配色:    

分散型台帳ソフトウェアScalar DLのコントラクト開発支援ツール「Scalar DL Emulator」を公開

分散型台帳ソフトウェアScalar DLのコントラクト開発支援ツール「Scalar DL Emulator」を公開

……………………………………………………………………………………………

株式会社Scalar(東京都新宿区、代表取締役CEO兼COO:深津航、代表取締役CEO兼 CTO山田浩之、以下「Scalar社」)は、Scalar DLにおけるコントラクト開発を支援するツール「Scalar DL Emulator」を公開しました。

Scalar DL Emulatorについて
 Scalar DL Emulatorは、台帳データの保存に耐改ざん性を有するデータベースを用いる代わりに、書き換え可能なローカルメモリ上のデータ構造を用いることにより、効率的なコントラクト開発を支援するツールです。当該ツールを用いることにより、作成したコントラクトの実行およびテストをローカル環境で高速かつインタラクティブに行うことが可能となり、従来の方法と比較して、コントラクト開発における作業効率を大幅に改善することができます。

【ご利用方法】
GitHubにてAffero General Public License (AGPL) のもとで公開されています。 

https://github.com/scalar-labs/scalardl-emulator

ローカル環境で開発・テストしたコントラクトはScalar社がホスティングするScalar DLの共有環境であるScalar DL Sandboxで実際の動作を確認することができます。 Scalar DL Sandbox は以下のURLから申請することにより利用できます。

https://scalar-labs.com/sandbox/

Scalar DLについて
 Scalar DLは、Scalar社が開発する分散型台帳ソフトウェアです。Scalar DLは、電子署名が付与されたスマートコントラクトを分散トランザクションの形式で実行し、その実行結果を複数の独立したコンポーネントで連鎖的に管理することで高い耐改ざん性を実現します。また、従来のブロックチェーンでは実現が困難であった高いスケーラビリティ、強い一貫性、確定性を実現しており、本格的なエンタープライズシステムにおいて求められる要件を満たします。Scalar DLは、現在オンプレミスおよびAmazon Web Service上での利用が可能であり、今後は多様なクラウド環境での利用が可能となる予定です。

株式会社Scalarについて
代表取締役CEO兼COO:深津航
代表取締役CEO兼CTO:山田浩之
設立:2017年12月
事業内容:分散型台帳ソフトウェアの研究開発及び提供
HP:https://scalar-labs.com/

プレスリリース提供元:株式会社 PR TIMES
プレスリリース内の画像は、全て株式会社 PR TIMESから提供されているものになります。