配色:                          文字サイズ: 

【VEXロボティクス】国際試合ジャパンカップが渋谷ヒカリエで開催決定!

【VEXロボティクス】国際試合ジャパンカップが渋谷ヒカリエで開催決定!

本競技大会は、米国登録の非営利団体REC財団が運営するVEXロボティクス競技大会に、国内初となる【VEXシグネチャーイベント】として登録されています。

……………………………………………………………………………………………

VEXロボティクスは、子供にSTEM(科学・技術・工学・数学)への興味を早い時期から持たせ、理数工学に対する苦手意識を覚える前に、好奇心から刺激し学習スキルを身につけさせる教材です。
昨シーズン(2017年5月1日から2018年4月30日まで)は、56カ国で1,923回このようなイベント(大会、練習大会、ワークショップなど)が登録され開催されました。
競技には、小学4年生から中学2年生を対象にした【VEX IQ チャレンジ】、小学6年生から高校3年生を対象にした【VEXロボティクスコンペティション】、大学生を対象にした【VEX U】があります。

シグネチャーイベントについて:
VEXロボティクスの競技大会は、毎年4月末に行われる世界大会に向けて、各地域で予選会が繰り広げられていますが、本競技大会は、そのように通常行われている本戦とは異なり、同世代のチームとの国際交流の場を設けることが主な開催目的として、VEX公認のシグネチャーイベントに認可されました。

シグネチャーイベントは、他でも米国、中国、コロンビア、メキシコで開催されており、それぞれ地域の特徴を持った競技大会として特別に登録されています。

VEXロボティクスの競技内容:
毎年5月1日に世界同時で新しい競技テーマが発表され、コンペティションイヤー(=競技シーズン)が始まります。

主にゲームエレメントを競技フィールド内で移動させ、ポイント制で高得点を競います。競技フィールドは毎年同じものが使用され、競技に使用されるゲームのエレメントのみが毎年変更になります。
競技内容は、大きく分けてチームワークチャレンジとロボットスキルスチャレンジがあります。チームワークチャレンジは、試合当日トーナメントマネージャー(クラウドに接続された管理システム)によって、参加する他のチームの中から協力し合う相手チームがランダムに選ばれ、共同作業で高得点を狙います。本戦では、このような組み合わせが1日に3回以上実施されます。
ロボットスキルスチャレンジは、チーム別にロボットの性能と操作の実力を競います。
操作内容は、リモコン操作によるドライビングスキルチャレンジと自律ロボットを使用するプログラミングスキルチャレンジの2つに分かれており、それぞれ通常3回以上挑戦ができます。
各3競技とも、制限時間60秒間で高得点獲得を目指し、全ての項目の最高得点が加算され順位が決まります。

今シーズンの競技テーマ:

今シーズンで7シーズン目となる【VEX IQ チャレンジ】の競技テーマは【NEXT LEVEL】です。
ハブと呼ばれる17個のゲームエレメントを、競技フィールドの端に設置された枠内に運んだり、あるいは積み上げることでポイントを獲得します。
競技スタート時、床にオレンジ色のハブが15個と、中央のオブジェの上に設置された黄色のボーナスハブが2個あります。ボーナスハブをオブジェから下ろすだけで点数が加算され、また隅に設けられた枠内に運ぶと2倍の点数が獲得できます。
また終了時、ロボットを中央にある黄色の棒にブラ下がることで、ポイントを獲得できます。今シーズンはゲームエレメントも大きく、点数に差が開きませんが、ロボットの性能やプログラミング技術が要求されるので、見応えのある競技です。

VEXロボティクスの勝者:
VEXロボティクスの競技には、多くの発明家が使用するエンジニアリングノートブックの提出が求められます。
カリキュラム上では、最初からこのエンジニアリングノートブックを使用した学習方法が用いられており、教えられる教育ではなく、自ら主体となって課題を探し解決してロボット工学を学びます。
大会でもこの教育プロセスを重要視しており、どんなに優れたロボットを組み立てても、どんなに巧みな操作ができたとしても、エンジニアリングノートブックの提出がなければ最優秀者に与えられる【エクセレンス・アワード】と【デザイン・アワード】を授与されることはありません。そのチームが、そしてチーム一人一人が、どのようにしてそのロボットを組み立て、そしてプログラミングをしたか、その過程が優秀者の判断過程になります。また【エクセレンス・アワード】と【デザイン・アワード】なしでは、世界大会に出場することはできません。
本大会の優勝者は、11月に開催予定のPan Pacific VEX Championshipsの招待枠を獲得します。本戦同様に、勝敗に対する技術だけではなく、過程が評価されます。

競技大会名:ジャパン・カップ
開催目的:STEM教育への興味と関心を深めること、および国際交流
開催日:3月24日
会場:渋谷ヒカリエ 8/COURT
対象年齢:小学4年生から中学2年生
参加チーム:16チーム/競技者約40人
賞:Pan Pacific VEX Championships 出場権1チーム
  開催日2019年11月8-11日(米国・ハワイ)

《国内競技大会協賛企業》

東京急行電鉄株式会社
株式会社ロボット科学教育Crefus
株式会社パワープロジェクト

《国内競技大会運営パートナー》

株式会社QuestWorks
三英株式会社
株式会社カムサイド
REC Foundation