配色:                          文字サイズ: 

「未来予測と事業創造2020-2050」と題して、(株)クリエイシオン 代表取締役 高木 利弘 氏によるセミナーを2019年 2月22日(金) AP浜松町にて開催!!

「未来予測と事業創造2020-2050」と題して、(株)クリエイシオン 代表取締役 高木 利弘 氏によるセミナーを2019年 2月22日(金) AP浜松町にて開催!!

新社会システム総合研究所(東京都港区 代表取締役 小田中久敏 以下SSK)は、2019年 2月22日(金) にAP浜松町(東京都港区)にて下記セミナーを開催します。

……………………………………………………………………………………………

未来予測と事業創造2020-2050 〜アラン・ケイ「未来ビジョン」から混迷するIT革命の現状とビジネスチャンスを読み解く〜 と題して、(株)クリエイシオン 代表取締役 高木 利弘 氏によるセミナーを2019年 2月22日(金) AP浜松町にて開催いたします!!

セミナー詳細
http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_19079.html

[講 師]
株式会社クリエイシオン 代表取締役 高木 利弘 氏

[日 時]
2019年 2月22日(金) 午後2時〜午後5時

[会 場]
AP浜松町
東京都港区芝公園2-4-1

[重点講義内容]
「未来を予測する一番いい方法は、自らそれを創ることだ」というのは、「パーソナルコンピュータの父」アラン・ケイの有名な言葉です。そして実際、彼は自らの予測に基づいて未来を創造しました。アップル、マイクロソフトはもちろん、どのIT企業も、彼の「ダイナブック構想」の未来ビジョンなしには、今日の成功を収めることはできなかったのです。私たちは今、IT革命の激動に翻弄され、未来を予測することができずにいます。それは何故なのか?どうすればいいのか?その答えを解く鍵は、彼の「コミュニケーション・アンプリファイア(増幅装置)」という言葉にあります。今回のセミナーでは、アラン・ケイの卓越した未来ビジョンに基づいて、混迷するIT革命の現状を徹底的に解明し、「どうすれば未来を予測し、自らそれを創ることができるのか?」についてお話をします。

1.2018年12月 アラン・ケイ基調講演「IT25・50」シンポジウムを実施
2018年12月10日IT革命50年の歴史を振り返るアラン・ケイ基調講演/インターネット商用化25周年&ダグラス・エンゲルバートThe DEMO50周年「IT25・50」シンポジウムを日本全国で同時開催した歴史的意義

2.IT革命50年史からの未来ビジョン 〜コンピューター・パワー・トゥ・ザ・ピープル
大型コンピュータからパーソナルコンピュータ、スマートフォン、タブレット、そしてその先にある世界とは?IT革命50年を貫く歴史法則は、可視化・分散化によるコンピュータの民主化であり、一般市民中心社会への胎動である

3.アラン・ケイは「IT25・50」シンポジウムの基調講演で何を話したか?
人類が、IT教育をきちんと受けないままITと言う武器だけを手に入れたらどうなるか?それが、現状のIT革命混迷の最大の原因である。IT革命は、人類の知性を高め、協働して問題解決を図る目的で始まったことを思い出せ

4.未来予測の鍵「コミュニケーション・アンプリファイア(増幅装置)」
「コミュニケーションを増幅する、会話を活性化する」。それが、アップル製品の魅力であり、時価総額世界一企業を誕生させた鍵であった。世界を変革する魅力的な製品・サービス開発の秘訣、パワフルな事業創造の秘訣とは?

5.人類史とはコミュニケーション増幅装置の進化史である
祭政一致の古代国家、祭政分離の中世社会、国民皆兵・皆教育で富国強兵を目指す近代国家、いずれも人々を「同期」させ、協働を実現するコミュニケーション増幅装置の興亡史であった。では、創造すべき未来社会とは?

6.人工知能/IoT/ブロックチェーン/共感経済・・・最先端キーワードの意味
人工知能は人間の脳を模倣することで性能を飛躍的に向上させたが、実は人体そのものが巨大な水平分散型ネットワークであり、「同期」システムである。人類進化と未来社会創造の秘密を解く鍵は、40億年の生命史の中にある

7.人類の知性を高めるにはどうすればいいか?
既存の教科書教育に代わって、百人一首/競技かるたの驚異的な記憶力増強・知力増強パワーを世界標準カードゲームのトランプを合体し、世界的な次世代教育プラットフォーム構築を目指すColleCard「IT25・50」の概要

8.マネー主体社会からコミュニケーション主体社会への大転換
マネーは、人類が発明したコミュニケーション・ツールのひとつにすぎず、欠陥だらけのツールである。アラン・ケイの「コミュニケーション増幅装置」理論に基づき、理想的な未来社会を創造するにはどうすればいいかを考える

9.質疑応答/名刺交換

【お問い合わせ先】
新社会システム総合研究所
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
Email: info@ssk21.co.jp
TEL: 03-5532-8850
FAX: 03-5532-8851
URL: http://www.ssk21.co.jp

【新社会システム総合研究所(SSK)について】
新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、創業以来20年以上 法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する情報提供サービスを主な事業としております。
SSKセミナーは、多様化するビジネス環境下で、ハイレベルな経営戦略情報、マーケティング情報、
テクノロジー情報等をスピーディーに提供し、事業機会の創出に貢献することを目的としております。
また、セミナー事業を軸に多様なビジネスを展開しており、
セミナー企画運営代行サービス・講師派遣、BtoB広告・受託調査・市場調査レポート販売・セミナーDVD販売等
お客様の事業の成功・拡大に必要な情報、サービスを提供しております。
SSKは常に最先端の情報を発信し、お客様の戦略パートナーであり続けます。