配色:                          文字サイズ: 

【株式会社リンクスリサーチ】 細野祐二氏の”財務諸表危険度分析”による運用の評価を開始

細野祐二氏の”財務諸表危険度分析”による運用の評価を開始

株式会社リンクスリサーチは細野祐二氏と共同で運用評価を行う。細野氏が毎月行っている”財務諸表危険度分析”の結果を基に売買候補を選択し、継続的に運用パフォーマンスを評価する。

……………………………………………………………………………………………

株式会社リンクスリサーチは細野祐二氏と共同で運用評価を行う。
細野氏が毎月行っている”財務諸表危険度分析”の結果を基に売買候補を選択し、
下記のような条件で運用をした場合の評価を行う。

運用経過は随時弊社WEBサイトで公表する。

〇毎月ポートフォリオの構築

細野氏が毎月作成するレポートの財務評価を基にその時点の売買候補を選抜し、毎月PFを構築
第1号PFは2019年1月21日に発行したレポートを基にした”201901号”
第2号PFは2019年2月21日に発行予定のレポートを基にした”201902号”
とし、毎月1つのポートフォリオを作る。

第1号PFは1月のレポートを基に1月22日より開始している
以下のリンクより確認できる。
https://double-growth.com/hosono_yuji_hyouka/

〇売買候補の選択条件
1.財務諸表危険度分析の評価による選択
売り候補:評価”危険”となったもの
買い候補:評価”安全”かつ評点0(マイナスがない)のもの

2.ファンドの運用を想定し、貸株がある企業が対象となるように以下の条件を設定する
・時価総額200億円以上
・1日当たりの売買代金が5日平均が1億円以上

3.6か月と短期の運用の為、テクニカル指標を参考にする
短期的に上がりすぎ、または下がりすぎた企業は除外する。

4.銘柄数のバランスをとる
売りと買いの銘柄数を同じにする。
結果として2銘柄程度の売りと買いの組み合わせとなると思われる。
月に1度の財務評価により、”危険”に評価されるのは5社程度。
その中から2.および3.の条件をクリアする企業は数社にとどまる。

5.実際に投資するため”売り”、”買い”共に100万円に近づくように株数を設定する。

〇運用ルール
1.運用期間は6カ月
2.6か月後に反対売買によってポートフォリオをクローズする。
3.ロスカットの場合のみ6カ月を待たずに反対売買を行い、
ポートフォリオをクローズする。
ロスカットの条件はPFの損失-30%に達した場合とする。

*細野祐二氏について
細野祐二の公式ホームページ

https://yuji-hosono.com/

”財務諸表危険度分析”について
https://yuji-hosono.com/about-analysis-of-window-dressed-financial-statememts/
細野祐二氏は毎月100社の財務諸表危険度分析を行い、その分析結果についてレポートを配信している。
1月20日には第11回の分析レポートを配信した。

細野氏はこれまで、ライザップグループ、ソフトバンク、LIXIL、スルガ銀行などの
財務諸表を”危険”と評価し、事前に警鐘をならしてきた。発表以降、各社の株価は下落している。

*財務諸表危険度分析レポートの評価を運用に生かすことができるか検証するのが趣旨であり、
掲載企業の株式の売買を推奨するものではありません。

会社名 株式会社 リンクスリサーチ
所在地 東京都中央区八丁堀
設立 2017年10月20日
代表者 代表取締役 小野和彦
URL https://links-research.com/
事業内容
 投資に関するスクールの企画及び運営
 理数教育及び一般教養教育に関する一切の業務
 企業価値の算定に関する業務
 インターネットに関する総合コンサルティング業務
 インターネットを利用した各種情報提供サービス
 投資に関するセミナーの開催