配色:                          文字サイズ: 

【株式会社パルコ】 データサイエンス分野での人材育成やデータの利活用において、パルコと滋賀大学は連携協定を締結しました

データサイエンス分野での人材育成やデータの利活用において、パルコと滋賀大学は連携協定を締結しました

……………………………………………………………………………………………

株式会社パルコ(本部:東京都渋谷区、代表執行役社長:牧山浩三、以下 パルコ)は、国立大学法人滋賀大学(滋賀県彦根市馬場一丁目1番1号、学長:位田隆一、以下 滋賀大学)とデータサイエンス分野での人材育成やデータの利活用において、連携協定を締結しました。

左より、国立大学法人 滋賀大学 学長 位田隆一様、パルコ 執行役 林直孝
パルコは、2020年に向けた長期ビジョン達成のための事業戦略のひとつとして「独自の先行的ICT活用」を推進し、当社独自の視点によって新しい体験を創造しています。2014年にはスマートフォンを介した顧客とのコミュニケーションツールとして、パルコの公式スマホアプリ「POCKET PARCO」をリリースしました。顧客に様々な情報を提供し接点を作るのと同時に、様々なデータから顧客行動を統計的に分析し、ニーズを探って、顧客の満足度やテナントスタッフの接客力の向上に役立てています。
2018年には、店舗内回遊の促進を目的とした「PARCO WALKING COIN」機能の実装や、「使える」アプリから「楽しめる」アプリを目指しショッピングセンターPARCOの情報だけでなく、劇場やシネマを運営するエンタテインメント事業やクラウドファンディング事業の情報も含めたパルコグループの情報を伝えるオウンドメディアとして大幅リニューアルも実施し、分析対象となるデータも更に広がりました。それらデータを活用し更なる利便性や先進性の提供へ繋げたいと考えております。
そこでパルコは、保持するビッグデータを滋賀大学へ提供し、データサイエンススキルを持った人材の育成に、滋賀大学と共同で取り組み、そこで得られた知見を、顧客満足度向上のために、サービスプログラムの改善に役立てる予定です。

【パルコのICT活用について】
パルコは、2020年に向けた長期ビジョン達成のための事業戦略のひとつとして「独自の先行的ICT活用」を推進し、当社独自の視点によって新しい体験を創造しています。

■スマートフォンアプリ「POCKET PARCO」
パルコの公式スマートフォンアプリ「POCKET PARCO」では、お客様に様々な情報を提供し接点を作ると同時に、来店前(記事クリップ・ショップクリップ)〜来店中(チェックイン・登録カードによる購買)〜来店後(サービス評価)の一連の行動分析を行い、マーケティング施策を実施しています。
「POCKET PARCO」特設ページ:https://pocket.parco.jp/

・「PARCO WALKING COIN」の導入
2018年5月には、PARCO店舗内回遊の促進を目的に、 店舗内で500歩を歩くと500コインを進呈する新サービス「PARCO WALKING COIN」を全店で導入しました。
・オウンドメディア機能の搭載とコマース機能の強化
2018年11月には「ポケットに1分間の夢を詰め込んで」をコンセプトに、パルコ独自の様々な編集コンテンツを配信し、「使える」だけでなく「楽しめる」アプリへと大幅リニューアルしました。合わせて、パルコの公式通販サイト「PARCO ONLINE STORE」との連携を強化し、より楽しく便利にアプリでお買い物ができる環境を提供しています。