配色:                          文字サイズ: 

10回目記念展! 「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」第一弾 招待アーティスト8組が決定! 〜3月1日(金)からお得な「早期割引券」の販売開始〜

10回目記念展! 「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」第一弾 招待アーティスト8組が決定! 〜3月1日(金)からお得な「早期割引券」の販売開始〜

……………………………………………………………………………………………

六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治 阪神電気鉄道株式会社100%出資)は、2019年9月13日(金)から11月24日(日)まで現代アートの展覧会「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」を開催します。現代アート作品を通じ、六甲山の魅力を再発見してもらう事を大きなテーマにした展覧会です。

これまでに通算300組を超えるアーティストが出展し、10回目の節目の開催となる本年もアートと出会う発見や驚きとともに“新しい六甲山の魅力”をお伝えできればと思っています。
この度、第一弾の招待アーティスト8組が決定いたしましたのでお知らせします。
また、本展開催にあたり、有料5施設をお得に周遊できる鑑賞チケットの「早期割引券」を3月1日(金)〜6月30日(日)の期間に販売します。

植松琢麿「big horn sheep-palette」六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019
≪招待アーティスト≫
市川平(いちかわたいら)、伊藤存(いとうぞん)、植松琢麿(うえまつ たくま)、OBI(おび)、小出(こいで)ナオキ、佐川好弘(さがわ たかひろ)、松蔭中学校・高等学校 美術部(しょういんちゅうがっこう・こうとうがっこう びじゅつぶ)、山口典子(やまぐち のりこ)(2019年2月14日現在)
※本年は招待・公募アーティスト含め約40組が出展予定です。なお公募アーティストを5月7日(火)まで募集しています。詳しくは( http://www.rokkosan.com/art2019/ )をご確認ください。


花田千絵 「ほどけるとき」 六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018
◆六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019「早期割引券」の販売について
【販売価格】
[早期割引券]
大人(中学生以上)1,800円、小人(4歳〜小学生)900円
※当日券は大人2,200円、小人1,100円
[早期割引券+表六甲周遊乗車券]
大人(中学生以上)3,150円、小児(6歳〜中学生未満)1,580円
※表六甲周遊乗車券:六甲ケーブル往復+六甲山上バス乗り放題(2日間有効)
【販売期間】2019年3月1日(金)〜6月30日(日)
【販売場所】イープラス、チケットぴあ、JTBレジャーチケット、JTB電子チケット(PassMe!)

六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019 第一弾 招待アーティスト
アーティスト名:市川平(いちかわたいら)


第一弾 招待アーティスト

1965年 東京都生まれ
1991年 武蔵野美術大学大学院修了
1988年「ドームのないプラネタリウム」を制作、 それ以降現代的なモチーフを選び彫刻でありながら様々な素材、要素を取り入れ、いわゆるSF的な物語性を感じさせる作品群を作り続けている。

アーティスト名:伊藤存(いとうぞん)


第一弾 招待アーティスト

1971年 大阪府生まれ
1996年 京都市立芸術大学美術科構想設計専攻卒業
刺繍作品をはじめとして、アニメーションや小さな立体制作などメディアにとらわれない制作を行なっている。また、近年は自然物などを加工することから始める作品制作にも積極的に取り組んでいる。

アーティスト名:植松琢麿(うえまつ たくま)


第一弾 招待アーティスト

1977年 金沢市生まれ
2000年 関西大学卒業
2001年以降、国内外の美術館やギャラリーで作品を発表。自然科学や哲学における興味から、生命や社会への新たな視点をさまざまなメディアと手法で表現する。

アーティスト名:OBI(おび)


第一弾 招待アーティスト

2017年 結成
美術作家・鈴木泰人、建築家・本間智美によって組織された現代芸術活動ユニット。
建築家による場・仕組みづくりと、美術作家による内側の見えない/見えにくい素材を題材にした表現活動を併せ持つことで、社会課題を題材にしたプロジェクトにおいて、会話・対話を軸にして入口から出口までを創り出している。

アーティスト名:小出(こいで)ナオキ


第一弾 招待アーティスト

1968年 愛知県生まれ
1992年 東京造形大学造形学部美術学科卒業
主に FRP、セラミック、木などを用い、愛らしくもどこか不気味で不思議な立体作品で自身とその家族を作品化している。小出の作品には、詩情にあふれ自伝的でありながら鑑賞者の記憶を本質的に刺激するような魅力をもっている。

