配色:                          文字サイズ: 

【株式会社ハケットジャパン】 ラグビー日本代表 リーチ・マイケル HACKETT LONDON ブランドアンバサダーに就任

ラグビー日本代表 リーチ・マイケル HACKETT LONDON ブランドアンバサダーに就任

……………………………………………………………………………………………

英国紳士服ブランド「ハケット ロンドン」は、ラグビー日本代表チームの主将リーチ・マイケルをブランドアンバサダーとして任命し、共に今後ブランドに関わる様々な活動を発信していきます。 ハケット ロンドンにとって、このような日本でのオフィシャルパートナーシップは初の事例となります。

ハケット ロンドンは、紳士服の世界で「Mr.クラシック」と称されるジェレミー・ハケットが、1983年にスタートした英国のモダンジェントルマンスタイルを体現するテーラードブランドです。現代のビジネスシーン、週末のカジュアルシーンを支えるブランドとして、世界中のジェントリーから愛され続けています。

一方でラグビーは、英国において代表的な紳士のスポーツとして受け入れられています。非常に厳格な精神性を持つその紳士道は、ハケット ロンドンが追求する紳士の装いやマナーに通じていることから、本国イギリスでは以前よりラグビー選手のスポンサー活動を行なってきました。2002年イングランド代表で、当時ラグビー界のスター選手であったジョニー・ウィルキンソンをブランドアンバサダーとして任命したことはその代表的な例です。

日本を代表し、世界からも注目を集める「ナンバーエイト」のリーチ・マイケルは、ハケット ロンドンのグローバルブランドアンバサダーとして、ジェントルマンスピリットとアスリートとしての実績を申し分なく兼ね備えていることから、この度のブランドアンバサダー就任が決定いたしました。また、ラグビーの基礎を学んだ札幌山の手高校とリーチ・マイケルの絆は今でも強く、留学生のための基金を設立するなど、慈善活動にも積極的に取り組んでいます。

ハケット ロンドンのパートナーシップは、英国の4大スポーツにも挙げられるヘンリー ロイヤル レガッタや、英国陸軍のアーミーポロチーム、そしてモータースポーツの世界まで拡大し、アストン マーティン レーシングなどを含め数多くのスポーツやアスリートをサポートしています。

【Michael Leitch(リーチ・マイケル)】
生年月日1988年10月7日、クライストチャーチ(NZ)
チーム日本代表、東芝 、サンウルブズ
ポジションNo. 8
身長190cm 体重105kg
テスト デビュー日本 v アメリカ(2008年11月16日)
https://michaelleitch.com

【HACKETT LONDON(ハケット ロンドン)】
ジェレミー・ハケットとアシュリー・ロイド=ジェニングスが、ロンドン市内チェルシー地区ニューキングスロードに立ち上げたビンテージショップに始まる英国ブランド。1985年頃からオリジナルネームで紳士服の製造・販売をスタート。1990年代後期にはロンドンの高感度な上流階級層である「スローンレンジャー」の御用達ショップとして認知され、ブリティッシュスタイルを愛好するヨーロッパ中の紳士たちから支持されるようになる。2002年にはイギリスラグビーチームに衣装提供を開始。 オックスフォード、ケンブリッジの両大学ボートレースチームへの衣装提供や、プレミアリーグに所属するチェルシーFCとのスポンサーシップなど、伝統あるイギリスのクラブスポーツとの関係も深い。2005年にはアストンマーティンレーシングチームとのパートナーシップ契約を開始し、コラボレーションコレクションも展開される。2016年ジョージアン様式を
ベースにした「ハケット ロンドン 銀座」がオープン。チェルシーにあるハケットの邸宅にちなみ「ジェレミーズハウス」と呼ばれている。
https://www.hackett.com

Brandear オークション(ブランディア公式オークション) SANYO iStore