配色:                          文字サイズ: 

【株式会社エイトプロダクト】 仮想通貨は暗号資産とも呼ばれるようになったが、今後はどのように利用されるのか?ビットコイン、イーサリアム、リップルなど著名な通貨が複数ある中、通貨として生き残るのは1つだけ、他は無価値になる可能性も。

仮想通貨は暗号資産とも呼ばれるようになったが、今後はどのように利用されるのか?ビットコイン、イーサリアム、リップルなど著名な通貨が複数ある中、通貨として生き残るのは1つだけ、他は無価値になる可能性も。

宿輪純一(帝京大学経済学部教授・博士)、宍戸健(プロジェクト投資家 )、河崎純真(Commons Inc./ Gftd Japan株式会社)、Tamara( メディアライター)が語る。

……………………………………………………………………………………………

「真相解説!仮想通貨NEWS!」は、2月28日(木)25時30分〜、第18回 『仮想通貨は通貨なの?』を放送します。
(制作協力:エイトプロダクト、Coo、R-StartupStudio)

近年では仮想通貨は暗号資産とも呼ばれるようになりましたが、実際にモノ・サービスを購入することもできれば、保有して値上がりを期待する投機的な側面もあり通貨なのか、資産なのか断言しにくい状況でもあります。

様々な用途があるだけに、今後どのように利用されることが主流になるのか?具体的に検討していく必要がありそうです。

また、通貨として流通した場合、ビットコイン、イーサリアム、リップルなど数えきれない種類の通貨がありますが、生き残るコインは一つしかないと話題になります。

その場合、しないものは無価値になるとのことですが、いったい仮想通貨はどうなってしまうのか?大学教授、プロジェクト投資家、技術者、メディアライターと各々の視点から検証する。

「仮想通貨は通貨なのか?」帝京大学経済学部の宿輪教授に早速伺ったところ、通貨とは法的適用性のある貨幣のことであり国には1つしかない、そのため仮想通貨は通貨とは言えないとのこと。

しかしこれに対して、ロシアンOLちゃんのペンネームで活躍されているメディアライターのtamaraさんが仮想通貨は全く新しいものだからこそ、既存の概念には当てはまらないと反論。

議論を進めるために今後予測される利用例を上げていくと、技術者の河崎氏は高額決済の方が決済として利用される可能性があると提示する。

いったいなぜなのか??こちらはTVにて真相をお確かめください。

議論が進む中、どの仮想通貨が生き残るのか疑問をぶつけてみると、投資家の宍戸氏が仮想通貨は最終的に一つしか生き残らないと断言をする。

もし一つしか仮想通貨が生き残らないのであれば、ビットコイン、リップル、イーサリアムと保有者も多く著名な通貨の価値が0になる可能性があるということ、いったい今後どのようになってしまうのか??

最新動向を見逃さないためにも第18回の「真相解説! 仮想通貨ニュース!」2月28日(木)25時30分から放映されますので、是非あなたの目で真相をお確かめください。

また、番組の公式Youtubeチャンネルができました。

BS11が視聴できない方にもご覧いただけるように期間限定で”過去の放送”も含め全て公開しているので、チェックしてくださいね。

⇒ http://bit.ly/2CI0iGh

《番組概要》

■タイトル:真相解説!仮想通貨ニュース!

■出演者:宿輪純一(帝京大学経済学部教授・博士)、宍戸健(ビットコインプロジェクト投資家 / アドバイザー)、河崎純真(Commons Inc. 共同代表 / Gftd Japan株式会社 代表取締役)、Tamara<ロシアンOLちゃん> (メディアライター:BTCN、CoinChoiceTechWave、CCJなど)、 MC 堀潤 榎本麗美

■毎週木曜日25:30〜:放送後、番組YouTubeチャンネルで配信予定

■公式LINE@
http://bit.ly/2CI3mT1
ID:@k.news

見逃した放送もLINE@から配信しています。
また、非公開映像もありますので、気になる方は登録してくださいね。

※「規制」とトークするとキーワード返信で第17回の『仮想通貨の規制は厳しすぎる?』の視聴リンクが届きます。

田口仁(DMM Bitcoin)、小飼弾(ディーエイエヌ)、河合健(弁護士)、喜屋武ちあき(アイドル)

◆携帯の方は◆下記QRコードより『真相解説!仮想通貨NEWS!【公式】」のLINE@にご登録ください。

■番組公式サイト
https://www.bs11.jp/news/cryptocurrency-news/