配色:    

【株式会社東京ニュース通信社】 松尾スズキが綴った裏平成史!? 漫画家・河井克夫とのTV Bros.連載コラムがついに完結!

松尾スズキが綴った裏平成史!? 漫画家・河井克夫とのTV Bros.連載コラムがついに完結!

書籍『さよならお婆ちゃん』(松尾スズキ/著) 2月20日(水)発売

……………………………………………………………………………………………

この度、雑誌「TVガイド」や「TV Bros.」を発行する株式会社東京ニュース通信社は、2月20日(水)に書籍『さよならお婆ちゃん』(松尾スズキ/著)を発行いたします。

「さよならお婆ちゃん」(東京ニュース通信社発行)

『大人計画』主宰、作家・演出家・俳優・映画監督の松尾スズキと漫画家・河井克夫によるTV Bros.連載「お婆ちゃん!それ、偶然だろうけどリーゼントになってるよ!!」の書籍化第4弾。平成という時代を駆け抜けた、松尾スズキ史上最も長く続いた連載コラムもついに完結。朝ドラで、歯医者で、結婚生活で、サウナで、主演舞台で、のたうちまわる男の5年間の記録。50代となってもジャンルを問わず精力的に活動する松尾スズキのあられもない姿がここに! 巻末には松尾スズキと河井克夫によるスペシャル対談も収録。


著者:松尾スズキ

【著者プロフィール】
著者:松尾スズキ(マツオ スズキ)
1962年福岡県生まれ。1988年に「大人計画」を旗揚げ。主宰として多数の作・演出・出演を務めるほか、エッセイや小説の執筆、映画監督など活動は多岐にわたる。1997年、『ファンキー!〜宇宙は見える所までしかない〜」で第41回岸田國士戯曲賞を受賞。2008年、映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』の脚本で第31回日本アカデミー賞最優秀脚本賞受賞。これまで小説『クワイエットルームにようこそ』(2006年)、『老人賭博』(2010年)、『もう「はい」としか言えない』(2018年)が芥川賞候補作となる。2019年には監督4作目となる長編映画『108〜海馬五郎の復讐と冒険〜』(監督、脚本、主演)の公開が控える。

漫画:河井克夫(カワイ カツオ)
1969年愛知県生まれ。漫画家、イラストレーター。1995年雑誌『ガロ』でデビュー。著書に『ブレーメン』『女の生きかたシリーズ』『日本の実話』、松尾スズキとの共著『読んだはしからすぐ腐る!』『ニャ夢ウェイ』、原作を務めた『金の靴銀の魚』(作画・市川ラク)などがある。俳優として舞台、ドラマ、CMにも出演。出演作にNHK連続ドラマ小説『半分、青い。』などがある。著作『久生十蘭漫画集 予言・姦』が第21回文化庁メディア芸術祭【審査委員会推薦作品】に選出された。

【商品情報】
「さよならお婆ちゃん」
● 発売日:2019年2月20日(水)※一部、発売日が異なる地域がございます
● 定 価:本体1,500円+税
● 仕 様:四六判、ソフトカバー
● 発 行:東京ニュース通信社
● 発 売:徳間書店

全国の書店、ネット書店、弊社TOKYO NEWS magazine&mook(https://zasshi.tv/)にてご購入いただけます。

プレスリリース提供元:株式会社 PR TIMES
プレスリリース内の画像は、全て株式会社 PR TIMESから提供されているものになります。