配色:                          文字サイズ: 

Blue Prism、AI専門研究所を設立し研究開発(R&D)能力をより一層強化、AI機能を組み込んだ製品ロードマップを発表

Blue Prism、AI専門研究所を設立し研究開発(R&D)能力をより一層強化、AI機能を組み込んだ製品ロードマップを発表

単一の包括的AI搭載プラットフォームでより迅速に、より賢いオートメーションの提供をサポートする、Blue Prismの新たな研究所

……………………………………………………………………………………………

Blue Prism株式会社は、本日、ロンドンに本部を置くAI専門研究所が始動したことを発表し、AI機能を組み込んだ製品ロードマップ戦略の概要も明らかにしました。これにより、Blue Prismはロボティックプロセスオートメーション(RPA)市場でのリーダーシップを示すさらなる一歩を踏み出し、製品の差別化をより強化しました。Blue PrismのConnected-RPA(コネクテッドRPA)構想を推進するBlue Prism研究所には、様々なAI分野の博士号レベルの科学研究者およびエンジニアが結集しています。このワールドクラスの専門家集団が、AI機能を組み込んだBlue Prism製品の開発を推進します。

*当報道資料は、2019年1月24日(現地時間)に、英国ロンドン/米国テキサス州オースティンにおいて発表されたプレスリリースの抄訳です。原文と本抄訳の差異に関しては、原文が優先いたします。予めご了承下さい。

【2019年1月31日】 世界中で新たな働き方を実現するデジタルワークフォース、RPAソフトウェアのリーディングプロバイダーであるBlue Prism(〔AIM: PRSM〕(https://www.blueprism.com/investors)、本社:英国ロンドン、CEO:アレスター・バスゲート)の日本法人であるBlue Prism株式会社(本社:東京都港区、社長:ポール・ワッツ)は、本日、ロンドンに本部を置くAI専門研究所が始動したことを発表し、AI機能を組み込んだ製品ロードマップ戦略の概要も明らかにしました。これにより、Blue Prismはロボティックプロセスオートメーション(RPA)市場でのリーダーシップを示すさらなる一歩を踏み出し、製品の差別化をより強化しました。Blue PrismのConnected-RPA(コネクテッドRPA)構想を推進するBlue Prism研究所には、
様々なAI分野の博士号レベルの科学研究者およびエンジニアが結集しています。このワールドクラスの専門家集団が、AI機能を組み込んだBlue Prism製品の開発を推進します。

Blue PrismのConnected-RPA構想は、改善マインドを持った従業員が高度なデジタルワークフォースを活用することによって、より創造力と革新的な力を発揮する「デジタルイノベーター」となり、変革的なサービスの考案、設計、そして迅速に導入するような場でより活躍できることを目指します。Blue PrismのAI研究所およびAI機能を組み込んだ製品ロードマップは、Connected-RPA構想の一環としてBlue Prismデジタルワークフォースの能力を向上させ、インテリジェントオートメーションプロセスを合理化し、1つのビジネスプロセスに対して複数のソリューションを統合・実装する手間を省くことができる単一のプラットフォームを提供します。

Blue PrismのConnected-RPA構想の原動力
Blue PrismのAIを組み込んだ製品戦略が重視するのは、すべて揃った単一のAI搭載プラットフォームでプロセスを自動化し、よりスマートかつ迅速にプロセスを構築できるよう企業をサポートすることです。主な特徴と機能は次のとおりです。

・ あらゆる形式のデータの理解 – 製品機能に機械学習を組み込み、高度な文書処理モジュールおよび文書理解モジュールで構造化データや非構造化データを取り込むことで、より一層の自動化を可能にします。

・ 自動化設計の簡略化 – コンピュータービジョンと強化学習の最先端の技術を活用して、より自然に操作環境とやり取りできるようにし、安定した自動化の構築をより容易に行えるよう導きます。

