配色:                          文字サイズ: 

神秘的な美しさの熱帯植物”ヒスイカズラ”の開花にあわせ「ヒスイカズラフェスティバル」開催(小田原フラワーガーデン)

神秘的な美しさの熱帯植物”ヒスイカズラ”の開花にあわせ「ヒスイカズラフェスティバル」開催(小田原フラワーガーデン)

伊豆箱根鉄道大雄山線とコラボしたラッピング車両「ヒスイカズラトレイン」も期間限定で運行

……………………………………………………………………………………………

神奈川県小田原市にある小田原フラワーガーデン(指定管理者:小田原フラワーガーデンパートナーズ、代表企業:西武造園株式会社)では、3月下旬〜4月中旬頃にヒスイカズラが見頃を迎えます。その開花時期にあわせて、当園では2019年3月16日(土)〜4月29日(月・祝)「ヒスイカズラフェスティバル」を開催します。

ヒスイカズラ 2014年3月撮影
<ヒスイカズラについて>
ヒスイカズラは、美しい翡翠色の花を咲かせる熱帯のつる性植物です。フィリピンのルソン島など限られた場所にしか自生しておらず、現地では絶滅が危惧されている熱帯植物です。
この花の魅力は、何と言っても「翡翠色」です。翡翠色をまとう植物は世界的にも珍しく、日差しを受けて、透き通り輝く姿はまさに宝石のようです。

和 名:ヒスイカズラ(翡翠葛)
英 名:Jade Vine
学 名:Strongylodon macrobotrys
科属名:マメ科ストロンギロドン属
原産地:フィリピンのルソン島等の熱帯雨林、s標高100〜1000mの湿度の高い渓谷沿いにのみ自生
開花期:3月上旬〜5月下旬
見 頃:3月下旬〜4月中旬

小田原フラワーガーデンのヒスイカズラ


ヒスイカズラ 2018年3月撮影
当園のヒスイカズラは、「トロピカルドーム温室」で見られます。つるを屋根のように仕立てているのが特徴で、垂れ下がる花の形を360度から眺めることができます。長いもので1m以上にもなる花穂を、手で触れられるほど間近で観察することもできます。
写真ではお伝えしきれないその繊細な色合いを、ぜひ現地でお楽しみください。
詳しい開花状況は、Webサイトにてご案内します。
また当園では、このヒスイカズラの見頃に合わせたイベント「ヒスイカズラフェスティバル」を開催します。

<小田原フラワーガーデンWebサイト>
http://www.seibu-la.co.jp/odawarafg/

「ヒスイカズラフェスティバル」開催概要


ヒスイカズラ 2017年3月撮影
<開催日>
2019年3月16日(土)〜4月29日(月・祝)
<場所>
小田原フラワーガーデン
(ヒスイカズラ植栽場所:トロピカルドーム温室)
※トロピカルドーム温室は入館料がかかります。
<時間>
9:00〜17:00
※トロピカルドーム温室最終入館は16:30まで

<主なプログラム>

ヒスイカズラガイドツアー


ヒスイカズラ ガイドツアー
当園のスタッフがトロピカルドーム温室内で、ヒスイカズラについてのガイドを行います。
神秘の花の謎に迫ります!

<開催日>
2019年3月21日(木・祝)、3月23日(土)、3月24日(日)、4月6日(土)、4月7日(日)

<時間>
各日11:00〜11:30

<場所>
トロピカルドーム温室内

<定員>
10名

<参加費>
トロピカルドーム温室入館料
(高校生以上:200円、小・中学生100円、未就学児無料)

<参加方法>
当日受付
※トロピカルドームに入館し、入り口付近に集合

第6回ヒスイカズラフォトコンテスト


第5回ヒスイカズラフォトコンテスト グランプリ作品

今年で6回目となるフォトコンテストを開催します。
当園のヒスイカズラを対象とした写真であれば、作品応募が可能です。ぜひ自慢の1枚をご応募ください。

<テーマ>
小田原フラワーガーデン「トロピカルドーム温室」内で撮影されたヒスイカズラの写真

<賞>
グランプリ 1名
準グランプリ 1名
アロア・ワッド賞 3名
※各賞共に賞状、副賞の授与

<応募期間>
2019年5月26日(日)まで

<選考方法>
2019年6月6日(木)〜6月26日(水)の期間に応募作品を掲示し、来園者の投票を元に各賞を決定します。

<結果発表>
2019年7月2日(火)予定
※その他詳細は当園Webサイトをご覧ください
http://www.seibu-la.co.jp/odawarafg/event/20190306161926.html

