配色:                          文字サイズ: 

「激動の中国自動車市場の最前線」と題して、みずほ銀行 湯氏によるセミナーを2019年3月6日(水)紀尾井フォーラムにて開催!!

「激動の中国自動車市場の最前線」と題して、みずほ銀行 湯氏によるセミナーを2019年3月6日(水)紀尾井フォーラムにて開催!!

新社会システム総合研究所(東京都港区 代表取締役 小田中久敏)は、2019年3月6日(水)に紀尾井フォーラム(東京都千代田区)にて下記セミナーを開催します。

……………………………………………………………………………………………

【戦略転換が迫られる】
激動の中国自動車市場の最前線
〜市場減速、NEV革命の実態と日本企業の対応〜

セミナー詳細
http://www.ssk21.co.jp/seminar/re_S_19062.html

[講 師]
株式会社みずほ銀行 国際営業部 主任研究員 湯 進 氏

[日 時]
2019年3月6日(水) 午後3時30分〜5時

[会 場]
紀尾井フォーラム
東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート1F

[重点講義内容]
新車販売10年連続で世界首位を維持した中国自動車市場は、
2018年に急減速し、28年ぶりにマイナス成長となった。
市場の変調は一過性の調整に過ぎないとの見方もあるが、
日本自動車関連企業の中国事業に否応なく影響を与え始めている。
一方、中国政府は、2019年に一定の割合で新エネ車(NEV)
生産を義務付けられるNEV規制を実施し、NEVシフト で
“2025年に自動車強国入り”との目標を掲げている。日本企業も、
中国市場の特性や政策動向を吟味したうえで、今後の中国事業の
あり方を再検討する必要がある。
本セミナーでは中国自動車市場の最新動向について解説し、
中国の“NEV革命”の実態を明らかにしたうえで、日本企業の
中国ビジネスを展望する。

1.自動車市場の急減速 〜今後の見方
2.市場競争の変化 〜国有企業統合の行方
3.中国NEV革命の正体 〜NEV規制・EV電池・自動運転
4.中国NEV業界の“2020年問題” 〜業界淘汰の荒波
5.日本自動車3社の攻め〜部品メーカーの対応
6.質疑応答/名刺交換

※論考はあくまで個人的見解であり、所属組織とは無関係です

【お問い合わせ先】
新社会システム総合研究所
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
Email: info@ssk21.co.jp
TEL: 03-5532-8850
FAX: 03-5532-8851
URL: http://www.ssk21.co.jp

【新社会システム総合研究所(SSK)について】
新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、創業以来20年以上 法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する情報提供サービスを主な事業としております。
SSKセミナーは、多様化するビジネス環境下で、ハイレベルな経営戦略情報、マーケティング情報、
テクノロジー情報等をスピーディーに提供し、事業機会の創出に貢献することを目的としております。
また、セミナー事業を軸に多様なビジネスを展開しており、
セミナー企画運営代行サービス・講師派遣、BtoB広告・受託調査・市場調査レポート販売・セミナーDVD販売等
お客様の事業の成功・拡大に必要な情報、サービスを提供しております。
SSKは常に最先端の情報を発信し、お客様の戦略パートナーであり続けます。