配色:    

【カルビー株式会社】 47都道府県の「地元ならではの味」をポテトチップスで再現 地元を愛するお客様・地方自治体・カルビーが共創 島根の味『ポテトチップス 赤てん味』 3月4日(月)発売!

47都道府県の「地元ならではの味」をポテトチップスで再現 地元を愛するお客様・地方自治体・カルビーが共創 島根の味『ポテトチップス 赤てん味』 3月4日(月)発売!

魚のうまみと唐辛子のピリッとした辛さが楽しめる!

……………………………………………………………………………………………

カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:伊藤 秀二)は、島根県浜田市の特産品「赤てん」の味わいを再現した『ポテトチップス 赤てん味』を数量限定・期間限定で2019年3月4日(月)、島根・鳥取・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知(9県)で発売します。また、カルビー直営店及びアンテナショップでも随時、販売予定です。商品は無くなり次第終了となります(4月中旬終売予定)。

【開発経緯】

カルビーは、47都道府県の「地元ならではの味」を開発する「(ハート) JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトを発足し、2017年度に地元の味を再現したポテトチップスを発売しました。2年目となる2018年度も、前年度に引き続き3回(第1弾、第2弾、第3弾)に分けて47都道府県の味のポテトチップスを順次発売します。2018年度の第3弾となる島根の味『ポテトチップス 赤てん味』は、取り組みをさらに進化させ、地元を愛するお客様からインターネット上で募集した味案をもとに、島根県庁にてワークショップや試食会を行い、味やパッケージを決定しました。お客様から出された味案は、「赤てん」と「しじみの味噌汁」に人気が集中しました。魚のうまみとピリッとした唐辛子の辛さがポテトチップスとの相性が良かったため、「赤てん味」に決定しました。

【商品特長】

●「赤てん」は、魚のすり身に赤唐辛子を練りこみ、パン粉をまぶして揚げた、島根県浜田市の特産品です。赤唐辛子が入っていることから「赤てん」という名前になったと言われており、お酒ともよく合うのでおつまみとしても人気です。本商品は、「赤てん」の魚のうまみと唐辛子のピリッとした辛さが楽しめるポテトチップスです。
●パッケージは、浜田市の伝統芸能、石見神楽の演目「大蛇」を背景にし、島根県観光キャラクター「しまねっこ」も登場して、島根県らしさが伝わるデザインにしました。裏面では、石見神楽の魅力を紹介しています。

【開発担当者のコメント】
「赤てん味」は、魚のすり身の味をベースに、その周りについているパン粉の香ばしい香りと玉葱の甘味、また食べた後にのどにくる辛味を表現しております。外側は焼いているのですが、中は生っぽいすり身が特徴のため、どこまで香ばしさをだすか、どこまで生感をだすかなどを試行錯誤し、味が喧嘩しないように気を付けました。
また、試作品に対して、県民の方からは「もっと辛味を強くして欲しい」という要望をいただき、「赤てん」同様にのどにくる辛味を強く感じられる商品にしました。お酒にとても合うと思いますので、ぜひお召し上がりいただければと思います。

2月14日、島根県庁にて知事表敬を行いました
【商品概要】
商品名:ポテトチップス 赤てん味
内容量:55g
エネルギー:304kcal
JANコード:4901330536664
価格:オープン(想定価格 税込み120円前後)
発売日:2019年月3月4日(月)
※実際の発売日は販売店によって多少遅れる場合がございます。
※店舗によっては、お取扱いのない場合や、売り切れで販売終了の場合がございます。
販売エリア:島根・鳥取・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知(9県)
直営店・アンテナショップ:千歳・札幌・東京・原宿・新宿・吉祥寺・海老名・西武所沢
             千葉・エキスポ・心斎橋・神戸・広島・博多・沖縄

プレスリリース提供元:株式会社 PR TIMES
プレスリリース内の画像は、全て株式会社 PR TIMESから提供されているものになります。