配色:                          文字サイズ: 

【いちご株式会社】 「第3回 大学生対抗IRプレゼンコンテスト」審査員特別賞受賞(慶應義塾大学×いちご)のお知らせ

「第3回 大学生対抗IRプレゼンコンテスト」審査員特別賞受賞(慶應義塾大学×いちご)のお知らせ

……………………………………………………………………………………………

当社は、CSR活動の一環として、2019年2月13日に開催されました「第3回 大学生対抗IRプレゼンコンテスト」に協賛いたしました。本イベントは、学生投資連合USICに所属する大学の各投資サークルが、上場企業の企業概要、成長の魅力を取材および調査研究し、IR資料の作成、プレゼンを行うことを通じて、金融リテラシーを高めることを目的としたものです。抽選の結果、当社は、慶應義塾大学 実践株式研究会とのマッチングが決定し、コンテストにおいて「審査員特別賞」を受賞いたしましたので、お知らせいたします。

1. 本イベントの概要

本イベントは、学生投資連合USICが主体となり、日本証券業協会、日本取引所グループ、公益社団法人日本アナリスト協会等の後援により企画され、第3回を迎える今回は、10大学13の投資サークルと2つのJ-REITを含む12の企業の参加により行われました。
当社は、投資への高い関心と意欲を持つ大学生への支援とともに、大学生の目線による当社を知ることで、今後のIR活動に活かすことを目的として参加を決定し、昨年10月より活動を支援してまいりました。コンテストでは、慶應義塾大学 実践株式研究会の皆様の高い意欲と努力が実り、「審査員特別賞」を受賞いたしました。

この度、本イベント事務局より、当日のプレゼンの模様を動画にて受領いたしましたので、是非ご参照ください。https://youtu.be/GCPgbKY4Ggg
また、慶應義塾大学 実践株式研究会の皆様が作成された資料も、当社ホームページに掲載いたしましたので、併せてご参照ください。
www.ichigo.gr.jp/wp/wp-content/uploads/2019/02/Ichigo_Student_IR_Presentation_Contest_Material_JPN.pdf

2. 慶應義塾大学 実践株式研究会 代表 佐藤 徳真さんの感想

いちご株式会社とこのIRプレゼン大会に臨むことができて、本当によかったと思います。多くの社員の方々のご協力があったからこそ、審査員特別賞という結果に繋がったのだと思います。共に大会に向けて準備をするなかで、いちごという会社の良さが見えてきました。いちごという会社は、トップが社員に対して社内ベンチャーを推奨し、それに応えるように社員一人一人が新規事業について考える、とても積極的な企業風土を持っています。クリーンエネルギー事業は社内ベンチャーであり、現在も持続的な研究(いちごサステナブルラボ)を行い、スマート農業など新規事業の創出を行っています。また、コア事業である「心築」とホテル運営が融合した新事業のライフスタイルホテル「THE KNOT」にも見られるように、既存のリソースを活かす柔軟性も兼ね備えています。これらの要素は今後の成長につながる重要な要素であると思います。

温泉旅行特集 びゅう