アーティスト名:佐川好弘(さがわ たかひろ)


第一弾 招待アーティスト

1983年 大阪府生まれ
2005年 大阪芸術短期大学部専攻科修了
漫画の表現にある、遠近に飛び出す文字を造形に取り入れ、感情やコミュニケーションにまつわる事象を、立体造形やパフォーマンスなど、様々な表現で発表する。

アーティスト名:松蔭中学校・高等学校 美術部(しょういんちゅうがっこう・こうとうがっこう びじゅつぶ)


第一弾 招待アーティスト

1894年 創立、神戸市を拠点に活動
松蔭中学校・高等学校は神戸にある由緒正しい女子校。放課後、美術室にはちょっと変わったメンバーが集まってくる。得体のしれない笑いのツボにはまり抜け出せなくなっている者、試合のスケジュールとにらめっこしている運動部員・・・そんな彼女たちから生まれいずる混沌エネルギーを六甲山に召喚し実体化する。

アーティスト名:山口典子(やまぐち のりこ)


第一弾 招待アーティスト

1983年 神戸生まれ
2007年 京都市立芸術大学大学院絵画専攻油画修了
都会を生きる人々の集団を私は描いている。全員が同じ方向に向かっていて、それをだれも疑わない。でも絵画という窓枠の、その外にいる集団の中でたった一人だけ、私の存在に気をとめるのだ。そして恋が始まるとそれはそれで面白いね。

■六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019開催概要
※2019年2月14日(木)現在の情報です。変更が生じた場合はwebサイト( http://www.rokkosan.com/art2019/ )で発表します
【会期】2019年9月13日(金)〜11月24日(日) ※会期中無休
【開催時間】10時〜17時 ※会場により営業時間が異なります。17時以降も鑑賞できる作品があります。
【会場】
六甲ガーデンテラス、自然体感展望台 六甲枝垂れ(しだれ)、六甲山カンツリーハウス、六甲高山植物園、六甲オルゴールミュージアム、六甲ケーブル、天覧台、六甲有馬ロープウェー(六甲山頂駅)、風の教会(グランドホテル 六甲スカイヴィラ会場含む)、記念碑台(六甲山ビジターセンター)
※プラス会場「TENRAN CAFE」の展示作品の見学は、カフェのご飲食利用が必要です。
【料金】
5つの有料会場をお得に巡ることができる「鑑賞チケット」を発売

鑑賞チケット
※小人:4歳から小学生。小児:6歳から小学生(六甲ケーブル、六甲山上バスは6歳未満無料)。
※各施設に通常入場した場合大人3,070円、小人1,830円になるため大変お得なチケットです。
※本チケットで有料5施設(「自然体感展望台 六甲枝垂れ」「六甲山カンツリーハウス」「六甲高山植物園」「六甲オルゴールミュージアム」「風の教会」)にそれぞれ会期中1回の入場(当日は再入場可)が可能です。更に、有料5施設に入場後も、当日以外のお好きな日に、いずれかの有料施設に更に1回入場できる特典つきです。(2020年3月31日(火)まで ※本展終了後一部入場できない施設あり)
※「鑑賞チケット」には六甲ケーブル及び六甲山上バスの運賃、「TENRAN CAFE」での飲食料金は含まれていません。
※イープラス、チケットぴあ、JTBレジャーチケット、JTB電子チケット(PassMe!)では早期割引券、前売券を販売します。
※【鑑賞チケット代金 + 乗車券付】:鑑賞チケットと、六甲ケーブル往復と六甲山上バス2日間乗り放題(大人1,350円/小児680円)がセットになったお得なチケットです。
【主催】
六甲山観光株式会社、阪神電気鉄道株式会社
【総合ディレクター/キュレーター】
高見澤清隆 六甲オルゴールミュージアム シニアディレクター

■会場とロケーション
「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」は、六甲山上の観光施設を主な会場としています。六甲山の自然とアート作品を楽しみながら、オルゴールの澄んだ音色や高山植物園の紅葉など個性的な施設それぞれの魅力もお楽しみいただけます。各会場は、六甲山上バス(路線バス:有料)の他、徒歩での移動も可能です。
■作品イメージ


作品イメージ

六甲山ポータルサイト http://www.rokkosan.com

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/6592_30a860c19053c39031d1cb02601c346f5c044e66.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1