配色:                          文字サイズ: 

【株式会社UZUZ】 転職希望者は年末年始に急増|20代の「第二新卒」に聞いた転職活動事情

転職希望者は年末年始に急増|20代の「第二新卒」に聞いた転職活動事情

転職が多い職種は「営業」、業種は「建設・不動産」という結果に。

……………………………………………………………………………………………

  第二新卒・既卒・フリーターといった、20代若手に特化した人材紹介事業を運営する株式会社UZUZ(ウズウズ)[本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡本 啓毅]は、20代の第二新卒(就業経験が3年以内)を対象に転職活動に関するアンケート調査を行いました。

■第二新卒の転職活動が最も活発になるのは「年末年始」
 次の理由から年末年始になると、20代若手を中心に転職活動が活発化する傾向があります。
1.冬季ボーナスの支給
 日本経済新聞によると全産業の平均支給額は83万4391円。1975年の調査開始以来最高額であり、前年比は3.28%増で、6年連続で前年を上回ったという結果が出ております。20代の若手人材には、ボーナスをもらうまでは転職を延期し、もらってから転職活動を開始するという方が多い傾向にあります。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38745610Q8A211C1MM8000/
※2018/12/11 日本経済新聞電子版

2.長期休暇中のため、転職活動を行う時間がある
年末年始の長期休暇を利用して、転職サイトや人と会うことで、転職活動の情報を集めている方が多く存在しています。また、休暇中は時間もあるため、実際に選考を受けることもできるようです。

3.転職のきっかけとなる機会が多い
長期休化になると、帰省をしたり、地元の友人に会う機会も増えます。その際、友人の仕事と自分の仕事を比較してしまったり、自分の将来を考え直す機会が自ずと増えます。結果として、転職活動を始めたり、情報収集を始めるという人が多くなります。

【調査結果サマリー】

第二新卒として転職活動を行っている方の3人に1人が営業職。前職の業界は「建設・不動産業界」が最多の回答。
第二新卒として転職活動を行っている方の2人に1人が前職への志望度が高かったと回答。しかし、退職理由として一番多い回答は「仕事が自分に合わなかった」という結果に。
再就職する上で求める条件は、「ワークライフバランス」「良好な人間関係」が多くを占めた。一方、「会社の規模」や「知名度」を求める割合は低い結果に。

【過去の調査結果】
https://uzuz.jp/news/release_181011/

【調査概要】
調査の方法:キャリアカウンセリングにお越しいただいた際にアンケートを実施
調査の対象:キャリアカウンセリングにお越しいただいた20代の転職活動中の男女
有効回答数:297名
調査実施日:2018/09/28〜2018/12/27

Q1.前職の職種は何ですか?(在職中の方は現職の職種をお答えください。)

Q2.前職の業種は何ですか?(在職中の方は現職の業種をお答えください。)

 第二新卒で転職活動を希望している297名のうち、前職もしくは現職が「営業(29.5%)」と回答した人が一番多い結果となりました。次いで「サービス(19.3%)」「技術・専門職(13.9%)」「事務系(9.8%)」の順番で多い結果となりました。
 総合職採用をされることの多い新卒就活で、営業職を志望していない方が営業職配属になり、希望と違う職種という事で転職していることが考えられます。また、営業は転勤も多く、入社後の配属先が地方となってしまい、転職というケースも多い印象です。

 また業界では、「建設・不動産業界(12.5%)」が一番多い回答となり、次いで「情報通信・インターネット業界(12.2%)」「医療・介護・美容業界(9.5%)」という結果となりました。その他の回答としては、ホテル・観光業界、スポーツ業界、冠婚葬祭業界などが上がりました。

Q3.在籍期間はどのくらいでしたか?

 第二新卒で転職活動を希望している297名のうち1年未満で退職を決める人が50.7%という結果となりました。前回の調査時は入社後半年未満の方が半数を占めていましたが、今回の調査のタイミングでは新卒の方も半年以上経過しているため、このような結果になったと考えます。
▼前回の調査リリースはこちら
https://uzuz.jp/news/release_181011/

Q4.前職の企業規模はどのくらいでしたか?(在職中の方は現職の企業規模をお答えください。)

 第二新卒で転職活動を希望している297名の前職もしくは現職の企業規模は、前回の調査と同じく大きく差が出ない結果となりました。企業規模は大きく関与しないようです。

Q5.前職への入社時の志望度はどのくらいでしたか?

 第二新卒で転職活動を希望している297名のうち、前職もしくは現職の志望度が高かったと回答した人は67.8%という結果となりました。

Q6.退職理由は何ですか?(3つまで)

 第二新卒で転職活動を希望している297名の重要な退職理由は、「仕事が自分に合わなかった(12.8%)」と回答した人が1番多い結果となり、次いで「ワークライフバランスが取れなかった(12.1%)」「社風が合わなかった(12.1%)」「労働時間が長かった(11.5%)」が多いという結果となりました。福利厚生や給与が不満で転職をするというよりも、社風や人間関係などで転職を検討する傾向が分かりました。

 Q5の調査結果では入社時の志望度が高かったのに対し、退職理由は「仕事が自分に合わなかった」という理由が多く、入社後のギャップが大きかったと考えられます。

Q7.退職したのはどちらに原因があったと感じますか?

 第二新卒で転職活動を希望している297名のうち、退職した原因は自分側にあったと考える人が多いことが分かりました。Q5、Q6の調査結果でもあるように、入社後のギャップで退職する方も多く、入社前に業界や仕事、働き方について事前に業界研究や職種研究を実施することで対応ができたと考えている人が多いようです。

Q8.再就職する会社に求めるものはなんですか?(3つまで)

 第二新卒で転職活動を希望している297名のうち、再就職する会社に求めるものは「休日の多さ(16.8%)」が一番多い回答となり、次いで「良好な人間関係(12.7%)」「ワークライフバランス(12.1%)」「給料(10.6%)」という結果となりました。一方で、「会社の規模」や「知名度」を求める割合は低い結果にとなりました。

■株式会社UZUZ(ウズウズ)について 

 「新卒至上主義」の日本において、若者が自身のキャリアをより魅力的なものにするために、第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人紹介&就活サポートを行うベンチャー企業です。就活サポートにおいて「定着率(入社後、短期離職せず定着する率)」に重点を置いており、そのためにも求職者の能力、志向性、経歴に合わせたオーダーメイド型の就活サポートを実施しています。また、社会人の基礎となる「ビジネススキル講座」や希望職種ごとに「テクニカルスキル講座」を実施することで入社後のスキル面や業務理解度におけるミスマッチを軽減するサポートも取り入れています。今後はeラーニングシステムを導入し、より教育面のサポートを充実させていくことで、より一層マッチング精度を上げていく展望もあります。

商号:株式会社UZUZ
代表者:代表取締役社長 岡本 啓毅
本社所在地:〒160-0023 東京都新宿区西新宿3丁目11-20オフィススクエアビル新宿3階
大阪事業所:〒550-0011 大阪府大阪市西区阿波座1-3-18エッグビル本町2階201号
設立:2012年2月
事業内容:若手人材(第二新卒・既卒・フリーター)に特化した人材紹介事業/20代に特化した退職支援事業
企業サイト:https://uzuz.jp/
サービスサイト「ウズウズカレッジ」:https://uzuz-college.jp/
YouTubeチャンネル「ウズカレch」:https://www.youtube.com/channel/UCRDj3fsO4eEwh1yHgRoRiww