配色:                          文字サイズ: 

【川崎市】 川崎市・稲城市・府中市・国立市・立川市 5自治体共同プロモーションプロジェクト「なんぶりんぐ」 “「じゃない」を探すと「ナイス」が見えてくる”『じゃナイスタグラム・フォトコンテスト』結果発表

川崎市・稲城市・府中市・国立市・立川市 5自治体共同プロモーションプロジェクト「なんぶりんぐ」 “「じゃない」を探すと「ナイス」が見えてくる”『じゃナイスタグラム・フォトコンテスト』結果発表

〜Instagram投稿から選ばれたJR南武線沿線の魅力発掘フォトはこれだ!〜

……………………………………………………………………………………………

 JR南武線沿線の5自治体(川崎市・稲城市・府中市・国立市・立川市)で連携し、沿線の食・文化・芸術・観光などさまざまな魅力を発信するプロジェクト「なんぶりんぐ」。 2018年10月1日〜11月30日に各地域の新たな魅力を発掘しようと、Instagramで写真を募集する『じゃナイスタグラム・フォトコンテスト』を初開催しました。
 “「じゃない」を探すと「ナイス」が見えてくる”をコンセプトに、“武蔵小杉はお洒落なだけじゃない”、“雪原がきれいなのは北海道だけじゃない”など、市民も知らない意外な魅力を発掘した多くの投稿が集まりました。応募総数315件の中から選ばれた優秀作品を発表いたします。

『じゃナイスタグラム・フォトコンテスト』優秀作品

〜審査員(各自治体職員)からのコメント〜
自治体の職員もよく知っている場所。なのに「こんなところあったっけ?」と思わせる魅力的な写真に惹きつけられました!視点を変えるだけで、こうも変わるのかと職員全員が驚かされました。
「南武線沿線は良いところがあるんだぞ!」と自信をもって伝えられる、そんな6枚です!

市役所VS市役所「いいね」争奪戦も決着!

一般投稿だけではなく、なんぶりんぐ公式アカウント(@namburing)より南武線沿線5つの自治体が2018年8月〜11月の期間中、「じゃナイスタグラム」を投稿して、「いいね!」の数を競い合いました。

★結果発表★

★各自治体の「いいね!」が多かった投稿★

『じゃナイスタグラム・フォトコンテスト』実施概要

名称    : じゃナイスタグラム・フォトコンテスト
応募期間  : 2018年10月1日(月)〜11月30日(金)
応募テーマ :「じゃナイスな南武線沿線」
       Break the Image!南武線沿線で皆が持っているイメージ“じゃない”違った新しい
       イメージの“ナイス”な写真を大募集!イメージをくつがえすステキな瞬間、本当の姿、
今の景色を探そう。南武線沿線にはナイスがいっぱい!
応募方法  : (1)南武線沿線自治体シティプロモーション推進協議会インスタグラム公式アカウント
(@namburing)をフォロー
(2)南武線沿線(川崎市・稲城市・府中市・国立市・立川市)のイメージじゃないナイスな
写真を撮影
(3)インスタグラムのキャプションに以下のものを入れて投稿
1.撮影写真のじゃナイスなコメント(例:●●じゃナイスタグラム・・・)
2.#なんぶりんぐ
3.#撮影した場所(#生田緑地 #多摩川 など)
賞品    :5市にちなんだ賞品を組み合わせたセットを贈呈および南武線をPRするオリジナル
       ポスター素材として使用。2019年2月中、5市内各所に掲示。
主催者   :南武線沿線自治体シティプロモーション推進協議会
(川崎市・稲城市・府中市・国立市・立川市)

なんぶりんぐとは?

気ままに歩き回ること、そぞろ歩きといった意味の「ランブリング」と、JR南武線の「なんぶ」を掛け合わせた造語です。多くの方が南武線で行き来を楽しめるよう、南武線沿線の魅力情報をお届けしています。

ロゴマークは、5自治体の市章等が路線でつながっているデザインとなっています。

VAIO STORE G-Tune