・ ヒューマンアシストオートメーション – 私たち人間とデジタルワークフォースとの境界を極力なくし、互いに協力し、学び、適応できるようにします。

Blue Prismの技術責任者であるコリン・レッドボンド(Colin Redbond)は次のように述べています。「私たちが現在人工知能と捉えているさまざまなものは、数年以内に商品化されるでしょう。Connected-RPAプラットフォームとパートナーシップ戦略によって、お客様はGoogle、Microsoft、IBMといった私たちのパートナーのベストオブブリードAIをすでに活用しています。それでもなお、お客様は私たちが提供するプラットフォームでより一層自動化できることを望んでいます。私たちのプラットフォームでAI製品を選択すればすべて解決というわけにはいきません。私たちはAI研究所を立ち上げ、未解決のままになっていてお客様や製品戦略に最も大きく関係する問題の解決に重点的に取り組めるよう、最高の人材を確保しました」

Blue Prism研究所:「デジタルイノベーター」を育てる
お客様が実際に抱えている問題に取り組み、コネクテッドイノベーション企業を築くという構想を推進していく目的で、Blue Prism研究所はAIの研究に取り組み、RPA研究開発の能力を押し広げます。この専門チームは、Blue PrismのConnected-RPAプラットフォームに組み込める新たなAIテクノロジーの開発を担い、そしてプラットフォームへの統合までの道筋も支援します。Blue Prism研究所は、グローバルアカデミアプログラムの一環として、教育機関との直接協力も拡大していく予定です。

Blue Prismの研究部長であるジャック・カリ(Jacques Cali)は次のように述べています。「私たちの使命は、インテリジェントで人間から学べる順応性のあるデジタルワーカーを作り上げて、複雑なタスクやプロセスを誰もが自動化できるようにすることで、人間がデジタルイノベーターとしての力を発揮することです。コンピュータービジョン、自然言語処理や強化学習などの分野の最高の人材を結集し、世の中を変え、社会に有意義な影響を与えられるよう、アカデミックパートナーと共に取り組んでいます」

詳細については、2019年4月3日〜4日にロンドンで開催予定のBlue Prism World (https://blueprismworld.com/) で、Blue Prismのビジョンおよび今後の製品強化についてより詳しい内容をご確認いただけます。また、Blue PrismのConnected-RPAによって、コネクテッドイノベーション企業へと生まれ変わったお客様の生の声をお聞きいただくこともできます。世界最大規模のRPAフォーラムとなるBlue Prism Worldイベント (https://blueprismworld.com/social-video/) は、またとないネットワーキングの機会ともなるでしょう。ご参加をお待ちしております。

Blue Prismについて
新規参入企業が市場を変革させることも珍しくないこのデジタル時代に生き残り、成功できるのは、状況に応じて的確かつ迅速に対応し、革新を進める企業だけです。ロボティックプロセスオートメーション(RPA)を世界に先駆けて開発してきたBlue Prismは、信頼できる安全なインテリジェントオートメーションとしてフォーチュン500に名を連ねる企業や公共機関に採用されてきました。そして今、Blue Prismは、企業のデジタルイノベーターが更なるイノベーションの力を得られるようDigital Exchange(DX)アプリストアがサポートするConnected-RPA(コネクテッドRPA)を提供します。

Blue PrismのConnected-RPAはミッションクリティカルな業務の自動化を可能にし、従業員がよりクリエイティブで意義ある仕事に専念できるようにします。現在、1,000社を超える主要企業のお客様がBlue Prismのデジタルワークフォースを活用しており、その結果、数億もの時間をビジネスに還元しつつ、何十億もの処理の自動化が実現されています。

Blue Prism(AIM:PRSM)の詳細は、www.blueprism.com/japanをご覧ください。また、Twitter @blue_prism (https://twitter.com/blue_prism) やLinkedIn (https://www.linkedin.com/company/blue-prism-limited
)でBlue Prismをフォローしてください。