配色:    

【三栄書房】 オートスポーツ[保存版]創刊1500特別記念号 2月15日(金)発売

オートスポーツ[保存版]創刊1500特別記念号 2月15日(金)発売

レース専門誌『オートスポーツ』がクルマ関連誌で日本最多(※)の通巻1500号で平成30年間のレース史を振り返る!(※2019年2月「クルマジャンル」を対象とした当社調べ)

……………………………………………………………………………………………

日本でもっとも歴史ある自動車レース専門誌『auto sport』(発行:株式会社三栄書房)は、2月15日(金)に創刊1500記念号を発売。この号ではA4ワイド版(297×232mm/オールカラー100ページ)の他に、特別付録として“通常号と同じボリューム”のA4変形版(284×210mm/84ページ)がついてくる。価格は号数にちなんで1500円(本体価格)。

A4ワイド版では、平成30年間のレース界を振り返りつつ、世界と戦ったドライバーやエンジニアから「未来へのメッセージ」を聞く構成。

日本人で初めて世界三大レースのひとつインディ500を制した佐藤琢磨を筆頭に、元F1ドライバーの片山右京、峠からル・マン24時間にまで駆け上がった土屋圭市らドライバーのほか、いまなお最前線で戦う技術者にも「世界と戦うために何が足りなかったか」「将来、世界と戦う日本人へのエール」などをインタビューしている。

また、平成30年間に発売されたオートスポーツの表紙総覧や平成の終わりに世界を制したマシンのビジュアルギャラリーなども掲載されており、保存性の高い一冊となっている。

特別付録
A4変形版(特別付録)は、先日、GT500からの引退を発表した本山哲の独占インタビューを掲載。あの、星野一義に次いで“日本一速い男”の異名を持つ本山が「告白。」と題したページで、今回の発表に至るまでの「決断と葛藤」を赤裸々に語っている。モータースポーツファンならば、絶対に手に入れておきたい一冊だ。

「創刊1500記念号」(A4ワイド版)に、通常ボリュームで中身充実の「特別付録」(A4変形版)がついてくる!

特別プレゼント
なお、誌面では1500号を記念して、F1日本GPの観戦チケット(2名1組)、インディ観戦ツアー(1名)、WEC富士観戦チケット(2名1組)、スーパーGT第2戦グリッドウォーク付き観戦チケット(2名1組)などの豪華読者プレゼントを実施している。

概要
auto sport
3/1号 (No.1500)【創刊1500号記念号】
2019年2月15日発売
定価1,620円 (本体価格1,500円)
三栄書房
https://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=10712

プレスリリース提供元:株式会社 PR TIMES
プレスリリース内の画像は、全て株式会社 PR TIMESから提供されているものになります。