配色:                          文字サイズ: 

9年ぶり!六甲山に新レジャー施設誕生!フォレストアドベンチャー・神戸六甲山 4月13日(土)新登場!

9年ぶり!六甲山に新レジャー施設誕生!フォレストアドベンチャー・神戸六甲山 4月13日(土)新登場!

……………………………………………………………………………………………

六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治 阪神電気鉄道株式会社100%出資)は、六甲山上に新たなレジャー施設自然共生型アウトドアパーク「フォレストアドベンチャー・神戸六甲山」を開設します。六甲山上のレジャー施設の開設は自然体感展望台「六甲枝垂れ」以来9年ぶりになります。

フォレストアドベンチャーとは、自然の立木の地上2〜15mの位置に設置されたプラットフォームと呼ばれる足場に落下防止の安全器具を装着したうえで登り、アスレチックやジップスライドを交えながら空中散歩を楽しんでいただく新しいアドベンチャースポーツです。スリルと爽快感、そして達成感を味わうことができ、子供から大人まで楽しめるのが特徴です。

六甲山では、安全性の高いシステムを利用している「キャノピーコース」を導入し、小さなお子様から大人の方まで、幅広い年齢層から気軽に挑戦していただけます。アスレチックは全長約220mのジップスライドをはじめ、全6サイト、37アクティビティ(別途ブリーフィングコース有)を設置します。フォレストアドベンチャー・神戸六甲山を通じて、国立公園「六甲山」の魅力向上を図り、六甲山の活性化に努めて参ります。

フォレストアドベンチャー イメージ
■フォレストアドベンチャーとは…
フォレストアドベンチャーは、1997年にフランス・アヌシー郊外でスイスの企業研修用としてアルタス社が開始した野外遊園施設です。自然の樹木や地形を生かした自然共生型施設として、日本では2006年8月にフォレストアドベンチャー・フジが第一号施設としてオープンし、現在国内では30施設営業しています。利用者は専用のハーネスを着用し、定められたルールの中、自己責任で樹の上の世界を満喫していただきます。
<フォレストアドベンチャー・神戸六甲山 営業概要>
【営業期間】4月13日(土)〜11月17日(日)(予定)
【営業時間】10:30〜17:00(15:00受付終了)所要時間 約2時間
【休園日】6月6日(木)までの木曜日(5月2日(木)は営業)、9月5日(木)、12日(木)
【利用料】大人・小人一律 3,700円(税込)
※六甲山カンツリーハウス入園料込み
※当日受付 3,500円(税込、大人・小人一律、カンツリーハウスの入園料<大人620円、小人310円>別途要)
【コース】キャノピーコース(利用条件:身長110cmかつ小学校1年生以上、体重130kgまで)
【予約】事前予約制 3月1日(金)からweb及びTelで予約受付予定(空きがあれば当日受付可)

<フォレストアドベンチャー・神戸六甲山 エリアマップ>


フォレストアドベンチャー・神戸六甲山 エリアマップ
<フォレストアドベンチャー コース紹介>

フォレストアドベンチャーには、ご利用条件や難易度、安全システムによって「アドベンチャーコース」「ディスカバリーコース」「キャノピーコース」の3つに分かれています。この度六甲山では「キャノピーコース」を導入します。

(参考)
◆アドベンチャーコース
森の高低と特徴を生かした最も難易度の高いコースです。
対象:身長140cm以上もしくは小学校4年生以上、体重130kgまで

◆ディスカバリーコース
樹の上で自ら安全確保するセルフビレイを使用したコースです。
アドベンチャーコースよりは易しく、キャノピーコースよりは高い設定の難易度になります。
対象:身長110cmかつ小学校1年生以上、体重130kgまで

◆キャノピーコース(神戸六甲山)
シンプルで扱い易い安全器具と、アトラクションの高さや難易度をやや抑えているので、より幅広い方にご利用いただくことができます。お子様から大人の方まで、幅広い年齢層に体験いただけるのが特徴です。六甲山では大人の方も十分楽しめるコースになっております。
対象:身長110cmかつ小学校1年生以上、体重130kgまで

<六甲山上施設 開業年表>


フォレストアドベンチャー・神戸六甲山 ロゴ

六甲山ポータルサイト http://www.rokkosan.com

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/6628_c8bd41b01033e593a011b09995baa038db5e8aa5.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1