配色:    

【公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団】 あざみ野サロンvol.65「春にして君を想うII」(大宮臨太郎 × 奥村愛)

あざみ野サロンvol.65「春にして君を想うII」(大宮臨太郎 × 奥村愛)

ふたりのヴァイオリニストで贈る名曲プログラム!

……………………………………………………………………………………………

春はすぐそこ!3月17日(日)にアートフォーラムあざみ野で開催するコンサートをご紹介します。

2018年3月開催「春にして君を想う」(ゲスト:岩崎洵奈)に引き続き、今年もNHK交響楽団の俊英・大宮臨太郎の室内楽公演がアートフォーラムあざみ野で実現。盟友、人気ヴァイオリニスト・奥村愛をゲストに迎えて、J.S.バッハ「2つのヴァイオリンのための協奏曲」などヴァイオリン・デュオの名曲に、ふたりが持ち寄るソロ・レパートリーを加えてお届けします。二挺のヴァイオリンが織りなすアンサンブルをお楽しみください。
さらに多方面へ活動の幅を広げている、ピアニスト・河野紘子も協演します。それぞれの個性が光るソロ曲にも注目です。

プログラム

【ヴァイオリン・デュオ】
J.S.バッハ:2つのヴァイオリンのための協奏曲
モンティ:チャールダーシュ
【大宮臨太郎ソロ】
ドビュッシー:ヴァイオリンソナタ
【奥村愛ソロ】
ガーシュウィン/ハイフェッツ編:歌劇「ポーギーとベス」より
【河野紘子ソロ】
ガーシュウィン:アイ・ガット・リズム

プロフィール

大宮臨太郎 Rintaro Omiya /ヴァイオリン
1981年横浜市生まれ。辰巳明子・堀正文の両氏に師事。桐朋学園大学在学中にNHK交響楽団のオーディションに合格。2000年、第69回日本音楽コンクール3位。同年、ミレニアム・ニュークラシックオーディション1位並びに審査員特別賞。2001年第1回仙台国際音楽コンクールにおいて5位入賞、併せて聴衆者賞受賞。2002年フランスで行われたメニューイン国際ヴァイオリンコンクールで2位受賞、翌2003年にはプラハの春国際音楽コンクール(チェコ)でファイナリストとしてチェコフィルハーモニーと協演している。小沢征爾音楽塾、同キャラバンコンサート、サイトウキネンフェスティバルなどに参加。国内外のオーケストラ、室内楽と共演している。2005年にウィーン・ヴィルトゥオーゼンと共演、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲を演奏した。これまでにマイスターミュージックを中心に数々のCDを発表。最新作は『コダーイ:二重奏曲』
(2017)。NHK交響楽団フォアシュピーラー(次席奏者)。ストリングカルテット響、紀尾井ホール室内管弦楽団メンバー。

奥村愛 Okumura Ai /ヴァイオリン
7歳までアムステルダムに在住。桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースで学ぶ。辰巳明子、ライナー・ホーネックの各氏に師事。第68回日本音楽コンクール第2位など受賞多数。2002年、デビューCD『愛のあいさつ』発表。一躍楽壇の注目を集める。以来Avex Classicより数々のCDをリリース。近年は渡辺香津美や小沢健二らの新作レコーディングに参加。国内の主要オーケストラや、世界各国のオーケストラとの共演を多数重ねている。「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」「富士山河口湖音楽祭」をはじめ、国内の音楽祭に多数参加。リサイタル活動の傍ら「キッズのためのはじめての音楽会」をプロデュース。自身のライフワークとして位置付け、長年に渡り全国各地で上演を続けている。また国内の気鋭の弦楽器奏者たちで構成された「奥村愛ストリングス」としても活発に活動。自然体なトークも好評を得ており、テレビやラジオへの出演も多い。
桐朋学園芸術短期大学非常勤講師。佐藤製薬の「エクセルーラ」イメージキャラクター。

お問合せ先

横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団)
TEL:045-910-5656
FAX:045-910-5674
メールアドレス:info@artazamino.jp

プレスリリース提供元:株式会社 PR TIMES
プレスリリース内の画像は、全て株式会社 PR TIMESから提供されているものになります。