配色:                          文字サイズ: 

【SAIGATE株式会社】 日本のエンターテイメントコンテンツを世界に! 大きな挑戦。

日本のエンターテイメントコンテンツを世界に! 大きな挑戦。

エンターテイメントコンテンツ創作プラットフォームSAIを運営するSAIGATE株式会社の次の展開。

……………………………………………………………………………………………

才能あるクリエイターを発掘し、エンターテイメントコンテンツ制作の川上から川下までを手掛けるSAIGATE株式会社は、新たなる事業展開を構築中。

 SAIGATE株式会社は、有能なクリエイターを発掘、プロデュースし複雑な権利を一元管理して収益を最大化し、最適に分配するプラットフォームSAIを運営する会社です。

 このSAIスキームでのエンターテイメントコンテンツ制作には大きな特徴があります。このスキームを利用することで、権利を一元管理し、収益を最大化する仕組みでエンターテイメントコンテンツを製作することが可能になります。また、SAIGATE株式会社は業界のプロフェッショナルが集まっている集団で、コンテンツの展開先を劇場だけではなく海外も含めた様々な販売チャネルを確保しているためライセンスの一元管理がキーとなっています。

 昨年公開した映画「ヌヌ子の聖★戦 〜HARAJUKU STORY〜」もSAIGATE株式会社独自の製作により業界関係者に評判となりました。また、この先一元管理している権利を用い、海外の映画祭への出品や、海外、特にアジアへの展開や2次、3次利用を計画しています。上映をメインにするという従来のモデルではなく、息が長いエンターテイメントコンテンツを開発し、クリエイターをはじめ製作にかかわった関係者の利益を最大化していくことが狙いです。

 さらに、SAIGATE株式会社は初期のビジネス展開として新たなサービス展開を打ち出しています。
コンテンツ製作には、大まかには資金調達、制作、告知、流通といった工程が存在し、そのそれぞれにおいて細かく専門性の高いスキルが必要とされる業務が内包されています。現在の日本のエンターテイメント業界において、それぞれの業務自体のレベルが高いことは言うまでもないのですが、全工程を把握している人間が非常に少ないのが現状です。また、前工程と後工程を理解している人間の少なさが日本のエンターテイメントコンテンツ製作の現場で大きな問題になっているとSAIGATE株式会社は考えています。

 SAIGATE株式会社は今回の映画製作の経験の他に、元々業界内に強いコネクションがあり、それぞれの分野での卓越した能力を持っている人材とのコネクションがあります。Aという仕事は一流でもBができない、そういったスキルをSAIの中にためていき、Aという仕事を欲する人にAを、BがなければBをといった具合に、SaaS型のサービス、不足している領域を必要なだけ使うことのできるサービスの展開を計画しています。

常に新しい問題を発見し解決していくSAIGATE株式会社ならではの事業展開から目を離せません。

【SAIGATE株式会社概要】
HP : https://saigate.co.jp/
SAIGATE株式会社は独自の制作スキームと資金調達スキームを活用し様々な分野に展開しやすいライセンス構造を確立し日本のエンターテイメント業界の革新を創造します。

エンターテイメントに関わる人が参加し、新しいコンテンツを創り出す総合プラットフォームの運営を目指しています。日本のメディア構造の変革を目指し、才能のあるクリエイターの発掘や、世界に誇る日本のコンテンツの海外競争力を高めていくサービスを企画しています。