小田原フラワーガーデンだけのオリジナルグッズを数量限定で販売

ヒスイカズラをイメージした当園オリジナル商品を、数量限定で販売します。


小田原フラワーガーデンのヒスイカズラ オリジナルグッズ
○翡翠のしずくキャンディ
ヒスイカズラをイメージしたカラーの缶入りキャンディです。マスカット味とソーダ味の2種類が入っています。
<価格>400円(税込)
<販売場所>
トロピカルドーム温室 エントランス
※エントランスは無料で入館できます。

○ヒスイカズラソープ
立体的なヒスイカズラの花の模様が入ったかわいい固形ソープです。
<価格>大:600円(税込)
    小:500円(税込)
<販売場所>
トロピカルドーム温室 エントランス
※エントランスは無料で入館できます。


テイクアウトカフェ ハイビスカス「翡翠のしずくフロート」
○翡翠のしずくフロート
ヒスイカズラをイメージした翡翠色のサイダーです。
バニラアイスを溶かしながら食べる当園オリジナルの期間限定ドリンクです。
<販売場所>
園内テイクアウトカフェ 「ハイビスカス」
<営業日>
土曜日、日曜日、祝日
<営業時間>
10:00〜16:00
(ラストオーダー15:30)

伊豆箱根鉄道大雄山線とコラボしたオリジナル車両「ヒスイカズラトレイン」が期間限定で運行!


ヒスイカズラトレインのヘッドマーク
小田原フラワーガーデンと伊豆箱根鉄道株式会社とのコラボレーション企画として、オリジナルのラッピング車両「ヒスイカズラトレイン」を運行します。
当園オリジナルで企画・制作したヒスイカズラのデコレーション(ガーランド、プリーツハンガー)やヘッドマークで、伊豆箱根鉄道大雄山線の1編成(3両)を当園スタッフ自ら装飾しました。ぜひ「ヒスイカズラトレイン」に乗って、当園にお越しください。

<運行期間>
2019年3月9日(土)〜4月25日(木)
※休車日があります。伊豆箱根鉄道株式会社Webサイト等で運行状況をご確認ください。
http://www.izuhakone.co.jp/


ヒスイカズラトレインの車内
【黄金のコウモリを探せ!】
自生地のヒスイカズラは、オオコウモリが受粉を助けることで、花を咲かせています(当園にはコウモリはいないので、スタッフが人工受粉させます)。
「ヒスイカズラトレイン」の車両のデコレーションには、コウモリをイメージした装飾もあります。通常は黒色のコウモリですが、どこかに黄金のコウモリがレアキャラとして3匹隠れています!ぜひ乗車して探してみてください。

※その他詳細は当園Webサイトをご覧ください
http://www.seibu-la.co.jp/odawarafg/event/20190305170119.html

小田原フラワーガーデン 概要


小田原フラワーガーデン「トロピカルドーム温室」
1995年にオープンした植物公園です。メイン施設の「トロピカルドーム温室」では1年中熱帯植物が楽しめるほか、関東最大級の品種数をもつ「渓流の梅園」、150品種350本のバラが春と秋に楽しめる「バラ園」、約180品種1000株の「ハナショウブ池」など、四季を通じてさまざまな花を観賞することができます。


小田原フラワーガーデン「バラ園」

<所在地>
神奈川県小田原市久野3798-5

<入園料>
無料(トロピカルドーム温室は有料)

<駐車場>
普通車140台(障がい者用6台)
※無料

<開園時間>
9:00〜17:00
※トロピカルドーム温室入館は16:30まで

<休園日>
月曜日(祝日の場合は開園し翌日休園)
祝日(振休も含む)直後の平日
年末年始(12月29日〜1月3日)

<アクセス>
・小田急線「小田原」駅東口から2番のりば伊豆箱根バス「フラワーガーデン・県立諏訪の原公園」行き。
「フラワーガーデン」下車すぐ。
・伊豆箱根鉄道大雄山線「飯田岡駅」から徒歩約20分

小田原フラワーガーデン「渓流の梅園」

小田原フラワーガーデン お問い合わせ先


小田原フラワーガーデン「ハナショウブ池」
指定管理者:小田原フラワーガーデンパートナーズ
(代表企業:西武造園株式会社
構成員:伊豆箱根鉄道株式会社、株式会社加藤造園)
住 所:神奈川県小田原市久野3798-5
TEL:0465-34-2814
http://seibu-la.co.jp/odawarafg/