配色:                          文字サイズ: 

「持ち運べる電力!」北海道ガスとGREEN UTILITY モバイルバッテリーシェアリングで協業

「持ち運べる電力!」北海道ガスとGREEN UTILITY モバイルバッテリーシェアリングで協業

災害時の対策、究極の電源分散化に評価:スマホ充電サービスmochaを札幌市内に一気に展開

……………………………………………………………………………………………

北海道ガス株式会社(本社:札幌市中央区、代表取締役社長:大槻 博)とGREEN UTILITY株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:李 展飛)は、北海道内におけるモバイルバッテリーシェアリング事業「mocha(モチャ)」において協業を開始しました。観光客、インバウンド、道民の方のスマホなどのバッテリー切れを解消します。
2019年2月より札幌を中心とした、駅、ショッピングモール、飲食店、銀行などに約 30 箇所順次設置予定です。

スマホ充電サービスmochaにおいて、北海道ガスとGREEN UTILITYと協業

ホームページ https://mocha.jp
昨今、スマホの利用が拡大する一方で、スマホ内蔵バッテリーの持ち時間が問題となっています。また、2018年9月の震災でもGREEN UTILITY社はすぐでも札幌市へ、モバイルバッテリーを無料開放し、被災者や観光客たちに提供していました。
北海道ガス株式会社も、電気プランが提供していることから、一般消費者が一番受け入れやすい形で、「北ガスの電気」を認識してもらい、自社の電気プランをより広く知ってもらう狙いです。


スマホ充電サービスmochaの利用手順
mochaスマホ充電サービスは、2018年9月ローンチして以来、KDDI株式会社と白馬観光局との共同プロジェクトで、地域活性化及びインバウンド支援を目的に、昨年12月白馬駅にて22箇所のmochaステーションを展開しています。地元住民や観光客に大好評をいただいております。
今回、北海道ガス株式会社と共同展開した札幌プロジェクトは、GREEN UTILITY社が地方創生及びインバウンド支援の第2弾として実施することになります。
今後、引き続き、積極的地方やインバウンドの支援を念頭に、2020年までに日本全国1万箇所の展開を計画しています。

利用方法

「mocha」の利用方法は次のとおりです。
1.mocha専用アプリをダウンロード

iOS用アプリダウンロード
https://goo.gl/2jFjtL

アンドロイド用アプリダウンロード
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.shareasy.mocha

2.アプリを起動して会員登録して決済方法を登録
3.mochaステーションにあるQRコードをスキャン
4.排出されたモバイルバッテリーを持ち出し充電
5. 充電が終了したら、お近くのmochaステーション空きスロットへ返却

利用料金


業界初デポジットなし!毎日初回15分無料!

毎日初回15分無料
100円/1時間、1日上限500円
5日間未返却で3,000円で買取となります。(買取後もご自宅で充電可能です。)
支払方法は各種クレジットカードのほか、WeChat Pay、PayPay、 Alipay、Line Pay、 Amazon Pay、Apple Payなどを順次導入しています。

お問い合わせ
info@mocha.jp


業界初デポジットなし!業界最安値!毎日15分無料!

Facebookページ
https://www.facebook.com/mocha.japan/

Twitter
https://twitter.com/mocha_japan

Instagram
https://www.instagram.com/mocha_japan/

温泉旅行特集 びゅう