配色:                          文字サイズ: 

【株式会社あさひ】 サイクルベースあさひ冠協賛『あさひスーパーママチャリGP2019』大会開催レポート

サイクルベースあさひ冠協賛『あさひスーパーママチャリGP2019』大会開催レポート

〜851台のママチャリで17,900人が富士スピードウェイを走る〜

……………………………………………………………………………………………

 お客様の快適な自転車ライフを提供する自転車専門店の株式会社あさひ(所在地:大阪市都島区、代表取締役社長 下田佳史)が冠協賛としてサポートした、「あさひスーパーママチャリGP-第12回ママチャリ日本グランプリ チーム対抗7時間耐久 ママチャリ世界選手権」が2019年1月12日(土)に開催されました。

 あさひスーパーママチャリGPは、FIA世界耐久選手権やSUPER GTなど自動車レースの舞台となる国際格式のレーシングコースを使い、最大10名のチーム内で交代しながら7時間を走りぬく、お正月恒例の自転車レースです。第12回を迎える今回、富士スピードウェイには総勢17,900人の参加者が集まり、851台のママチャリが7時間のレースに参戦しました。そして本年度は、昨年に引き続きチーム「キクミミモ-タースモキュ」が 51周(約232.7km)を走破し、4年連続7回目の優勝をかざりました。
 あさひでは2019年に創業70周年を迎えることから、会場内のブースにて、あさひ公式アプリをダウンロードいただいた方へ70周年記念オリジナルデザイン缶ドロップスをプレゼントいたしました。
 あさひはこれからも多くの方の自転車ライフをサポートし、自転車文化の発展に貢献してまいります。

あさひスーパーママチャリGPイベントレポート:https://blog.cb-asahi.co.jp/events/1471/

「第12回 ママチャリ日本グランプリ チーム対抗7時間耐久 ママチャリ世界選手権」概要

■正式名称:第12回ママチャリ日本グランプリ チーム対抗7時間耐久 ママチャリ世界選手権
■開催日程:2019年1月12日(土)
■会場  :富士スピ―ドウェイ 国際レーシングコース
      (静岡県駿東郡小山町中日向694 富士スピードウェイ国際レーシングコース)

2019年大会の様子
当日は、ママチャリとは思えないスピードで走り抜け高順位を狙うチームや、装飾したレース自転車とコスプレで目立つことに重きを置くチームなど、会場内は様々な参加者で賑わっていました。

株式会社あさひの大会での取り組み

■創業70周年記念ノベルティの配布

あさひのイベントブースでは、2019年に創業70周年を迎えたことから、あさひ公式アプリをダウンロードいただいた方を対象にイベント限定70周年記念オリジナルデザインの缶入りドロップスをプレゼントしました。

■レース中の「PITブース設置」による参加者バックアップ

参加者の皆様に安心してレースを楽しんでいただけるよう、PITブースを設置し、点検や修理を実施しました。

■記念撮影のためのフォトブースの設置

SNSへの投稿写真撮影や、イベントの記念撮影の場として、パドックエリアに特設フォトブースを設置しました。多くの方にご利用いただき、大会の盛り上がりに貢献することができました。

■入賞商品の贈呈

優勝チームには、賞品としてあさひとYAMAHAがコラボレーションした新商品の電動アシスト自転車「PAS Fiona」を、BESTパフォーマンス賞グランプリ受賞チームには、あさひオリジナルBMX「レユニオンインスティンクト24」を贈呈しました。

会社概要

社名:株式会社あさひ(代表取締役:下田佳史)
本社所在地:〒534-0011 大阪市都島区高倉町三丁目11番4号
連絡先:TEL 06-6923-2611(代) FAX 06-6922-1798
資本金:20億6,135万円(2018年2月20日現在)
事業内容:自転車専門店