配色:                          文字サイズ: 

【株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ】 “あっとゆー間”の10年。そして第2章へ。遊助、感謝の日本武道館公演を完走!

“あっとゆー間”の10年。そして第2章へ。遊助、感謝の日本武道館公演を完走!

……………………………………………………………………………………………

2019年2月28日(木)日本武道館にて遊助がソロデビュー10周年を記念したライブ「10th Anniversary Live -偶然!?-」を開催した。

遊助は上地 雄輔(かみじ ゆうすけ )として俳優・タレントとしても活動しているアーティストで、
2009年3月に1stシングル「ひまわり」でソロデビュー。
そして昨日2019年2月27日(水)に10周年を迎えた遊助の集大成にして始まりとも言えるベストアルバム
「遊助 BEST 2009-2019 〜あの・・あっとゆー間だったんですケド。〜」をリリースしたばかり。
まさに“あっとゆー間”の10年を走り抜けた今日、日本武道館にてライブを行った。

ライブのタイトルに“偶然”とあるが、これは2019年2月28日(木)に行われた本公演が、
遊助として行われたライブが228回目だったことにちなんでいると言う。
“モッている男”遊助の10周年、そしてこれから始まる第2章を一目見ようと日本全国のCrew(ファンの総称)が日本武道館に訪れた。
ライブ、そして第2章の始まりを待ちわびるCrewで埋め尽くされた会場内は既にとてつもない熱気を帯びていた。
黄色いサイリウムを振りながらお決まりの「かっとばせー!遊助!」と言うコールの中、OP映像が流れ、本人登場。

10年の歴史の始まりと言える『ひまわり』で幕を開けた本公演。
ここで『ひまわり』を歌い上げた遊助から誰もが予想しなかったこと一言が発せられる。
「次がラストソングです!あっとゆー間の時間だったけど本当にありがとう!本当にラストソングだからな!」
会場に悲鳴にも似た大歓声と笑いが巻き起こった。
その後遊助ライブでは毎回最後に歌われる『みんなのうた』がパフォーマンスされ、ライブは本当に終了した。

日本武道館が割れんばかりの笑いに包まれ、Crewはもちろん大歓声で「かっとばせー!遊助!」とアンコールを送る。
そこで本人が再登場し、『Yellow Bus』がスタート。
10周年のAnniversaryライブと言う事で遊助のヒットナンバーが目白押しになっているのも今回のコンセプトの一つ。
『ミツバチ』や『たんぽぽ』、そして昨年スマッシュヒットを飛ばした『俺と付き合ってください。』、『檸檬』等、キラーチューンの連続に観客も声援で応える。
遊助のライブは老若男女が歌って踊れることも醍醐味の一つ。1人1人が最高の笑顔と汗をかき、遊助と一体感を作る。

遊助史上最長のアンコールも“あっとゆー間”に終了する。
『一笑懸命』、『チャンピオン』で会場のボルテージを最大級に上げると、アンコールの幕を閉じた。

だが、本編を2曲で終わらせられたCrewの熱は当然冷める訳無く、
会場には、本日3回目の「かっとばせー!遊助!」コールが巻き起こる。

期待を裏切らない遊助は再度登場すると、ギター一本を持ってステージ中央に登場。
ストリングスをバックに『砂時計』をエモーショナルに歌い上げた。
そしてWアンコール2曲目の『いちょう』でCrewとの結束を更に高める。

最後は遊助らしく、関わってくれたすべてのスタッフ、パフォーマーに感謝を告げ、パフォーマーがステージから降りると、「我流でずっとここまで来たけど、これからもいろんなこといろん人に教わりながら、遊助としても上地雄輔としても成長していきたいです。
5年後10年後いつになるか分からないけど、またみんなに拍手をもらえるように、
この武道館があったから今の俺がいますって言えるように、これからも頑張っていきます。
みんな本当に今日はどうもありがとう!今日の事を忘れないで欲しいです。これからもずっと宜しくお願いします!」
と感謝を伝え、これまでの遊助の物語を楽曲にした『History VII』をCrewに届け、ライブは感動の終演を迎えた。
10周年。それは区切りでもあるが、遊助にとっては通過点に過ぎない。今日からまた第2章が始まるのだ。

■10th Anniversary Live -偶然!?-」セットリスト
2019年2月28日(木)@日本武道館
1.ひまわり
2.みんなのうた
EN1.Yellow Bus
EN2.ミツバチ
EN3.たんぽぽ
EN4.銀座線
EN5.俺なりのラブソング
EN6.俺と付き合ってください。
EN7.わがまま 遊turing TEE
EN8.檸檬
EN9.ルーレット 遊turing Mummy-D
EN10.今夜は無礼講 遊turing 餓鬼レンジャー
EN11.わんぱく野球バカ
EN12.全部好き。
EN13.ライオン
EN14.ひと
EN15.一笑懸命
EN16.チャンピオン
WEN1.砂時計
WEN2.いちょう
WEN3.History VII

■リリース情報
2019年2月27日(水) Release!
遊助史上初!ベストアルバム
「遊助BEST 2009-2019 〜あの・・あっとゆー間だったんですケド。〜」
[収録内容]
・初回生産限定盤A
SRCL-11080〜11083¥11,800(税抜き)
オリジナルデザインバンダナ付き豪華宝箱仕様

・初回生産限定盤B
SRCL-11084〜11086¥4,500(税抜き)

・通常盤
SRCL-11087〜11088¥3,000(税抜き)
CD2枚組(通常盤のみ新曲1曲追加収録)

※全形態(通常盤は初回仕様のみ)
トレーディングカード付き(4種ランダムで1枚封入)

■イベント情報
TSUTAYA RECORDS presents『あの・・あっとゆー間だったんですケド。』リリース記念プレミアムイベント
開催日時:2019年4月20日(土)1部 13:00 / 2部 16:00
開催場所:都内某所
応募方法:TSUTAYA RECORDS(一部店舗除く)、TSUTAYAオンラインショッピングにて、
『遊助BEST 2009-2019 〜あの・・あっとゆー間だったんですケド。〜』お買い上げ頂いたお客様に、応募ハガキをお渡し致します。
ハガキに必要事項と希望の部を明記の上、ご応募頂いた方の中から抽選で上記プレミアムイベントにご招待致します。
応募締め切り:2019年3月17日(日)消印有効
※応募ハガキ配布は先着順の為、なくなり次第終了となります。
※応募ハガキはTSUTAYA RECORDSオリジナル特典トレカとのW特典になります。
※応募ハガキ配布は一部店舗を除きます。詳しくは店舗へお問い合わせください。
※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが専用応募ハガキ付与対象となります。

■ライブ情報
「10th Anniversary Live -必然!!-」
2019年3月11日(月)
大阪城ホール
開場17:30/開演18:30
全席指定¥7,560(税込)
問い合わせ:SOGO OSAKA 06(6344)3326

■遊助オフィシャルHP
http://www.yuusuke.jp/
上地雄輔オフィシャルBLOG
https://lineblog.me/kamijiyusuke/