配色:                          文字サイズ: 

裁判費用クラウドファンディング「Readyfor VOICE」 を開始。第一弾として「同性婚違憲訴訟」に関するプロジェクトを公開

裁判費用クラウドファンディング「Readyfor VOICE」 を開始。第一弾として「同性婚違憲訴訟」に関するプロジェクトを公開

……………………………………………………………………………………………

READYFOR株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役CEO:米良はるか)は、裁判費用やアドボカシー、社会実験、政治活動など新しい社会の実現に向けたアクションをサポートするプログラム「Readyfor VOICE」を開始いたします。
また「Readyfor VOICE」第一弾プロジェクトとして、一般社団法人Marriage For All Japan が実施する「同性婚違憲訴訟」に関する裁判費用を集めるプロジェクトを公開いたしました。
(特設ページ URL: https://readyfor.jp/pp/voice

■Readyfor VOICE
Readyfor VOICEは、世の中に”声” をあげ、新しい社会を実現、課題解決をしていくために必要なクラウドファンディングを専門にサポートします。第一弾の裁判費用クラウドファンディングを皮切りに、アドボカシー、社会実験、政治活動など新しい想いの乗ったお金の流れを作っていきます。

■プロジェクト概要
「日本で同性婚も求める訴訟を応援してください!」
実行者 :一般社団法人 Marriage For All Japan
目標金額:500万円
公開終了:2019年2月14日(木)〜5月15日(水)23時
資金使途:訴訟費用、イベント運営費用
概要  :日本で生活する13組26名の同性カップルが「同性カップルが結婚(法律婚)できないのは憲法違反である」として、東京・大阪・名古屋・札幌の地方裁判所にて一斉に国を提訴します。
訴訟に向けて結成された「結婚の自由をすべての人に」訴訟弁護団は、全国各地で活動する弁護士33名からなり、憲法24条1項が保障する「婚姻の自由」および憲法14条が保障する「法の下の平等」を、この訴訟の争点としています。国が「同性カップルが結婚できる法律」を作らないのは違法(立法不作為)であるとし、同性カップルが受けている精神的な被害に対する慰謝料を請求する(国家賠償請求)訴訟を起こします。
(URL:https://readyfor.jp/projects/MFAJ

■READYFOR株式会社について
READYFOR株式会社は、「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」をミッションに日本初・国内最大のクラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営しています。2011年3月のサービス開始から9,700件以上のプロジェクトを掲載し、55万人から76億円以上の資金を集め、国内最大級のクラウドファンディングサービスとして、中学生から80代の方まで幅広い方々の夢への一歩をサポートしています。(2019年2月時点)「カンブリア宮殿」をはじめ様々なメディアに掲載され、2016年6月サービス産業生産性協議会が主催する第1回日本サービス大賞優秀賞を受賞。

楽天西友ネットスーパー