配色:                          文字サイズ: 

【FWTジャパン株式会社】 【フリーライドスキー・スノーボード】小野塚彩那、佐々木悠が世界5大大会Freeride World Tourに参戦

【フリーライドスキー・スノーボード】小野塚彩那、佐々木悠が世界5大大会Freeride World Tourに参戦

浜和加奈と合わせツアー参戦は史上最大の3名に

……………………………………………………………………………………………

フリーライドスキーとスノーボードの世界選手権を欧州・北米・南米・オセアニア・アジアで展開するFreeride World Tour(FWT)(本社:スイス・ルトリー)は、小野塚彩那(女子スキー)、佐々木悠(男子スキー)の2名を、世界のトップ50名のみが出場できる最高峰の大会、Freeride World Tourにワイルドカードとして全戦招待することを決定しました。

昨年度に好成績を収め、既に参戦が決まっている浜和加奈(女子スノーボード)と合わせて、参戦している日本人選手の人数は3名となり、24年の歴史を持つFWTにおいて最大となります。

佐々木、小野塚の2名は、1/19(土)に白馬村で行われた世界の5大大会の開幕戦、Freeride World Tour Hakuba 2019およびその前哨戦として1/14(月)に行われた予選シリーズFreeride World Qualifier Hakuba3*で好成績を収め、ワイルドカードを付与されました。

今シーズンのFWTのスケジュールは以下のようになります。
第二戦 2/2-8 キッキングホース、カナダ
第三戦 2/22-28 フィーバーブルン、オーストリア
第四戦 3/2-8 ヴァルノードアルカリス、アンドラ
最終戦 3/23-3/31 ヴェルビエ、スイス ※アンドラ大会までの順位で上位の選手のみ出場可


小野塚彩那

<小野塚彩那プロフィール>
新潟県南魚沼市出身。2歳からスキーを始め、アルペンと基礎スキーのトップ選手として活動後、2011年よりハーフパイプに種目を転向。2014年ソチ五輪で銅メダル。ワールドカップでは2度の種目別総合優勝。2017年世界選手権金メダル獲得など輝かしい成績を残す。2大会連続出場となった2018年平昌五輪では5位入賞を果たす。
1/14(月)に行われた予選シリーズFreeride World Qualifier Hakuba3*で競技フリーライド初挑戦ながら優勝。


佐々木悠

<佐々木悠プロフィール>
高校卒業後、カナダウィスラーに渡りフリーライドスキーに打ち込む。スノーモービルを駆使して広大な氷河を駆け回り、ビックマウンテンフリーライドの撮影を行なう。
国内外の競技フリーライドの大会でも好成績を収めている。
2017年 ジャパンフリーライドオープン(白馬) 優勝
2018年 Freeride World Qualifier Hakuba 優勝
2019年 Freeride World Qualifier Hakuba 優勝
Freeride World Tour Hakuba 2019で世界の強豪を抑え4位。

佐々木悠は、「フリーライドシーンが海外から日本に入ってきて、大会も増えており、これがスキーの文化として根付いてくれたら良いと思います。」とコメントしている。

【Freeride World Tour(FWT)とは】
FWTは1996年にスイスで第一回大会が行われ、その規模はフリーライドファンの増加と共に拡大。現在は世界で唯一最大のフリーライドの世界ツアーとなりました。(2017年は男女・スキー・スノーボード・予選・ジュニア合わせて5600人以上の選手が世界を転戦し、合計150大会が欧州・北米・南米・オセアニア・アジアで実施されています。)
FWTは、日本国内でも長野県白馬村で1/19(土)に行われた世界の5大大会の一つ、Freeride World Tour Hakubaをはじめ、舞子リゾート、キロロリゾート、ロッテアライリゾート、白馬コルチナスキー場で、予選シリーズ(Freeride World Qualifier)、ジュニア部門(Freeride Junior Tour)など9つのイベントを開催しています。

ウェブサイト
http://freerideworldtour.jp/ (日本)
https://www.freerideworldtour.com/ (インターナショナル)

【フリーライドスキー・スノーボードについて】
フリーライドは、ゲレンデ滑走だけでなく山の自然な地形を楽しむ新しいウィンタースポーツのスタイルで、世界及び日本でも人気が高まっています。特に日本の質の高い大量のパウダースノーは海外で「Japow」(Japan + Powder Snow)と呼ばれ、日本は最高のフリーライド体験が得られる国の一つとして国際的に認知されてきています。