配色:                          文字サイズ: 

金融庁が仮想通貨取引所のGMOコインに対して、業務改善命令の解除など動きがみられる。流出事件も続出するなか大丈夫なのか??取引所、弁護士、エンジニアの専門家と共に検証する。

金融庁が仮想通貨取引所のGMOコインに対して、業務改善命令の解除など動きがみられる。流出事件も続出するなか大丈夫なのか??取引所、弁護士、エンジニアの専門家と共に検証する。

田口仁(DMM Bitcoin)、小飼弾(ディーエイエヌ)、河合健(弁護士)、喜屋武ちあき(アイドル)が語る。

……………………………………………………………………………………………

「真相解説!仮想通貨NEWS!」は、2月14日(木)25時30分〜、第16回 『仮想通貨に対する不安要素はまだまだある!』を放送します。
(制作協力:エイトプロダクト、Coo、R-StartupStudio)

2018年は金融庁から業務改善命令が23回あり取引所に規制がはいりましたが、GMOコインの業務改善命令の解除があったと13日にロイター紙から報じられた。

昨年は流出事件がコインチェック、Zaifと流出事件が相次いだが大丈夫なのか??

他にも仮想通貨の脆弱性、信用の裏付けなど、不安要素を取引所、弁護士、エンジニアと各有識者から国内外の最新の詐欺手法について検証する。

さっそく仮想通貨の不安要素について、喜屋武氏に聞いてみると、一般人には分からないことがそもそも多すぎる。

「不安要素がないなんて誰がそんなこと言えるのでしょう?」とごもっともな意見が飛び出します。

ただ、ここで河合弁護士が今年ははっきりしてくることが多いので、ユーザーは安心して利用できるような体制が築けると話をしてくれます。

「いったい何が決まるのか?」は放送をお楽しみに。

しかし、DMM Bitcoinの田口社長が気になることを言い出します。

なんと「仮想通貨の分散台帳自体の容量問題が見過ごせない」ということで、なんと”そもそも実装ができるかが分からない”可能性が浮き彫りになります。

仮想通貨の不安が改めて注目される中、伝説のエンジニアと評され現在VALUのシステムアドバイザーも務める小飼弾氏が「そもそも設問自体がクソなんです!」と突然の暴言。

しかし、この言葉に隠された仮想通貨の可能性と、法定通貨の不安要素を洗い出すきっかけとなります。

”番組のテーマが揺らぐ事態”に榎本アナが思わず困惑する中、仮想通貨の根本に迫る放送回になりました。

具体的な内容は第16回の「真相解説! 仮想通貨ニュース!」2月14日(木)25時30分から放映されますので、是非あなたの目で真相をお確かめください。

また、番組の公式Youtubeチャンネルができました。

BS11が視聴できない方にもご覧いただけるように期間限定で”過去の放送”も含め全て公開しているので、チェックしてくださいね。

⇒ http://bit.ly/2CI0iGh

《番組概要》

■タイトル:真相解説!仮想通貨ニュース!

■出演者:田口仁(DMM Bitcoin)、小飼弾(ディーエイエヌ)、河合健(弁護士)、喜屋武ちあき(アイドル)、 MC 堀潤 榎本麗美

■毎週木曜日25:30〜:放送後、番組YouTubeチャンネルで配信予定

■公式LINE@
http://bit.ly/2CI3mT1
ID:@k.news

見逃した放送もLINE@から配信しています。
また、非公開映像もありますので、気になる方は登録してくださいね。

※「視聴者」とトークするとキーワード返信で第15回年始の特別企画『視聴者に変わって質問します』の視聴リンクが届きます。

出演者: 栢森加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)、設楽悠介(幻冬舎”あたらしい経済”編集長)、フクロウ・セグレゲウテッドウィットネス(クリプトカレンシーガールズ)、柳澤賢仁(国際税理士)

◆携帯の方は◆下記QRコードより『真相解説!仮想通貨NEWS!【公式】」のLINE@にご登録ください。

■番組公式サイト
https://www.bs11.jp/news/cryptocurrency-news/