都港区)にて下記セミナーを開催します。

……………………………………………………………………………………………

テレビ番組・映像制作に係る地雷を踏まない権利処理  〜現場の疑問に寄り添う生きた実践知識と見極め〜と題して、Field-R法律事務所 福地 研志 弁護士によるセミナーを2019年 2月27日(水) SSKセミナールームにて開催いたします!!

セミナー詳細
http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_19066.html

[講 師]
Field-R法律事務所 弁護士
福地 研志  氏

[日 時]
2019年 2月27日(水) 午後2時〜午後4時

[会 場]
SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F

[重点講義内容]
番組・映像制作における権利処理の重要性は語るに及ばず、しかし、きちんと理解することはなかなかに骨が折れることかもしれません。とはいえ、何もわからないまま「地雷」を踏み抜けば、その後の対応には大変な労力を要し、ときには取り返しのつかない事態を招きかねません。
本講演では、真っ先に「権利処理」の必要性に直面しがちな番組・映像制作の現場に携わる方向けに、著作権を中心とした頻出権利の基本的な説明とともに、実務上疑問・質問が出がちなポイントの解説も交え、「地雷」の在処を見極めるための「生きた」知識を皆様にお伝えします。

1.著作権の基礎: どんなときに著作権侵害となるか
(1)著作物: 子どもの絵に著作権が発生しても、キャッチコピーには発生しない?
(2)類似性・依拠性: 「アイデアをパクられた!」と言われても
(3)利用: 「著作権侵害」という言葉だけでは始まらない
(4)権利制限: 「引用」「映り込み」「報道利用」と言えばいいというわけでなく

2.配慮すべき権利: 著作隣接権、肖像権、パブリシティ権

3.応用編: 実際の現場の疑問から

4.質疑応答/名刺交換

【お問い合わせ先】
新社会システム総合研究所
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
Email: info@ssk21.co.jp
TEL: 03-5532-8850
FAX: 03-5532-8851
URL: http://www.ssk21.co.jp

【新社会システム総合研究所(SSK)について】
新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、創業以来20年以上 法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する情報提供サービスを主な事業としております。
SSKセミナーは、多様化するビジネス環境下で、ハイレベルな経営戦略情報、マーケティング情報、
テクノロジー情報等をスピーディーに提供し、事業機会の創出に貢献することを目的としております。
また、セミナー事業を軸に多様なビジネスを展開しており、
セミナー企画運営代行サービス・講師派遣、BtoB広告・受託調査・市場調査レポート販売・セミナーDVD販売等
お客様の事業の成功・拡大に必要な情報、サービスを提供しております。
SSKは常に最先端の情報を発信し、お客様の戦略パートナーであり続けます。