配色:                          文字サイズ: 

チーム・組織の目的や意義を言語化、可視化する「チームブランディング」!プロスポーツチームや企業でも注目を集めています。

チーム・組織の目的や意義を言語化、可視化する「チームブランディング」!プロスポーツチームや企業でも注目を集めています。

アメフト強豪校「京都大学ギャングスターズ」も取り入れたチームブランディングとは??

……………………………………………………………………………………………

数多くの企業のブランディング実績を持つ株式会社パラドックス(本社:東京都港区、代表取締役:鈴木 猛之)は、ブランディングのノウハウを、チームや団体に適用させる「チームブランディング」のサービスをスタート致しました。

アナタのチームは、なんのために存在してるのか。

数多くの企業様のブランディング実績を持つパラドックスが、そのブランディングのノウハウを、企業に限らず、チームや団体に適用させるのが「チームブランディング」です。同じ趣味を持つもの同士が集まって活動するサークル、毎週末グラウンドに集まって汗を流すスポーツチーム、高校や大学の部活、ボランティア活動に携わるNPOなど…。「チームや組織として目的を掲げ、それを達成するために集まっている人々」の想いを可視化し、チームとしての理念を策定します。目に見える自分たちの存在意義や行動指針を置くことで、チームメンバーたちの目線をそろえ、やりがい・モチベーションのアップや成果アップを図ります。

【実施例】京都大学ギャングスターズ(KYOTO UNIVERSITY GANGSTERS)

1947年に創部された、京都大学体育会に所属するアメリカンフットボールチーム。「受け継がれて来たチームのDNA」と「現在の選手の意識」間のギャップをうまく解消できないという課題感を抱えていました。

◆ブランディングの目的
卒業と共にメンバーが入れ替わるのが学生スポーツの宿命。歴史あるアメリカンフットボールチームとしての伝統を守りつつ、最新のトレンドも取り入れた「現在の京大ギャングスターズ」のアイデンティティとは何か。豊富なコーチングスタッフを揃え、施設・環境面で優位に立つ強豪私立大学に立ち向かっていくためにチームの心をひとつにまとめる言葉を策定したい。

◆セッション
プロジェクトとして得たい成果やDNA(ギャングスターズの伝統)などを学生側から出してもらい(セッション)、パラドックスが整理・分析。2度目・3度目のセッションで学生とともに再考察を行い、少しずつ言葉の純度を高めていきました。

◆成果物
セッションを経て2018年度のチームミッションとともに、「京都大学ギャングスターズ11のスピリット」を策定。このスピリットは練習グラウンドに常に掲げられています。

チームブランディングの効果

最初は同じ目的を達成するために集まってきたチームメンバーも、いつの間にか、その目的やプロセスが曖昧になり、メンバー全員がずっと同じ価値観を共有し続けることは、簡単ではありません。だからこそ、「なぜこのチームに所属しているのか」「このチームで何を成し遂げたいのか」という当初の目的や意義をあらためて見つめ直して言語化、可視化することが重要。ミッション(理念)、スピリット(行動指針)、スローガン(標語)を明確にし、メンバーや関係者、あるいは観客・ファン・お客様などに向けて発信することで、より明確で強いチームとしての活動が実現できます。

サービス概要・実施の流れ

基本的な流れは下記の3ステップ。ご利用いただくチームの状況やご要望に合わせて、柔軟にご対応いたします。

1.初回ヒアリング(60〜90分程度)
チームの現状や課題、ブランディングしたい理由等。

2.セッション(2〜3回/各3時間程度)
パラドックスのファシリテーションのもと、様々な議題に対して自由闊達に意見を出し合います。

3.理念ワーディングの決定
セッションを元に整理・分析を行い、ミッション、スピリット、スローガンなどのワーディングをご提案。

こんなお悩みを解決します!
・チームメンバーの目的や意識が統一されておらず、一体感がない。
・より成果を出せるチームを目指したいけれど、何をしたらいいかわからない。
・社会やステークホルダーに自分たちの考え方を伝え、味方やサポーターを増やしたい。

お問い合わせはこちら → http://www.prdx.co.jp/contact/

チームブランディング概要

・対象  : 企業以外のチーム・団体
・参加人数: 1〜30名(課題やご都合に合わせて、参加者を決定します。)
・金額  : 学生団体は基本無料。その他団体の方々はご要望に合わせてご相談。
・開催場所: 基本的に東京もしくは大阪での開催。その他エリアは要相談。

【株式会社パラドックスについて】

すべての人や企業には、自分にしかできない世の中への役立ち方が、必ずあると信じています。それを私たちは“志”と呼んでいます。私たちの仕事を通じて、志の輪を広げ、日本をもっと元気にしたい。それが私たちの目指す未来です。私たちは、ブランディングやクリエイティブといった観点から人や組織の「目的」「手段」「結果」といった価値観を整理し、明確にし、差別化を図っていくことを通して、志の実現に貢献します。

<志ブランディング>
for PEOPLE
■ファミリーブランディング
■パーソナルブランディング

for BUSINESS
■コーポレートアイデンティティ
■カスタマーブランディング
■インナーブランディング
■採用ブランディング

【株式会社パラドックスの取り組みについて】

“志”を持つ企業と、その“志”に共感する学生がリアル、そしてオンラインで出会えるような場をつくっています。

■Visions LOUNGE (ビジョンズラウンジ) https://www.visions-lounge.com
生きること、働くことを本気で楽しみたい学生や若手社会人のための場所、Visions LOUNGE。かっこよく生きる人たちの様々な人生や価値観にふれ、自分の使命感が明確になっていくスポットです。

■Topothesia (トポセシア) http://topothesia.jp
琉球大学徒歩1分の場所に位置する、沖縄の可能性を広げるコミュニティースペース。学生と就活の意義について語り合うイベントや、スポンサー企業による説明会などを通じて、沖縄の学生たちの可能性を広げ、社会でいきいきと働き、活躍できるきっかけをつくるための場づくりを行っています。

■Visions Media (ビジョンズメディア) http://visions-media.jp
真っさらな感性で、世の中の志と出会うために。自分の知っている企業=自分に合う企業ではありません。仕事を人間成長の場と捉え、仕事で得られる経験や喜怒哀楽を通じて、他の誰とも違う自分だけの人生を歩んでいく。その中で世の中に対して、自分にしかできない価値を発揮する方法がぼんやり見えてくる。Visions Media(ビジョンズメディア)は、自らの使命を見出し、働いている人々や企業のストーリーを発信するメディアです。

■Visions Lab (ビジョンズラボ) http://visions-media.jp
Visions LABは、学生自ら”志”という軸で企業を探し、経営者の志をインタビューし、記事として制作・発信していくコンテンツです。仕事を通じて自らの使命を見つけた人々や企業のストーリーを通じて、学生生活では触れることのできない、社会で働く人々のリアルな職業観を、同世代の学生に自分たちの視点と感性で伝えていきます。

■はたらく言葉たち http://www.hatakoto.jp
日本の現場で働く人たちの職業観・哲学を紹介するコンテンツ。仕事に全力で向き合う人々から紡がれた言葉は、確実に明日への活力になるはず。はたらくすべての人に、はたらきかける言葉がつまった本です。

【企業詳細】

会社名   : 株式会社パラドックス http://www.prdx.co.jp
住所    : 東京都港区北青山3-5-15 ミヤヒロビル10F
代表取締役 : 鈴木 猛之
事業内容  : 会社が長期的に成長していくための礎となる幹を、太く、大きくしていくための、本質的なコミュニケーション、ブランディングからクリエイティブのプランニング・制作まで